果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

アセロラの豆知識

2017年03月27日 | フルーツ

皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『アセロラ』の豆知識を紹介していきたいと思います。

アセロラは、1950年代頃にカリブ海で天然ビタミンCが多く含まれるフルーツとして発見されました。
そして1970年代のアメリカによるビタミンCブームに乗って、世界中に広く伝えられることとなりました。
現在では南米ブラジルをはじめとするカリブ海近辺、ハワイ、グアム、ベトナムなどの亜熱帯気候の地域を中心として盛んに栽培が行われています。
日本では鹿児島・沖縄で栽培が行われています。

アセロラの実は完熟になると真っ赤になり、直径2~3cmくらいの大きさになります。
重さはサクランボと同じくらいの5~8gで、果皮・果実共にとても柔らかくデリケートな果実です。
アセロラはリンゴ酸を含んでいるので、少しリンゴっぽい香りがするのも特徴です。

アセロラの最大の特徴は天然ビタミンCの含有量がとても多い事です。
ビタミンCが多いフルーツと言えばレモンが代表に上げられますが、アセロラはレモンの34倍ものビタミンCが含まれています。
またアセロラには未妊中・妊娠中・授乳中の方には欠かせない『葉酸』が多く含まれています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレープフルーツの豆知識 | トップ | アケビの豆知識 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。