人生修行の旅

寒い日には筋トレをして暖まり、暑い日には涼しいと思い込みます。限りある人生、いかに生きるか。人生一度きりの生き方を!

エベレストで柔道がスタート

2016年06月22日 | 柔道
 2年前、エベレストBCまでトレッキングしました。

ガイドなし、ポーターなしと意気揚々1人で向かいましたが、

ポンコツの私はあえなく4250mで吐く、下痢、悪寒、咳、と高山病の玉手箱^^

なので、飲まず食わずで一気にベースキャンプの5300mまで行き、

命からがら降りてきて泊まった宿の主人が何の因果か元柔道家。

その時のブログ

夜な夜な語った柔道談義。

同じバカなのか話が尽きない。

言葉が通じているか通じてないかはどうでもいい。

身振り手振り柔道技で通じ合う。

「来世の夢は、エベレスト街道に柔道場を作って、子供たちに教えること」

奇跡が繋がり、

縁が円になり、

来世が今世になり、

幾多の試練を乗り越えて夢がスタートしました。





http://ameblo.jp/run-earth/entry-12172678703.html
このFBやメルマガ等で様々なご協力を頂いた皆様、

豆蔵柔道クラブ http://www.mamezou-judo.com/

フラスター http://www.pflaster.co.jp/

森田畳店 http://www.tatami-mat.net/

ドイツのDHL社、イエティーエアライン、シェルパ族、ダルマ先生、CWCNなど

多数のお力添えありがとうございました。

だいそれたことは言えないけど、

夢を叶える秘訣がもしあるとするならば、

諦めない事

誰かの何かのためになる事

徳を積む事

使命・宿命の流れを感じる事

なのかもしれない。

エベレストで柔道場を開いた

カジ・シェルパ先生

https://www.facebook.com/kazi.sherpa.31?fref=nf&pnref=story
エベレストの雪の上で正座しています。少し同じ匂いを感じます(笑)

生きていると、

大変なことも、辛いこともたくさんあるけれど、

たまにいいことがあるから楽しいですね。

ヒマラヤの柔道家兼山岳ガイド達と一緒に日本からエベレスト柔道場への交流ツアーができたらいいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の丹沢冒険トレッキング質問に対する回答

2016年06月16日 | イベント
 大人の丹沢冒険トレッキングに関していくつかご質問を頂いたので、

ご回答させていただきます。

Q.熊は?

A.ここ数年丹沢での出没例はないようです。

https://www.city.hadano.kanagawa.jp/hozen/tyojyu/tukinowaguma.html

ただ同じ地球に住む生物として、絶対は言い切れません。

鈴などで人間の存在をアピールさせていただくとともに、

万が一の場合は、巴投げが有効と聞いたので試みます。
(柔道歴30年ですが、巴投げで人を投げた経験はありませんが)


Q.ヒルは?

A.今回設定している西側ルートでは、出現が少ないようです。

 心配な方はヒル除けなどご購入されてもいいかもしれません。

 以前、私が参加したサバイバルレースでは、ヒルにかまれた自衛隊の空挺部隊の方は

 何も驚かず火を近づけて外していました。そんな胆力がほしいものです。



Q.気温は?

A.宿泊する宿の標高は、1600mです。

 あとは季節と平均温度から調べて計算してみてください。

 寒くなっても大丈夫な格好はよろしくお願いします。


Q.水はどのくらいあればいいですか?

A.人により水分摂取の量が違うため一概には言えませんが、

 目安として3リットルくらいです。

 えっ、そんなに重たいのは持てないって?

 そんな時は、身体を鍛えるか?お金を払って誰かに持ってもらうという方法もあります^^

 スタッフに頼みたい場合は、1kgを1000円で承ります。



Q.シャワーは浴びれますか?

A.丹沢には水道がないのですが、何とか頭をひねってシャワーを考えてみますね。

 まずは、雨が降ってくれれば天然のシャワーです。

 どうしても浴びたい場合は、自分の持ってきた水をかぶってもいいかもしれません。

 人によっては、おしっこをかけてもらうのもいいかもしれませんが、

 ちょっと路線がずれてしまうのでそれはなしでお願いします。 


Q.どのくらいきついですか?

A.これも難しい質問ですね。

 主催のコアコンジョギングクラブ担当山口からすると、

 「全然余裕」と言うのですが、いかんせん感覚がずれているため当てになりません。

 初日は林道10㎞とトレッキング(登り)6㎞、

 2日目は、下山6㎞強ということです。

 10㎞ゆっくりでも走れる(歩ける)方ならば大丈夫のはずです。

Q.なぜこんなことしてますか?

A.ひまつぶし


Q.荷物が重いのが苦手なんですが?

A.肉体を鍛えるか事前に働いてお金を渡して持ってもらうかのどちらがおススメです。

 余談ですが、ネパールのシェルパ族の方々は3000m~5000mのところをサンダルで、

 30kg~80kg軽々と担いで何十キロも歩いて移動しています。

 びっくりぽん!!

Q.格好は何が必要ですか?

A.雨具と寒くなっても大丈夫な格好と水と一歩踏み出す勇気を身にまとえば大丈夫です。


Q.どんなコースですか?

A.当日のお楽しみですが、

 300m弱のトンネルとエメラルドブルーの水は見る価値がありますよ!!

Q.プライベートの山口さんの修行についていきたいのですが?

A.過去に冬山の雪の中走り続ける修行についてきた方がいましたが、

 両足がつって動けないのに、

 「動けなくていいから、前に進んで」とか

 「倒れててもいいから、動いて」とか意味不明なことを言われていたので、

 通常の神経の方はプライベートの山口修行にはついていかないほうがいいと思われます。

 余談ですが、本当にその方が動けなくなった時に、

 「このまま置いていったら死んじゃうだろうから、置いていかないけど、

  最終のバス(山奥のバス停で日暮れ時)に間に合わないからその場合は、

  タクシー代2万払ってね。」と伝えると、あれだけ限界と言って両足がつっていた方が

  動き出し、走り出しました。おかげで最終バス3分前に到着したようです。

 その方曰く、「2万払ったと報告した後の奥さんの顔が思い浮かべたら、動けた」そうです。奥さん恐るべし!

 


Q.人見知りして皆と仲良くなれるか不安?

A.わざわざ休みの日にこんなイベントに参加してくるユニークな方ばかりですから、
  
 きっと仲良くなれますよ^^安心してください!

 一人一人「私は変わり者」と思っている方ばかりですから(笑)



Q.UFOが見れると聞きましたが?

A.そうなんです!!丹沢はUFOの目撃多発地帯なんです。

 夜にUFOを見れたらいいですね!

 もしかしたらメンバーの中に宇宙人が紛れているかもしれません。


Q.たまにイベント等見ますが、いつもなめてますよね?

A.なめるもの、なめられるのもどちらも好きです。

 6月9日に産まれたので。。。
 
 気分を害したら、すみません。。。

 生まれてきてごめんなさい。。。

 こんなんで返答は大丈夫ですか?^^

 

Q.わざわざお金払って時間使って、無意味なことしなきゃいけないんですか?

A.お金の使い方は人それぞれかなと思います。

 私はいつも金色の衣装とか、海外の旅に使っています。

 色々な価値観の方がいて、色々な物を購入するから経済が回っていくような気がします。

 無意味のことも実は意味があるかもしれませんが、ないかもしれません。

 うーん、卵が先か鶏が先か。


Q.内容の詳細は秘密ですか?

A.はい。秘密のアッコちゃんです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日変態行の備忘録

2016年06月15日 | 
1日変態行の備忘録として。


◯自分の苦手なもの、恐怖だったことを克服、打ち勝つ、乗り越えるとプラスの感情と自信ができる。


◯ある事象に恐怖をいだいているという場合は、過去の経験、教育などからきている。何故そのような感情になるのかを掘り下げていき、根本になったことを分析して、書き換えることで私は変わる。

例 暗闇に対しての認識など

別世界の住人に対してのイメージなど


◯動物も基本的には人を襲いたくはない。

こちらの存在を教えることで、見守ってくれる。と私が勝手に思っている。

  万が一戦いを挑まれた場合は、身体が勝手に反応してくれるはず。
 
  闘いたくはないけど、万が一の準備とイメージトレーニングは必要。




◯森を通過する場合は、通らせていただくという気持ちを持つ。そこは様々な生物達の家だから。




◯気を張って動いていると通常の3倍〜5倍は、エネルギーを消耗する。




◯自分と同じ行動をした方がいると、心のエネルギーが回復する。




◯不退転の覚悟を決めると、私はゾーンに入り空腹やエネルギー消費という概念が消える。

 後半の10時間はほとんど飲まず食わずで行動。体重が5kg落ちるが、身体と心は元気。




◯気分悪く吐いても調子良くなっていったのは、「酔拳」を見て形成された概念のおかげ。




◯色々考えられるのは、まだまだ余裕ということ。顕在意識での思考が減り、なくなることで潜在意識からの声が聞 こえてくる。場合によって人は、天の声などというのかもしれない。
 忘れないようにメモを取りたいけど、そんな余裕もないのが難点。




◯孤独な時に同じ行為をしている人に出会うと心のエネルギーが増す。

◯「もう嫌だ、限界」と言っているうちは、まだ大丈夫。そんな状態を楽しむ自分も存在している。

〇雪道になったり、困難なところが続いてくると力が湧いてくる。
 
 自分にとっては、ちょっと危ないくらいが安全。

◯何も考えず、考えられず、ただただ感謝の気持ちが溢れて涙する状態がある。

○どんな時も謙虚な心とアホな心を忘れてはいけない。

○下山で雪で滑って楽していこうと調子に乗ったら痛い目にあう。

○大砂走は最高に楽しい。足が車のようで御殿場5合目まで一気に下れる。

○丈夫なつり橋が目の前にあっても、遠くにボロボロの木の橋があったら、そちらに行きたくなる。

○昼間の森と夜の森では、様子がまるで違う。

○精神的限界を超えて、生理的限界にいくと足が何もしなくても激痛で熱い。立っていられないほど。

○修行後は興奮して寝れないので、神経を鎮めるための手法をいくつか用いる。

〇年に2~3度はこうした一人できつい修行をすることが必要。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日変態行

2016年06月12日 | 
 バースデー休暇でバカンスへ行ってきました。

*写真が横になっています。写真見られる方は首を横にお願いします(笑)

太陽が沈み辺りが暗くなった頃、富士山駅に到着。



着替えて、1人意気揚々と真っ暗闇の森へ散歩。

横の藪から気配を感じ、ライトを向けると光る目が無数。

いつの間にかシカさん達に囲まれている。

サバイバルの先生から、熊さんとイノシシさんに襲われた時の対処方法は習ってきましたが、シカさんは想定外。

(ちなみに私用のアドバイスとして、熊さんは最初の攻撃を交わした後に巴投げ。イノシシさんは、突進される寸前にザックを目の前に置き、逃げる。ちなみに柔道30年くらいやって巴投げで人を投げたことはないです。)

シカさんをシカトするわけにいかず、同じ地球の住人として挨拶をしてみることに。

昭和50年代生まれの柔道家達のバイブル「柔道部物語」を持参していたので、

ザス、サイ、サッと挨拶してみると、
(9割9分の方は分からずにすみません。)



ささっとどこかに行く。さすが教典の言葉。

次に別世界の住人が遊びに来る。

こちらも名言、

「俺ってストロングだぜ〜」

「俺ってバカだぜ〜」

「俺って変態だぜ〜」


と言うと、「フフッ」と笑われてどこかに行く。

さすが青春の代名詞。

おしっこちびりそうになりながら、35回くらいは引き返そうと思ったけど、

「辛抱、我慢、辛抱、我慢、辛抱、我慢」

と言い聞かせて夜中散歩して何とか森を抜けて富士山6合目へ。

普段、こういった修行の際にはお腹が空くことはないのに、

今回ばかりは驚くほどエネルギーを消耗しました。

苦手な暗闇の中でずっと気を張っていたんだと痛感。

そして、誰もいない登山道をひたすら上に。

あろうことか高山病になり、ビニール袋片手に登っては吐いて、休んでは吐いて。。。

「吐けば吐くほど強くなる!!」

ブルースリー先生の教えが頭の中に蘇り、復活!!

ラストの雪道も何とか通過して、ご来光時間3分前に富士山頂へ到着。



恒例の狛犬さんへのお酒を飲ませて、


記念撮影。

毎年、富士山でイベントを企画して無事にできているのも

様々な力が働いてこそ。ご来光と富士山頂にいるという

ただそれだけで涙が溢れてくる不思議な感覚。

そして、そのまま次は御殿場口をダッシュで駆け降りる。



あれだけ不調だった身体も高度が下がるとともに回復。

完全に身体がゾーンに入り、水も食料も不要で、

感覚が研ぎ澄まされて精神が肉体を凌駕した領域へ。

ラスト18Kmの御殿場駅までの道も気持ちよく走り、ゴール。



14時間、計50km超の一日変態行。

何はともあれ苦手な暗闇が克服できて良かった^_^

富士山周辺に住む皆さん、

富士山さん、いつも素敵な経験をありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過ぎ去るのが惜しい時間・・・

2016年06月01日 | イベント

2泊3日でヨガの合津先生と月1で開催している

BODY INFINITYの特別編として、

山と川と温泉と。自然満喫Body Infinity in長野!》
yogaとナチュラルワーク。カラダとココロをほぐす旅を実施。

リトリートの意味はいくつか語訳がありますが、一番しっくりきたのは
「仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所など」。

戸倉上山田温泉近くの古民家をお借りして、

○relax yoga
○温泉
○鼻うがい
○森林や千曲川沿いでのナチュラルワーク
○たき火とBBQと花火と語らい

など盛りだくさんで実施。

「身体と心の洗濯ができました。」

「人がいても、人のことを気にせずにマイペースで自分と向き合ったりしてリラックスできた」

「この時間が終わってしまうのが、もったいない。。。」

「久々に忘れられない時間、得難い体験ができた」

「この場にいるだけで、お腹の奥からじんわりと温かいのが感じることができて、
 調子が良くなった。」

と参加してくださった方々から感想を頂きました。

参加してくださった皆さん、

戸倉上山田温泉街の皆さん、

3日間楽しませてくれた自然さん達、

裏で何から何まで参加者のことを考えて、緻密で心の通った準備をしてくれた合津先生

本当にありがとうございました!!

人生、色々あるけれど、たまにこうした楽しみがあると
日々を一生懸命過ごせるのかもしれないですね。



















私も自然の中に身を置くことで、色々と考える・感じることもたくさんありました。

大したことはできないけれど、

誰もやらないことやろうとしないことをやり続けていきたいなあ。

そして、まだまだ様々な面でスキルアップしたいと痛感する濃密な3日間でした。

楽しく充実した時間が過ぎ去るのはあっという間で、終わった後に悲しくなるなあ。





PS 古民家でハチの駆除をして、
  巣の中にいたハチの子をまさか全員が食べることになるとは(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイテクタウン駅伝2016

2016年05月25日 | ランニング

5月22日(日)に開催されたハイテクタウン駅伝2016。

コアコンジョギングクラブからは、

19チーム70名超の方が走られました。



普段走ったりしない方々も(運動はしていても)、

5㎞ならゆっくりなんとか行けそうと勇気を出して参加。

皆さん口々に、

「周りに迷惑を掛けるからごめんなさい」

と走る前から謝っていたものの、

スタートすると人のことなど気にせず、

going my way!!

号砲がなってみんな出発しているのに、のんびり座っている1区走者、

襷をつなぐ時にいつも次走者がいないチーム、

次の方に襷を繋ぐはずなのにゴールで襷を繋ぎ忘れてしまう方、

演出通りか?スタート時間ぎりぎりに到着するピーターパン、

車いすを手足の一部として激走するダンディー、

仲良くなった大会スタッフのスピーカーを借りて応援する陽気なイタリア人、

「私が最年長!!」と思っていたのに、まだまだ先輩がいて元気になった60代後半マダム達、

産まれてから初めてのマラソン大会がこの駅伝で完走した75歳女性、

ある者は仮装で走り、

ある者はサンダルで走り、

ある者は柔道着でスタートダッシュする。

皆さん本当にフリースタイル笑

多数のトレーナー陣や救急救命士や柔道整復師を有するコアジョグサポーターの影の力もあり、

全員が無事に完走。

誰が遅いとか速いとか迷惑かけたとか気にすることなく、

「あー楽しかった。」と皆さん笑顔で元気に^^

走れば走るほど笑顔で元気になる!!

宇宙も国境も民族も信条も年齢も超えて

同じスポーツで楽しめる駅伝大会っていいですね^^

大会関係者・スタッフの皆さん、

参加された皆さん

サポーターの皆さん、

人々を熱くしてくれた太陽くん、自然さん達

本当にありがとうございました!!





































次回、コアジョグは

6月26日(日)コアジョグアカデミー、練習会

7月16、17日(日)大人の丹沢冒険トレッキング~当たり前が当たり前でないことに気付く2日間~

8月21日(日)ビーチラン&ビーチクリーン&BBQin三浦海岸

9月25日(日)マラニック~都内の名所&パワースポットを巡る~

を開催予定。
http://ameblo.jp/challenge-is-spicy/(詳細は準備が整い次第。のんびりお待ちください)

私も本気で出走。

色々と振り返って不思議なことなのですが、

満月の日には絶好調になるらしく、思いのほか身体も動きました。

体重も先週の敗北を反省して、1週間で3㎏落とし、

3年ぶりに5㎞を17分台(手持ち時計17分45秒)。

多くの方が目標設定から2~3分遅れているのに対して、

目標(18分切)を達成することができました。

背中のメッセージは、

「暑いのが涼しい」

「太陽くんありがとう」



懇親会で24時間何も食べていなかったために、酔っぱらって、

「今日遅かったら、普段偉そうに指導しているのに、

 指導しにくくなるでしょ!?」

と本音を呟いていました。


何はともあれ、駅伝が終わり2016年前半のマラソンシーズン終了です^^


6月は丹沢に向けて、己の勝手に作った限界を超えるように一人で修行します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月16.17日 大人の丹沢冒険トレッキング

2016年05月25日 | イベント
【大人の丹沢冒険トレッキング~当たり前が当たり前でない2日間~】

1年を振り返って、忘れられない2日間を体験してみませんか?

ドリーム富士登山に代わる新企画!!

着想、企画、実現に5年の歳月を費やした大人の丹沢冒険トレッキング。

当たり前が当たり前ではないって、口で言うことは簡単です。

ただ、実際にその状況を経験してみると、

自分の身体を通して、心の奥底から湧き出てくる何かがあります。

水道の蛇口をひねれば水が出てくること

スイッチ一つで電気がつくこと

目が見えているということ

そんな普段は何も感じないことも、

今回の2日間を通して、何か感じるようになるかもしれません。

詳細を書いてしまうと、当日の面白みが半減するので書けませんが、

コアジョグ担当者が何度も山深いところにある小さな山小屋に通い、

今年やっと実現しました。

そして、来年は開催されるかは分かりません。

毎年、夏の山イベントを開催するのは本気の勝負だし、

諸行無常ですから。

何をするか不安な部分もありますが、

もしちょっとでも面白そうかも!?と感じてしまった方は、

勇気を一歩踏み出してご参加ください!!


*今年はドリーム富士登山の開催はありません。
*きついことを体験するものではありません。
 一般の方が対象です。己の限界にチャレンジしたい
 運動指導者向けの企画は、別会社と一緒に10月14.15日(金・土)に開催。

【大人の丹沢冒険トレッキング2016~当たり前が当たり前でないと気付く2日間】


【開催日時】 2016年7月16日(土曜)朝 ~17日(日曜)午後 終了


*詳細スケジュールは下記参照。天候等により時間等の変更あり。


*集合場所は参加者にのみお知らせします。


【定員】 25名(最小遂行人数0名 誰も行かなくても行きます。)


【参加料金】 21000円


   *懇親会でお酒を飲まれる方は22000円をお願いします。


   *山小屋宿泊費(2食付)、懇親会費(アルコールあり)保険、各種ワーク等のサポート、


    コアジョグスタッフの案内


   *現地までの交通費、翌日お風呂に入られる方はご自身でお願いします。


   *その他、参加者にはメール等で指令がいくのでそちらをご確認ください。  


【対象】郷に入っては郷に従うことのできる方


    山のルールを守れる方


    自然を大切にできる方


    2日間だけでも、他の参加者との和を重んじることのできる方


    過去にコアジョグのイベント(ドリ富士含む)に参加したことのある方


    コアジョグ関連トレーナー(藤本、山口など)の指導を受けたことのある方


    7月16日(土)の朝8時18分までに新松田駅に到着できる方


    自分の荷物を背負って、10㎞の林道と6㎞のトレッキングができる方


【持物】トレッキングできる格好(参加者には後日メールで連絡致します。)


【申込方法】下記の2つのどちらかの方法でお願いします。

 ①下のメールフォームにご入力ください。

   https://ssl.form-mailer.jp/fms/b29dd5c2440747        
 ②名前、アドレス、電話番号(携帯)、性別、住所(郵便番号から)、生年月日、

 その他お問い合わせ等があれば記載して、下記へメールください。

  corejog@yahoo.co.jp

 *頂いた個人情報に関して、当企画を遂行する目的で使わせていただきます。
         
 *申し込み後に、振込先がついた自動返信メールが届き、料金振り込みが完了しましたら申込完了です。
       
 *自動返信メールが届かない場合は、corejog@yahoo.co.jp にお問い合わせください。
       

  当日のおおまかな流れ(変更等あり)

7月16日(土)
8:18 までに新松田駅に到着後、すぐにバスに乗り換えて目的地へ
    (参加者にのみお伝えします)
9:30 オリエンテーション、チーム編成、出発
11:00 暗闇体験ワーク
12:30 昼食
17:00 山小屋到着
18:00 夕食
19:00 苦楽を共にした仲間との語らいワーク  
    自由時間
22:00 就寝

7月17日(日)
7:00 ナチュラルワーク
8:00 朝食
9:00 出発
12:00 西丹沢バス停
14:00 希望者は温泉へ(実費負担)
15:00 終了予定

*若干の変更等ある場合がございますので、予めご了承ください。

参加の心得
○天候等により時間等のスケジュールが変更になる場合も臨機応変に楽しみましょう。
○詳細等は参加者にお伝えします。柔軟に対応してください。
○当日までに階段等を使ったり、トレーニングをしたりして身体を動かしましょう。
○当イベントにおける盗難等においては補償を致しかねますので、予めご了承ください。


主催
コアコンジョギングクラブ

担当 山口 corejog@yahoo.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコマラソン2016in彩湖

2016年05月18日 | トレーナー

東京マラソン以来の久々のレース!!

太陽くんの機嫌が良かった彩湖を、



特別枠として10kmの部とチャリティーラン5kmに参戦させていただきました。

10kmと5kmなんて、余裕とタカをくくっていたせいか、

朝からお尻の穴からもおしっこが。。。トイレに行くこと13回。

お尻の穴がヒリヒリ痛い。

飲まず食わずで出せるものを全て出し、ゴールド・マンへ変身。



体調不良、お尻の穴があるという概念が消える。

腕立て伏せをして、念入りにウォーミングアップ。




いつも通りの周囲の熱いまなざしを着火剤にしてスタートと同時にゴールド・マンダッシュ。




親子でバーベキューやちびっ子達から、
気持ち悪い
おかしいのがいる
 変
と最大級の応援をもらって激走。

後半、誰もいないコースでよもやの失速。

結果は、惨敗38分30秒台で9位の惨敗。。。

まだまだ修行不足を痛感。

5月22日の駅伝に向けて、出直します。

レース後にゼッケンを回収し、再利用する和気あいあいとしたあたたかい大会、いいですね^_^









viva 地球!!

大会関係者、スタッフ、演奏家の皆さん
一緒に出場した参加者の方々
デッドヒートを繰り広げたライバル達

素晴らしい1日をありがゴールド!!

勝負の世界に身を置いて生きるってゴールド・マンには性に合ってますね!

負けても何回でも復活して挑戦していきますよ☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャリティー報告

2016年05月06日 | チャリティー
 4月末まで販売させていただいたチャリティーゴールド・マンカレンダーですが、

多くの方にご購入いただきました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

ご購入いただいた代金そのままにいくらか上乗せして、

55000円を柔道大会協賛金という形で、ネパールのストリートチルドレンを柔道を通して支援する団体

CWCNに寄付させていただきました。



また4月から新しく働いているフィットネスクラブでも

チャリティーナイトランニングを復活しています。

今回は3000円を熊本地震の復興の寄付に充てています。

まだまだ認知度も参加者も少ないですが、

小さなことでもコツコツ継続することが何かの糧になる一つの道かなって

思っています。



何はともあれこうして活動できていることが有難いなぁ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GWは強くなるための期間

2016年05月04日 | トレーナー
 小さい頃からゴールデンウィークは、

「強くなるために最適な練習の時!!」

と教わってきて、それが身体に身に付いてしまっているよう。

いや~、よくも悪くも習慣って怖いですね。。。

とここ最近様々なトレーニング・健康関連のセミナーに出ている。

自分の興味ある分野は、多くの一般の方々をサポートしてきて、

とても必要に思っているにも関わらず、学びに来られる方が少ない。

時代を先取りしているのか?

そもそもずれているのか?

目指したいなと思う先生は60を超えている!?

長い年月たゆまない努力を続けてきたからこそ見えてくる世界があり、

醸し出される気が柔らかくて強い。

私もまだまだ修行が足りないけれど、

何となく仕事をする上での

方向性が見えてきているそんな気がしたゴールド・マンウィーク!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加