果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

ライチの豆知識

2017年04月14日 | フルーツ

皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今回は『ライチ』の豆知識を紹介していきたいと思います。


ライチノ歴史はかなり古く、中国南部の地方では紀元前から栽培がおこなわれていたというフルーツです。
古い書物の中には紀元前2世紀にライチが皇帝へ献上されていたという文献も残っており、1~3世紀にも成るとライチの栽培が大々的に行われていたようです。
ライチはただ美味しいフルーツというだけでなく、疲労回復・強壮剤としても利用されていたようです。

ライチが日本に伝えられたのは、1720年代と言われています。
伊豆の大島と鹿児島県に2回に分けて伝えられました。
昭和に入るまでは冷凍物もあまり美味しくないと言われていましたが、生のまま輸入が行われる用になってから人気が爆発的に高まりました。
近年では新鮮なライチが沢山食べられることから、国産ライチが注目を集めています。

ライチにはビタミンCや葉酸が多く含まれています。
葉残は造血のビタミンとも呼ばれるほど、特に赤血球を作る為には欠かせない成分となっています。
また、ライチは養血類なので食べても体が冷えません。
フルーつは食べると体を冷やすものが多いですが、ライチに含まれているナイアシンは毛細血管を拡張する働きを持っており、血流量を増やすので体が冷えにくいのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加