果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

ザクロの豆知識

2017年03月31日 | フルーツ

皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は、『ザクロ』の豆知識を紹介していきたいと思います。

ザクロはヨーロッパではズでにギリシャ時代から発見されていたとされています。
日本に渡来したのも平安時代と言われており、歴史の深いフルーツでもあります。
当時ザクロは食用はもちろん、観賞用や薬用にも用いられていたと言われています。
今現在、世界でザクロの産地となっているのは中国・インド・アメリカとなっています。

ザクロの果実は種子が多く、ギリシャ・ローマでは多産と豊穣の象徴とされてきました。
日本でもザクロは安産・子育ての神様でもある鬼子母神進行に用いられています。
ザクロは秋口になると紅色をした実がはちきれんばかりに膨らみ、やがて裂け目ができ、中に詰まっていた種子が外に飛び出します。
この飛び出した種子の部分が食用となり、甘酸っぱく、やや渋みのある深い味わいを醸し出しています。

ザクロはこの種子の部分をそのまま生で食べたり、絞ってジュースや果実酒として用いられます。
主に薬用となるのは、樹皮や果皮の部分で、この部分には非常に強い成分が含まれているため、1度に多量の摂取するのはキケンだと言われています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アケビの豆知識 | トップ | アーモンドの豆知識 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。