果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

メロンの豆知識

2017年05月08日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『メロン』の豆地知識を紹介します。

メロンの原産国は北アメリカと言われており、中近東・東アジアに広がったと言われています。
また古代エジプトでも栽培されていたという説もあり、日本にも弥生時代の土器とともに出土もしていることから、古くから親しまれてきたフルーツだということが分かっています。

日本でのメロン栽培は、明治27年~28年にかけて福羽逸人という人が、メロンの種子を国外から取り寄せて試作したのがはじまりだと言われています。
その後、明治36年~37年に温室での栽培にも成功しました。
メロンの栽培が可能だということが分かると、との当時の富豪や政府の官僚の間で、メロンの栽培という趣味が流行しました。
いまのような営利目的の栽培は、大正13年、に静岡県の遠州地方がはじまりだといわれています。

メロンの効能として、塩分に対して高い効果を持っているため、肥満予防に効くといわれています。
カリウム以外にもビタミン・繊維質も多いことから、お通じがよくなったり、肌をみずみずしくしてくれます。
またお酒を飲んだ翌日にメロンを食べることで利尿作用が促進されるため、アルコール分が早く抜けるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加