dogwood

山の中のブリーダー。ドッグカフェやドッグラン、トリミングなど…ご来店わんこの様子をかなり一方的にご紹介!

25日@ありがとうございました

2013-10-01 | *東日本大震災*

9月25日(水)亘理公共仮設訪問

遅くなりましたがご報告させて下さい


朝5:30からお待ち頂いていました

いつもわんことお留守番をしているというお婆さん

お婆さんは毎日この仮設で過ごしています

お渡しできる物資はどんどん少なくなっていますが

早く待つことでお手入れも物資も順番が優先になる

一緒にいるけど自分は何もしてあげれないからと

いつも早朝から私たちの到着をお待ち下さっています

今回のお手入れ総数22頭

@ハッピーちゃん

@ジャジャちゃん

@クー君

@いちたろう君

@アリスちゃん

@チョコ君

@ナナちゃん

@チビ君

@チョコちゃん

@サクラちゃん

@ちゃちゃちゃん

@ももちゃん

@アンソニー君

@マック君

@クー君

@ハク君

@クロ君

@リキ君

@ショコラちゃん

@ライト君

補ていしている人相の悪い@ボスに

A.F.O.Aトリマー@大山さん

毛だらけふっちょ@シーズー

初参加ドックトレーナー@田中さん

A.F.O.Aトリマー@宇野さん

A.F.O.A@中村さん

いつもご美味しく頂いております^^

前日から準備して下さってるという

今回のお昼ごはんはオムライスでデザート付きでした♪

物資の受付総数は91件(34@にゃんこ含)

A.F.O.Aドックトレーナー@野口さん

ドックトレーナー@田中さん

A.F.O.A代表@日野さん


カラスに襲われそうだった子猫を2匹保護した方には

子猫用のフードとボディータオルをお渡しできました

初めて会う子犬ちゃんがいました


ペットと暮らすということは金銭的にも負担があるものですが

それ以上の癒しであり、時にはかけ橋そして家族

生活の再建まで少しでもお手伝いになれればという想いと

お集まり頂いた皆さんからペットを通して頂く元気と笑顔が

私たちの活動力でした


時間の経過と共に支援金や物資の減少も考慮し

「仮設訪問よりシェルターの継続」の方に

チカラを入れるべき時だと十分理解はしていますが

私たち自身が大変な時期がきている今

同じような想いをされている方々がいらっしゃるはずと

仮設への訪問を続けていた次第です


有難いことに今も物資をお寄せ下さる皆さんに恵まれ

共に活動してくれるA.F.O.Aの皆さん

dogcafe@wanchaさんたちがいてくれたからこそ



今回のようにお渡しできる物資がたとえ1つしかなくても

「助かります」と帰られる方がほとんど…

「どうしてあの人は貰えてうちは貰えないの!」

「いつもお手入れの順番が回って来ない!」

「スイマセンの安売りはしないで!」
(物資が無くなりご希望の物資をお渡しできないことに対して)

などと時にはお叱りをうけることもありましたが

この活動は国や行政から助成金を頂いてるわけでもなく

ご理解とご支援を下さる皆さまの想いを繋いでいるもの

そうお伝えしてまいりましたが

今回は町役場の方を通し

仮設住宅で暮らす方からのご意見を頂く日を迎えてしました

ある意味復興してるのでしょうか

そうだととても嬉しい反面

私たちも今後のありかたを見直す時期が来たように感じています

後日改めて仮設訪問支援についての方向性を

ご報告させていただきたいと思います
『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡 | トップ | ちょっとだけよ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。