we love philippne

フィリピンに関する情報やニュ-スの切り抜き!

ロケットランチャーも押収 横浜港武器密輸事件

2006年03月31日 | フィリピンニュース
横浜港を舞台にした稲川会系暴力団の武器密輸事件で、警視庁と神奈川県警などが、暴力団の関係先からロケットランチャー1基と機関銃1丁を押収していたことが分かった。ロケットランチャーは戦場などで主に対戦車用に使われる重火器。同庁などは、組員らが武器をどうやって入手したかや使用目的について調べを進める。

 27日の家宅捜索で、武器類を保管していた組関係者の男2人を新たに銃刀法違反容疑で逮捕した。この捜索の際、容疑者の1人の自宅からロケットランチャーが見つかったという。

 この事件では、神奈川県内にある工場跡を組員らが「武器庫」として使用していた疑いが浮上している。容疑者らは今年1月、銃刀法違反容疑で仲間の組員らが逮捕された後、摘発を逃れるため自宅に武器類を移したらしい。

 この容疑者宅からはほかに、自動小銃3丁と拳銃11丁、実弾約600発も見つかっている。いずれも同組とつながりのあるフィリピン国内の武器輸出グループを通じて密輸した可能性が高いという。

 ロケットランチャーは先端部に装着した弾頭を発射するための筒状の装置で、押収されたのは、携行型で肩に担いで使用するタイプ。陸上自衛隊も装備している。

 数百メートルの射程を持ち、装甲車を破壊することもできる。携行性に優れ、比較的扱いやすいため、ゲリラ戦などでよく用いられている。湾岸戦争やイラク戦争など、最近の各地での紛争現場でも使用されている。

 01年12月に鹿児島県奄美大島沖で北朝鮮工作船が海上保安庁の巡視船と銃撃戦になった事件では、後に引き揚げられた工作船から見つかった。05年3月、マラッカ海峡で日本船を海賊が襲った際にも、犯行グループはロケットランチャーなどで武装していたとされる。

06/03/31


WE LOVE PHILIPPINE


この記事をはてなブックマークに追加

ロケットランチャーも押収 横浜港武器密輸事件

2006年03月31日 | フィリピンニュース
横浜港を舞台にした稲川会系暴力団の武器密輸事件で、警視庁と神奈川県警などが、暴力団の関係先からロケットランチャー1基と機関銃1丁を押収していたことが分かった。ロケットランチャーは戦場などで主に対戦車用に使われる重火器。同庁などは、組員らが武器をどうやって入手したかや使用目的について調べを進める。

 27日の家宅捜索で、武器類を保管していた組関係者の男2人を新たに銃刀法違反容疑で逮捕した。この捜索の際、容疑者の1人の自宅からロケットランチャーが見つかったという。

 この事件では、神奈川県内にある工場跡を組員らが「武器庫」として使用していた疑いが浮上している。容疑者らは今年1月、銃刀法違反容疑で仲間の組員らが逮捕された後、摘発を逃れるため自宅に武器類を移したらしい。

 この容疑者宅からはほかに、自動小銃3丁と拳銃11丁、実弾約600発も見つかっている。いずれも同組とつながりのあるフィリピン国内の武器輸出グループを通じて密輸した可能性が高いという。

 ロケットランチャーは先端部に装着した弾頭を発射するための筒状の装置で、押収されたのは、携行型で肩に担いで使用するタイプ。陸上自衛隊も装備している。

 数百メートルの射程を持ち、装甲車を破壊することもできる。携行性に優れ、比較的扱いやすいため、ゲリラ戦などでよく用いられている。湾岸戦争やイラク戦争など、最近の各地での紛争現場でも使用されている。

 01年12月に鹿児島県奄美大島沖で北朝鮮工作船が海上保安庁の巡視船と銃撃戦になった事件では、後に引き揚げられた工作船から見つかった。05年3月、マラッカ海峡で日本船を海賊が襲った際にも、犯行グループはロケットランチャーなどで武装していたとされる。

06/03/31


WE LOVE PHILIPPINE


この記事をはてなブックマークに追加

カラー・コーディング一時停止へ

2006年03月31日 | フィリピンニュース
マニラ首都圏開発庁、MMDAは、統合車両通行量削減プログラム、いわゆるカラー・コーディング方式を少なくとも2ヶ月間、一時的に停止するという。MMDAによると、夏休み期間中の一般的な傾向として、車両の交通量が最大32.23%減ることから、主要道路での交通量が少なくなっているという。MMDAのフェルナンド長官は、1年の中でもこの時期における首都圏の交通渋滞がそれほど酷くはないとして、カラー・コーディングを長期間、停止するだけの充分な根拠があると発言した。フェルナンド長官は、マニラ首都圏評議会、MMCが、カラー・コーディング方式の実施を公式に一時停止する決議を数日中に発することになると発表した。フェルナンド長官は、MMDAの政策決定機関のメンバーとして、マニラ首都圏の市長らが、決議を取りまとめなくてはならないと説明した。

しかしながら、カラー・コーディングが一時的に停止されると同時に、交通渋滞の状況が手に負えなくなった場合、各自治体による同方式の再実施を要請する権利が、地方自治体の首長らに与えられているという。

MMDAでは、道路補修工事と効果的な交通管理の為に、マニラ首都圏における交通渋滞の改善を考慮して、カラー・コーディングの完全撤廃も計画しているという。所要時間の短縮を証拠とする交通状態の改善は、公共輸送車両や民間車両が、ナンバー・プレートの末尾番号によって、特定の日に道路を使用出来ない様にする必要がもはや無いことを意味するという。MMDAは、ラッシュ・アワーに主要な大通りを中心とする車両の通行量を管理する為に、1986年に、カラー・コーディング方式を導入した。

06/03/31


WE LOVE PHILIPPINE


この記事をはてなブックマークに追加

ビジネスマンを誤射した警察官14名訴追

2006年03月31日 | フィリピンニュース
パシグ市で警察官らが誤ってビジネスマンを撃ち負傷させてから1ヶ月後、フィリピン国家警察、PNPのロミバオ長官は、この警官らに対する正式訴追を承認した。交通管理グループ、TMGのメンバー14人は、警察の作業手順第8項に違反する為、「軽度の業務上過失」で告発されることになる。

その上、14人の内の7人は、重大な違法行為で告訴される一方、警察の調査団は、この警察官の内3人に対する90日間の停職処分を勧告した。警察の業務手順第8項では「走行中の車両は、走行不能とする為だけの理由で発砲されることは無い。容疑者とみなされる走行車両の運転者や同乗者によって警察官や第三者の生命を脅かす危険が迫っていると考えられる明確な理由がある状況で、尚且つ、武器の使用によって市民に危険がおよばない状況でのみ発砲出来る」とされている。

ビジネスマン、ランドルフ・クラレトさんの車の受けた被害の状態から、「民間人に不利益となり、無実の市民の生命を危険に晒した過剰な武器の使用が認められる」エレ部長は水曜日、この様な声明を発表した。ロミバオ長官は先に、エレ氏が部長を務める捜査・探知管理幹部会に対して、3月7日に発生した同事件の調査を命じた。事件当時、TMGの警察官らは、ケソン市クバオで1時間弱前に起きた別の警察官グループとの銃撃戦に関わったトヨタ車のアルティスに乗っていた人物を捜索していた。

警察官らは先般、その車がパシグ市ラヌザ通りのバレベルデ近くで目撃されたという情報を受けたことから現場に向かい、該当地区で戦略的配置体制をとっていた。しかし、クラレトさんが運転する別のトヨタ車ビオスに誤って発砲してしまった。警察官らはその後、誤りを認め、それが犯人の車両だと思い込んでしまったと供述した。2台の車の色はいずれも銀色だったという。この警察官らの上官は部下の発言として、クラレトさんが警察官に停止を求められた時に、停車しなかったことから発砲したと説明した。クラレトさんは足と肩に負傷し、自分で車を運転して病院に向かったという。

06/03/31


WE LOVE PHILIPPINE




この記事をはてなブックマークに追加

サンチャゴ議員病気について説明

2006年03月31日 | フィリピンニュース
与党のサンチャゴ上院議員は、多くの国民からの質問や反響を得たとして、病気に関する報道を明確にしようと試みた。サンチャゴ上院議員は水曜日、心臓発作といった合併症を起こしかねない不整脈を患っていると発表した。その為、心拍を調節するペースメーカーが必要になるかもしれないという。サンチャゴ上院議員は昨年「非常に軽い」心臓発作を起こしている。「不整脈は致命的な心拍停止に至る可能性がある。

私の家族には遺伝性の不整脈があって、それが原因で私の2人の弟は就寝中に死亡している」サンチャゴ上院議員は、この様な声明を発表した。しかし、サンチャゴ議員は、ロサンジェルスのシーダース・シナイ病院で心臓病の研究を専門とする妹が「私の好戦的で猛烈な性格を考慮すれば、心臓の状態は深刻では無く、特に憲法改正と戦っている時には余命に影響を与えることはないと自信を持っていた」と述べた。サンチャゴ議員は、国民の率先性を通じて憲法を改正する手順について規定する適切な法律が無いという1997年の最高裁の判決について言及した。


06/03/31


WE LOVE PHILIPPINE


この記事をはてなブックマークに追加

パッキアオ選手法廷に再び出廷せず

2006年03月31日 | フィリピンニュース
今年7月に行われるボクシングの試合で、メキシコ人ボクサーのオスカー・ラリオス選手と対戦する前に、国民的ボクシング選手、マニー・パッキアオ選手は法廷闘争に直面しなければならないと、パッキアオ選手の元ガールフレンドで、同氏と間の子供とされる2歳の男の子の母親であるジョアンナ・ローズ・バコサさんが発言し、「次の試合の前に私達の前に姿を現すことが出来る男であることを希望する」と述べた。

バコサさんが女性や子供を暴力から守る為の法律に違反した容疑で告訴したケソン市地裁で行われた審理に、パッキアオ選手は、またも姿を見せなかった。バコサさんの弁護人を務めるビクター・ロドリゲス弁護士は、「通常、無実の人間は、原告と対面する意欲がある。

しかし有罪の場合は、対面を避ける為に、あらゆる法的手段を行使する」と説明した。パッキアオ選手が子供の養育費の支払いを拒否して、訴えるなら、その子供を誘拐すると脅迫したとして同選手を告訴したバコサさんは水曜日に、同選手が提出した対抗宣誓供述書への回答を提出した。パッキアオ選手は先般、バコサさんの訴えを否定していたが、彼女と関係があったかという点については否定も肯定もしなかった。

パッキアオ選手はこれ迄の審理で、原告や被告の息子とされる少年との対面も避けている。バコサさんは回答の中で、パッキアオ選手がバコサさんと同氏には愛情関係が無かったと主張していることについて、これ迄、子供に対する充分な養育費を与えてきたとする同氏自身の主張に相反すると指摘した。パッキアオ選手が、同少年を自分の子供だと信じないのであれば、財政支援を与えてきたことはおかしいのではないかと、バコサさんは主張している。

06/03/31

WE LOVE PHILIPPINE



この記事をはてなブックマークに追加

ナボタスの製氷工場タンク爆発

2006年03月31日 | フィリピンニュース
ナボタス漁港施設にある大型製氷工場で水曜日の午前中、アンモニアの入ったタンクが、バルブを吹き飛ばす爆発があり、工場の労働者1人が重度の火傷を負い、6人が入院した。フィッシュポート・アイスプラント社の従業員、ビセンテ・マリトゥアンさん36歳が、タンクのバルブの修理中に爆発して、「大量のアンモニア」が放出されたと、警察の捜査員が発表した。

マリトゥアンさんは、腕や足、鼠径部に重度の火傷を負った一方、他に5人がアンモニアを吸って、息苦しさを訴えているという。また、工場の近くに住む男性1人も同様の症状で、トンド・メディカルセンターに運ばれたという。

06/03/31
WE LOVE PHILIPPINE




この記事をはてなブックマークに追加

SMシティ・クラーク5月12日にオープン

2006年03月31日 | フィリピンニュース
クラーク開発公社、CDCは水曜日、大規模なSMシティー・クラークモールのオープンが5月12日になると発表した。CDCの情報部門のロペス部長は、SMのオープニングによって、少なくとも2千人の直接雇用が創出されることになり、それ以外にも、間接的雇用も創出されることになると発言した。

現在、クラークではおよそ300の企業が約3万8千人を雇用している。これは旧米軍基地で勤務していた平均2万4千人を上回っている。ロペス部長によると、アンヘレス市バランガイ・バリバゴ、クラークのメインゲートにある12ヘクタールのバヤニハン・パークの全面改装に加えて、このモール建設にシューマートが少なくとも5億ペソを投入したという。


06/03/31

この記事をはてなブックマークに追加

アジアン・スピリット国際線就航へ

2006年03月31日 | フィリピンニュース
フィリピン国内の小さな航空会社、アジアン・スピリット社が木曜日、太平洋のパラオ島への国際線サービスを開始すると発表した。アジアン・スピリット社は、南部のダバオ市からパラオ島へ、座席数100席の新型機、英国製エアロスペース146ジェットを使用して日曜日から週3便を就航させるという。

今回の国際線就航に伴い、創立10年を迎える同社は、1億ペソ以上を投資するという。同社はまた、近い内に南部ザンボアンガからマレーシアのサンダカン、そして中国等、海外の目的地への就航を増やす計画だと述べている。同社は小型機を使用して、主にフィリピン国内の観光地を中心に運航している。


06/03/31

この記事をはてなブックマークに追加

世界ビジネス環境ランキングでマレーシアは23位から25位に順位下げる

2006年03月30日 | フィリピン経済
英国を本拠とするエコノミスト情報部(インテリジェンス・ユニット)がさきごろ発表した今後5年間の世界ビジネス環境ランキングで、マレーシアは2001-05年を対象にした前回ランキングの23位から25位に順位を下げた。しかしマレーシア当局は、アジア地域内ではシンガポールに次ぐ2位の位置にあり、マレーシアは依然としてアジアの中で外国投資を最も引きつけている国であると主張している。
 このランキングによると、アジア・トップのシンガポールが4位(前回3位)、香港が10位、台湾が19位、韓国が26位(同25位)、日本-28位(同27位)、タイ-40位(同37位)、中国-50位(同56位)、フィリピン-52位(同48位)、インドネシア-54位(同58位)、インド-58位(同60位)となっている。
 エコノミスト情報部は世界82経済地域を対象に、国の規模やビジネス環境の質、政治や機関の環境の質、マクロ経済の安定性、市場機会、民間企業に対する政策、外国投資に対する政策を判断材料にして順位づけをおこなった。このランキングを含む同部による完全な世界展望報告書は5月に発行される予定。
(2006年3月30日NST)

この記事をはてなブックマークに追加

バス爆破事件負傷者多数

2006年03月30日 | フィリピンニュース
水曜日の午前11時頃、ディゴス市のバス・ターミナルにあるダバオ市行きのウィーナ・バス社のバスで爆発事件が発生した。警察によると、負傷者はバスのミラーの破片等で負傷したという。乗客21人が乗ったバスがディゴス市に到着した際、車両の後部で強力な爆発が発生したと、バスの車掌、マイク・バンコットさんが説明した。

ターミナルに止まっていた合計3台のバスが被害を受けた。捜査員によると、この爆発は、バスの後部にある荷物置き場に置かれた手製の爆弾によって引き起こされたとみられているという。現場から硝酸アンモニウムの様な物質の痕跡が見つかっている。この爆破攻撃の背後にある動機は現在、捜査中。

カブハット主任捜査官が明らかにしたところによると、警察が、あらゆる角度から捜査しているが、容疑者は未だ見つかっていないという。爆発現場と違う場所で爆弾が仕掛けられたと警察の捜査員はみなしているが、ラタサ市長は直ちに、市内の警備強化を命じた。

バスを所有するウィーナ・バス会社は、犯罪組織から強請りの被害を受けていたというが、今回の攻撃がその強要と関係があるかどうかは現段階では明らかにされていない。先月、同じくウィーナ・バス会社を標的にした同様の爆破攻撃事件があったが、死傷者はいなかった。

06/03/30

この記事をはてなブックマークに追加

国軍・国家警察NPA創立記念日を前に警戒を強化

2006年03月30日 | フィリピンニュース
フィリピン国軍、AFPとフィリピン国家警察、PNPは火曜日、新人民軍、通称NPAが水曜日の創立37周年を祝うにあたって、政府を標的とする攻撃を防止する為に、全国的に警戒を強化した。アジアで最も長期間に渡っている毛沢東主義を記念して、フィリピン共産党、CPPは火曜日、アロヨ大統領打倒を早める為の攻撃強化をNPAゲリラに命じた。

06/03/30

この記事をはてなブックマークに追加

パシグ市警察官が殺害される

2006年03月30日 | フィリピンニュース
クラメ基地のフィリピン国家警察、PNP本部に所属する警察官が水曜日の午前10時5分に、パシグ市で待ち伏せ攻撃を受けて死亡した。レナト・マラシガン主任捜査官53歳は出勤途中、バランガイ・マリナオのE.ハシント通りとJ.ホブソン通りの交差点で待ち伏せ攻撃されたと、パシグ市警察署のアバリン署長が発表した。アバリン署長によると、マラシガンさんがパジェロを運転していたところ、歩いて車に近づいてきた4人の男が攻撃してきたという。

この犯行グループは、マラシガンさんに向けて発砲し、1人は車のドアを開けて、被害者が死亡したことを確認した。犯行の動機は未だ明らかにされていないが、東部地区警察本部のアレハンドリノ本部長は、マラシガンさんが殺害された水曜日は、新人民軍、NPAの創立記念祝賀日であったことから、共産主義者の殺し屋の関与を考慮していると発言した。


06/03/30

この記事をはてなブックマークに追加

最高裁スービック強姦事件の審議をマカティ市に移す

2006年03月30日 | フィリピンニュース
最高裁は火曜日、被害者の申し立てを受けて、スービック強姦事件の審理場所を変更する要請を承認した。最高裁は、この事件の審理がマカティ市地方第一審裁判所に移されることになると発表した。最高裁の担当官、カン氏が火曜日に明らかにしたところによると、今回の移動命令は火曜日の会議において下されたという。

カン氏は、マニラ市やケソン市と比べて取り扱い件数が少ないことから、最高裁がマカティ市に審理を移すことを決めたと説明した。迅速な行動を求める緊急嘆願の申し立ての中、22歳のフィリピン人女性の原告は、オロンガポ市地方第一審裁判所第73法廷のディラグ判事が、本事件の審理を拒否したことから、この事件を審理する有資格判事が、オロンガポ地裁にはいない可能性があると指摘していた。

06/03/30

この記事をはてなブックマークに追加

子供の喧嘩が原因夫婦が刺殺される

2006年03月30日 | フィリピンニュース
事件は2人の子供の些細な喧嘩から始まった。しかし、その結末は、パラニャケ市バランガイ・ムーンウォーク、マルチ・ナショナル・ビレッジの自宅で、ディマワリ・アントニオさんと妻のデイジーさんが共に刺し傷によって死亡しているのを、隣人達が発見して驚かされることになった。殺人捜査課のメンドーサ3級警察官によると、殺害の容疑者、ドミンゴ・ダブは、殺人事件を目撃した被害者夫婦の9歳の娘によって確認されたという。

ダブ容疑者は警察官が到着する前に逃走した。同バランガイのアドヴィンクラ議長によると、古くからの怨恨が殺害の動機である可能性があるという。「子供の喧嘩が、2組の夫婦間の不和へと発展した」アドヴィンクラ議長はこの様に説明した。

06/03/30

この記事をはてなブックマークに追加