果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

ネクタリンの豆知識

2017年08月04日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『ネクタリン』の豆知識について紹介します。

ネクタリンは、バラ科モモ属の木になる実の事を言い、広くいえば皆さんご存じの桃の親戚にあたります。
皆さんがよく知っている桃には細かい毛が生えています(一般的に「毛桃」と呼ばれます)が、ネクタリンは表面にこの毛が生えていないので、「油桃(油がかかったようにツルツルしている)」とも呼ばれています。
標準和名は「ズバイモモ」というのですが、こちらの方がより聞き慣れないですよね。

ネクタリンは桃よりも味と果肉がしっかりしているのが特徴です。
甘さが強い毛桃と比べると、ネクタリンの方が酸味が強く、桃というよりはスモモに近い味がします。
しかし果肉の香りは桃そのものなので、桃の味を思い浮かべながら食べるとショックが大きいかもしれません。

日本国内で生産されている主なネクタリンの種類は以下の通りです。
・秀峰
・サマークリスタル
・フレーパートップ
・ファンタジア
・アームレッド
・黎明(れいめい)
主な産地は長野県となっており、この長野県だけで全国の80%以上を生産しています。
長野県に次いで生産されているのが福島県・青森県です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加