果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

沖縄産パイナップルの豆知識

2017年07月25日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『沖縄産パイナップル』の豆知識について紹介します。

パイナップルはもともとブラジルが原産とされているフルーツで、亜熱帯地方から熱帯地方のR地域でよく栽培されています。
パイナップルという名前は、Pine(松)とApple(りんご)という単語から生まれ場造語で、リンゴのように甘い松ぼっくりという意味なんだそうです。
たしかにパイナップルの形は松ぼっくりににているような感じがあります。
パイナップルはフランス語ではAmamas(アナナス)と言われ、この由来はパイナップルの模様が亀の甲羅の形に煮ているからという理由のようです。

8月1日はパインの日というのをご存じでしょうか?
これは平成2年に、沖縄県パイン・果樹生産振興対策協議会が、沖縄パインの普及を祈ってスタートさせたものです。
ちなみに、パイナップルの日は8月17日となっており、こちらは株式会社ドールがパイナップルを見ろメルための宣伝としてはじめたものになります。

日本で食べられるパイナップルは主にタイ、ブラジル、コスタリカ、フィリピンで収穫されたものになり、国内品では沖縄県と鹿児島県で栽培されているものが多いです。
国産のパイナップルの最盛期は7月一杯で、今が旬だと言えるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイカの豆知識 | トップ | 桃の豆知識 »

コメントを投稿

フルーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。