アマチュア演劇のススメ。

福島県いわき市の劇団「BiscuitRobot」主宰の佐藤開正(ハルマサ)の
劇団の話題の様でいてそうでない殴り書き。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりです

2013-04-03 18:13:39 | 劇団
解散しようと思っていましたが、またやります。

4/27(土)内郷コミュニティセンター
劇団BiscuitRobot vol.3「甘え」
作:本谷有希子/演出:佐藤開正
1st op13:30/st14:00
2nd op17:30/st18:00
前売¥1,000(学生半額)

詳細追ってUPしていきます
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

劇団ユニットラビッツ×劇団ビスケットロボット

2010-07-18 23:39:27 | 劇団
劇団ユニットラビッツ×劇団ビスケットロボット による
第9回公演 ボンジュール!ラヴァーズ。 公演決定!



★チケット発売中!★

時 平成22年7月24日(土)
所 郡山市公会堂
昼の部 13:30開場、14:00開演
夜の部 18:00開場、18:30開演
アクションが売りで男ばかりの劇団ラヴァーズは、今後の方向性を模索していた。そんなとき女ばかりの劇団ボンジュールが、昔の団員が書き残した「スサノオ」という芝居を上演するという噂を耳にする。劇団ラヴァーズは劇団ボンジュールの上演を妨害しようと画策する。なぜなら「スサノオ」は、彼らにとっても特別な意味を持つ芝居であったのだ。

劇団ユニットラビッツHP http://www.unitrabbits.com/

7/24です。
多くの人にご覧頂ければ光栄です。
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ

2010-02-20 08:02:43 | 劇団
今日です。行って来ます。

ちなみに役者じゃないです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本番近し

2010-02-19 06:02:14 | 劇団
ホントにブログ書かない子ちゃんになりましたね私です。
桜飛沫終了後→mixi。今年に入ってから→Twitter。
そちらばかりです。そちらの手軽さに惑わされブログはほったらかしだ。
SNSに左右されていますよ私です。
だって手軽なんだもん。いやそう言えば、だれもこのブログだってそんなに長く書けなんて誰も言ってないし頼んでない。
短く書けばいいのだ。よし、今回は短く書く。
そんな私を神は見ていて、稽古場に行こうとするとドカリと雪を降らす制裁っぷり。
そんな神の声が私には聞こえる。
「素行悪くても、ドルジは結果を出した。國母とお前は出してないから死刑。」
なんか関係ないことまで言われた。一言多い、神の声。
いいもん、稽古帰り深深と降る大粒の雪を、野郎共でギュッギュ踏みながら帰るのが楽しくて、ついテンションが上がり「青春だわ!」とか叫んでしまった、いいのか悪いのか極めて微妙な出来事があったから。
制裁になってないですよ、神。やーいやーい。
しかし今年のいわきはちと異常ですよ。「ここは東北か!」ってツッコんでみたところでここが東北であることを思い出す。
これからも東北の湘南であるいわきにドカ雪が降るようならば、それはきっと國母とワタシのせいなのですが、道で見かけても石などを投げつけないで頂けると助かります。火炎瓶とかも。泣くんで、本気で。

ハロにちは!愛しさと切なさとハルマサです。

今日はブログを短く書こうと心に決めたので、要点だけをざっくりと大雑把にかいつまんで言うと、今日仕込みだ(笑)
前回あげた、「死亡レシピ」の仕込みを今日してくるのである。
今回は土日なので仕込みは金曜日なのだ。
almareal(アルマレアル)に行くのである。http://www.almareal.com/
アルマレアルは劇場ではなく、知る人ぞ知る雑貨屋さんで、素敵グッズの他にも、いわきで自主制作されているアーティスト様の作品も販売したりしているのだが、
今回はその二階のスペースをお借りしての公演です。
これはつまりあれだ、我々もその素敵クリエイターさん達の仲間入りしたと考えて差し支えないのではないでしょうか。
クリエイトしていると言い張ってもいいのではないでしょうか。
「趣味?クリエイト」と返事してもいいのではないでしょうか。
ダイユーエイトに足繁く通ってもいいのではないでしょうか。

にしても楽しみだ狭い小屋。前回が信じがたいくらいの規模の劇場だったので、我々みたいな劇団は大分体を張ったのたが、今回はそこでは出来ないような手法が出来る。客席との距離感がまるで違うわけだから。
芝居の作り方だってぜんぜん違っている。前回が初参戦のメンバーには、しょっちゅう「桜飛沫じゃねーから」と言っている。中劇場の動きをされるとデカいのでそう言うのだが、前回が初参戦の人間には比較のしようが無いので、まめに言っている。
「桜飛沫じゃねーから」今回これを一番言っている。これしか言ってない様な気もする。ま、いいか。

なんだか10年ぐらいの演劇活動の中で、前売りを電話で予約いただくケースは実は正直あまり無かったのだが(一枚か二枚)今回、前売りの電話予約が異常に多いという不思議なケースになっている。我々も予約してまで抑えておきたい劇団になったのだろうか、と勘違いしておきたいが、残念ながら私もそんなに子供でもなく、最近一番興味あるものはドリフトラジコンである私も残念ながら子供ではなかったようで、毎日1パックパイナップルジュースを飲んでる私も残念ながら子供ではなかったようで、千歳飴が無性に食べたい私も残念ながら子供ではなかったようで、そんな勘違いも出来ない。
いわき市に「観劇する」という文化が少しずつ発生してきたのではないだろうか。
アリオスという劇場、演劇学科がある高校、その環境のあらわれなのではないだろうか。
そうなのですか?國母さん。
私はあなたに聞きたいことがある。千歳飴って何歳まで食べてもいいのですか?

アルマレアル http://www.almareal.com/
私のmixi http://mixi.jp/show_profile.pl?id=23944803
アルマレアルのコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=291615
私のTwitter http://twitter.com/BiscuitRobotお気軽にフォローして下さい
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

劇団BiscuitRobot 第2回公演 死亡レシピ

2010-01-27 03:49:28 | 劇団

劇団BiscuitRobot 第2回公演 死亡レシピ

脚本 シノキミカ 演出 佐藤開正

【日時】 平成22年2月20(土)、21(日)
    開演 14:00~ / 18:00~ (開場各30分前)
    *両日とも2回公演です
    
【場所】 almareal (アルマレアル) 2F
    いわき市平一町目47 田村ムセンビル1F

【料金】 前売り 一般¥1000  学生¥500 (当日¥200増)

【問い合わせ】
080-5560-8219(制作部)
biscuit.robot@gmail.com

チケット予約承っております
お気軽にお問い合わせください
皆様のご来場をお待ちしております。




前回、前々回の公演においでいただいたお客様にしてみれば
「アレレ、第3回公演じゃないの?」と、お思いになるかもしれませんが
前回の「桜飛沫」は「いわき演劇祭参加作品」でしたので
今回を第2回とさせていただきます感じで絶賛稽古中です。

長塚圭史作品を2本やって、「このまま一生長塚か?じゃあ次『十字架』!」とも
時代劇を2本やって、「このまま一生時代劇か?じゃあ次『ニンゲン御破算』!」とも言っていた私でしたが、脚本を書いてくれる人が現れましたのでオリジナルの脚本での公演をさせていただきたいと考えております。

脚本は「みつばち」「桜飛沫」でポスターイラストを手がけたシノキミカ。
一昨年、わたしと出会ってから巻き込まれるようにBiscuitRobotの公演に出演することになった彼女です。
私より6つも年下という事もあって「書きたい」とか「書いてみた」って言う人はそれこそ沢山いるので別に珍しくもないし、「まあ、最悪練習教材にでも」と思って読んでみましたが「居たよ」って感じでした。
居たよ、こんなとこに。
タイトルからは死ぬ事の悲しみが書かれた作品なのかと思いましたし、実際死ぬのですが
「悲しい」といった風や「失ってから気づく」のような話でもなく
むしろ生きる事について思考を強いられ、胸が苦しくなりました。
彼女自身、不満は無いけれど、どこか心が埋められない毎日と格闘して書いたんだなあと感じます。
初見で受けたこの感想を、取りこぼしのないように、捻じ曲げてしまわないように、丁寧に作りたいと思います。

御来場おまちしております。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加