人生修行の旅

寒い日には筋トレをして暖まり、暑い日には涼しいと思い込みます。限りある人生、いかに生きるか。人生一度きりの生き方を!

漫画から学ぶ人生

2016年07月24日 | 日常
 仕事とイベント続きの毎日。

「一体いつ休んでいるんですか?」と様々な方に聞かれるけど、

休みという休みはないかもしれない。

仕事をしている時も、していない時もなるべく自然体。

だからひどい疲れなどは、
自分のプライベートの修行で一人で相当追い込まない限りない(笑)

これはドラゴンボールで悟空と悟飯が精神と時の部屋から出てきた時に
スーパーサイヤ人になっているのが当たり前だという状態というあたりから
ヒントをもらった。

1か月前にトレーナー業界のトップクラスの方と食事をした際にも、
漫画や小説からモデルケースを見つけているという話を聞いて、
とても共感した。

私の場合は漫画や映画、本などからの影響が5割で江頭2:50先生の影響が4割、
残りが色々。

旅に出ると時間があるからめちゃくちゃ色々なことを考えている。

だから気分転換にバックパックに行った自分の思考を振り返ると面白い。

書いたのはきっとエルサレムの中か、エベレストベースキャンプへの旅の中で書いてあったので引用プラスちょい修正と追加。

かっこいいなと思う人
〇江頭2:50、ユパ(風の谷のナウシカより)、マルコ(紅の豚)、陸奥雷(修羅の刻)、ゴルゴ13、高田純次、
 ライフイズビューティフルの主人公、レオン(LEONのジャンレノ)、

憧れる女性
〇シータ(天空の城ラピュタ)、ナウシカ(風の谷のナウシカ)、

親として憧れる人
〇ドラゴン(ワンピース)、ジン(ハンター・ハンター)、不破現(修羅の刻)、悟空(ドラゴンボール) 

また気分転換にブログは書いていこうと思いつつ、

日々の忙しさに流されてしまう毎日。

まあ、気楽にいこう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の丹沢冒険トレッキング2016 ~ミッション終了~

2016年07月22日 | イベント
いつの間にか忘れてしまったドキドキ感。

「大人」になるってことは、常識を覚えて、

「普通」に縛られることでもある。

それが社会だから。

でもね、

たまには自分の枠を飛び出して、

ちょっと冒険したっていいじゃないか。

ということで開催された「大人の丹沢冒険トレッキング2016」。


〇室町時代から続くあみだくじで何かのご縁で一緒のチームになる初対面の参加者








〇沢と木々に囲まれた大自然の中で、瞑想をして失われた感覚を取り戻す。











〇霞がかった山道は、蜘蛛の巣が幻想的なアート。






〇まだつかない。まだつかない。と思ってやっと現れた山頂。







〇山小屋の方々お手製の桜チップスを使い燻製にしてくれたお肉が入った
 特盛カレーとずんだ豆と大根おろし。


〇10数年前の情報を便りにホタルを探しに行く。
 半信半疑で木道を渡って現れたヒメホタル。

〇サプライズで用意されていた「ナイト居酒屋」
 バーテンダーのスタッフが人々をアナザーワールドへいざなう。




〇「もう寝なさい!」と定番のように怒られる参加者とスタッフ。 
 年齢を重ねても修学旅行の時と何一つ変わっていない(笑)

〇暖かい布団で寝る一番年下スタッフ。雑魚寝で出る先輩スタッフ達。
 「タフで強い男はどこでも寝られるんだぜ!」って年下に色々譲る面々。

〇一人調子に乗って、外で寝たけれど雨に降られて「辛抱・我慢」を1000回繰り返すけど、敗北。
 まだまだ修行が足りない私。。。その後は荷物置き場でこっそり荷物のように寝て、参加者に踏まれていたらしい(笑)

〇予報を覆し、天気が味方して見えた大絶景。富士山と雲海が迎えてくれる。






〇想定通りの時間ぎりぎりの下山。走った時がない人も「山は格闘技だ!!」と言われ、

 「全方向に全神経を集中!集中!」、「走れなくてもいい。疲れていてもいい。走るんだ!」

 と意味の分からない激を飛ばされ、いやおうなく走らされる参加者。限界と思った先、限界があることを知る。

〇「そこ道ではないですよね」と言われているのに、「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。

 踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ」

 先に見えた秘密の滝。



〇「無理!!無理!!でもちょっとだけ」とちょっとだけといいながら全身滝に打たれる女性参加者。
 「ちょっとじゃないですよね」って突っ込むのを控える。


〇大冒険をしたトレッキング組も合流して、感想をシェアして終了。


今回参加したのは、20代~60代の方々。

何歳になったって、

「今が一番楽しい!!」

って言える人生ってなんだかいいなぁ。

参加してくださった皆さん、

スタッフの皆さん

山小屋の方、歩荷の方、自然教室の方、

自然界の皆さん、

本当にありがとうございました!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月30日(土)RAINBOW SHOWER RUN 2016 in関東のガラパゴス 河内町

2016年07月02日 | ランニング
まさか?

まさか?

まさか?

ゴールド・マンにオファーがきました!!!

第1回RAINBOW SHOWER RUN 2016
のアンバサダー!!


商工会青年部という一見真面目そうな団体が主催ということで、

受けていいものなのか3秒も悩みましたが、

河内町商工会青年部naverまとめ

http://matome.naver.jp/odai/2146356305900419201

主催者も皆さんはだいぶイカれているようなので快諾。


以前、ブータンのお祭りでアチュラというキャラクターがいて

ライバルだと言いましたが、早くもゴールド・マンに変身してお祭りランで対抗できそうです。


場所は、栃木の永遠のライバルである茨城県。

栃木に住んでいた者としては、茨城と聞くだけで、燃えてくるだっぺよ!!

以下、詳細ですのでご興味のある方は是非一緒に走っぺよ!!

詳細・申し込みはこちらから
http://shower-run.peatix.com/

内容 

嵐のごとく降り注ぐ農家のおっちゃんおばちゃんたちの水シャワーを浴びながら、

迷路のような農村集落を約3㎞走り抜けるランイベント、レインボーシャワーラン!

コース上では地元の朝採れ夏野菜がランナーに振舞われる!

そんな「RAINBOW SHOWER RUN」は現在絶賛参加受付中!

河内町商工会青年部Web
http://kawachi.publishers.fm/


PS 大学時代の同じ学部学科、同じ柔道部で4年間を過ごした同期がこちらの実行委員のようなので、

彼にはもっと真面目に大地に根を張って、安心・安全・安定を求めて生きた方がいいよとセッキョーしてきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月29日(金)~30日(土)いにしえの道からの富士登山~ナチュラルナイトサファリつき~

2016年07月02日 | 
空手家の先生から富士登山サポートの依頼をいただき、案内することになりました。

人数の関係で山口関連者からも5名程度申し込み枠を作りましたので、

2016年の丙申の年に富士山に登りたい!!

いにしえの道から行きたい!!

ナチュラルナイトサファリ付きで登りたい!!

という方は山口まで何らかの形(メール、facebook、LINE、直接等)でご連絡ください。

参加要項として、

山口と面識のある方に限らせていただくとともに、

体力的に大丈夫かどうかの判断も

会話やメール等で状況をヒアリングの上で検討させていただきます。

料金等含めて検討される方のみお伝えします。

なお、暗闇の森を通る際に夜行性の動物が遊びに来ることが

考えられます。

万が一、近づいて来たら最近購入した虫笛を鳴らしながら、

「私たちは同じ地球の住民。ここを通らせてね。

 そして、森の奥へお帰り。」

と行います。

それが効かなく

万が一やってきた場合は、空手家の先生にバトンタッチするので安心です。

以下、行程表です。


7月29日(金)

21:00までに富士山駅集合(19時に新宿出られれば、20時57分に富士山駅に着きます)

 *遅れた方は、途中までタクシーで追ってくるか、暗い道路を走ってくる方法があります。

21:05 出発 歩きながら諸注意事項等連絡

    ナチュラルナイトサファリ~森から何の動物が遊びに来てくれるかはお楽しみ~

23:30 馬返し 1合目着 トイレ休憩

7月30日(土)
1:30 6合目着

5:30 登山渋滞を避けて9合目にてご来光

6:30 富士山頂着 

7:30 下山スタート

10:30 富士吉田口五合目、お土産購入等

*行きと帰りの交通費や食費等は各自でお願いします。

*29日(金)の21時~30日(土)の10時30分までは、しっかりサポートします。
(仕事のため11時のバスに乗らなくてはいけないため、
 時間によってはザック等を担がせていただきます。)

*帰りのバス等は各自で手配ください。帰路等アドバイスはします。

*持ち物等の詳細は参加が決定された方にお伝えします。

*赤いものを身に着けて登ると申年はいいそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いざリオへ!ボッチャ選手の挑戦!!

2016年07月01日 | 応援
☆ゴールド・応援・マン第2弾☆

柔道をやっていた先輩との挨拶は、

「ザス、サイ、サッ」となってしまうゴールド・マンです。

7年前くらい前に、家から30㎞くらい離れた映画上映会で偶然出逢い、

家と事業所が近所(歩いて300mくらい)ということで仲良くなった

NPO自立生活センターくれぱす(http://www.kurepasu.org/)と

NPOぴあ・ぱれっと(http://www.piaparetto.com/)。
*現在、介助者募集中♪

メンバーの中に高校生の時に柔道で脊椎損傷になり、車イスを利用した生活を送る高橋さんと遭遇!?

「んっ?柔道?」

ということで、色々と話してみると出てくる出てくる共通点の数々。

なんと同じホームページ内に名前が出ていました(笑)

http://www.momo.selfip.org/kanto/menkojinkiroku.html
(オールド柔道ファンの皆さんにとっては懐かしい名前ばかり)

そんな、高橋さんは中学時代は関東柔道チャンピオン!!

そして、愛読書は「柔道部物語」。

それだけで話が3時間は止まりません。。。

ロンドンパラリンピック見学後に色々と話していた時に、

「じゃあ、何かやってみようかな?」

と自分が出場できるスポーツはないか考えた際に

見つけた“ボッチャ”。

競技を始めて2年半で、間違って世界2位になりリオパラリンピック代表になりました。

類稀な勝負師としての勘と

冷静な洞察力と判断

ここ一番の時に強い精神力

ゴールド・マンも勝負を挑みましたが、

下山田農の清水VS名古屋くらいの実力差で敗北。

*分かりにくい表現ですみません。。。マンモスとアリくらいの力の差です。



「俺って、ストロングだぜ〜」と、鷲尾のように強い心を持ち、

「俺には、ボッチャしかない」と、山籠りをした格闘家が眉毛を片方だけ剃り落とすがごとく

頭をマッシュルームカットにした現代のサムライ。







そんな高橋和樹さんの講演会が7月22日に開催されます。

日時:2016年7月22日(金)19時~20時45分(受付:18時30分)

会場:与野本町コミュニティーセンター(多目的ホール・大)
*JR埼京線 与野本町駅徒歩2分

講演タイトル:マッシュルームの世界への挑戦

参加費:1,000円(高校生未満、当日の介助者は無料)

*当日、準備や片付けに協力いただける方は大歓迎なのでご一報ください。

*不明な点はお問合せください。

☆申込☆
deco_me@icloud.com
*分からなければゴールド・マンにメッセージorこちらにコメントで聞いてください。

主催:高橋和樹をボッチャで世界一にする応援会

後援:特定非営利活動法人自立生活センターくれぱす

*当日は、ゴールド・マンも会場で椅子運び係をやっているかもしれません!?




*現在、コンディショニング面等でサポートしているため、有給を習得して山口は一人で応援に行きます。
(飛行機チケットのみ入手。9月9日(金)に日本を出発して、9月18日(日)に日本に戻ります)

万が一リオ市内の情報(バッハ地区という会場近くの安宿や友人が住んでいるなど)をお持ちの方はご連絡お待ちしています。


高橋和樹さんが勝負所で、ひょっとこ顔になるかならないかはリオでのお楽しみに(^ω^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和菓子を広めながら世界一周の旅に出た青年

2016年06月30日 | 応援
☆ゴールド・応援・マン第1弾☆

友人に紹介されて会った世界を旅したいという青年。





一緒に富士山に登ったり、お酒を酌み交わす中で交流を深めつつ、

話を聴かせていただくと、ただ旅するだけでなく

「お菓子」をテーマに世界中を旅して研究したいという。

なぜならば「家がお菓子屋さんだから。。。」

宿命とも使命ともいえるミッションに、

魂を発動させて準備すること約1年。

ついに世界菓子研究家 岡山明裕が出発しました。

世界の菓子情報をブログやFB等を通してお楽しみください!

甘いものには目がない方は必見です笑

岡山氏の応援・声援どうぞよろしくお願いします!



世界菓子研究家 岡山 明裕



(Blog)「World Okashi」  http://worldokashi.com
(Facebook) https://m.facebook.com/worldokashi/
(Twitter) @worldokashi

活動
〇世界各地のお菓子を調査したり、世界各地で和菓子と抹茶のワークショップを開催。

Dear overseas friends

My friend goes for an around-the-world trip.

His name is Okayama Akihiro.

He holds a workshop of the Japanese sweet and tea while eating a local sweet.

When he passes by your country, Please take care of him.

I pray for the health of everybody.

Thanks.

takashi yamaguchi

☆ゴールド・マンに応援やサポート等して欲しい奇特な方・団体は

 ご連絡をお待ちしています☆何らかの方法を探してみて連絡ください。

 地球にいる時はだいたい何でもやります!何でも屋! ゴールド・マン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エベレストで柔道がスタート

2016年06月22日 | 柔道
 2年前、エベレストBCまでトレッキングしました。

ガイドなし、ポーターなしと意気揚々1人で向かいましたが、

ポンコツの私はあえなく4250mで吐く、下痢、悪寒、咳、と高山病の玉手箱^^

なので、飲まず食わずで一気にベースキャンプの5300mまで行き、

命からがら降りてきて泊まった宿の主人が何の因果か元柔道家。

その時のブログ

夜な夜な語った柔道談義。

同じバカなのか話が尽きない。

言葉が通じているか通じてないかはどうでもいい。

身振り手振り柔道技で通じ合う。

「来世の夢は、エベレスト街道に柔道場を作って、子供たちに教えること」

奇跡が繋がり、

縁が円になり、

来世が今世になり、

幾多の試練を乗り越えて夢がスタートしました。





http://ameblo.jp/run-earth/entry-12172678703.html
このFBやメルマガ等で様々なご協力を頂いた皆様、

豆蔵柔道クラブ http://www.mamezou-judo.com/

フラスター http://www.pflaster.co.jp/

森田畳店 http://www.tatami-mat.net/

ドイツのDHL社、イエティーエアライン、シェルパ族、ダルマ先生、CWCNなど

多数のお力添えありがとうございました。

だいそれたことは言えないけど、

夢を叶える秘訣がもしあるとするならば、

諦めない事

誰かの何かのためになる事

徳を積む事

使命・宿命の流れを感じる事

なのかもしれない。

エベレストで柔道場を開いた

カジ・シェルパ先生

https://www.facebook.com/kazi.sherpa.31?fref=nf&pnref=story
エベレストの雪の上で正座しています。少し同じ匂いを感じます(笑)

生きていると、

大変なことも、辛いこともたくさんあるけれど、

たまにいいことがあるから楽しいですね。

ヒマラヤの柔道家兼山岳ガイド達と一緒に日本からエベレスト柔道場への交流ツアーができたらいいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の丹沢冒険トレッキング質問に対する回答

2016年06月16日 | イベント
 大人の丹沢冒険トレッキングに関していくつかご質問を頂いたので、

ご回答させていただきます。

Q.熊は?

A.ここ数年丹沢での出没例はないようです。

https://www.city.hadano.kanagawa.jp/hozen/tyojyu/tukinowaguma.html

ただ同じ地球に住む生物として、絶対は言い切れません。

鈴などで人間の存在をアピールさせていただくとともに、

万が一の場合は、巴投げが有効と聞いたので試みます。
(柔道歴30年ですが、巴投げで人を投げた経験はありませんが)


Q.ヒルは?

A.今回設定している西側ルートでは、出現が少ないようです。

 心配な方はヒル除けなどご購入されてもいいかもしれません。

 以前、私が参加したサバイバルレースでは、ヒルにかまれた自衛隊の空挺部隊の方は

 何も驚かず火を近づけて外していました。そんな胆力がほしいものです。



Q.気温は?

A.宿泊する宿の標高は、1600mです。

 あとは季節と平均温度から調べて計算してみてください。

 寒くなっても大丈夫な格好はよろしくお願いします。


Q.水はどのくらいあればいいですか?

A.人により水分摂取の量が違うため一概には言えませんが、

 目安として3リットルくらいです。

 えっ、そんなに重たいのは持てないって?

 そんな時は、身体を鍛えるか?お金を払って誰かに持ってもらうという方法もあります^^

 スタッフに頼みたい場合は、1kgを1000円で承ります。



Q.シャワーは浴びれますか?

A.丹沢には水道がないのですが、何とか頭をひねってシャワーを考えてみますね。

 まずは、雨が降ってくれれば天然のシャワーです。

 どうしても浴びたい場合は、自分の持ってきた水をかぶってもいいかもしれません。

 人によっては、おしっこをかけてもらうのもいいかもしれませんが、

 ちょっと路線がずれてしまうのでそれはなしでお願いします。 


Q.どのくらいきついですか?

A.これも難しい質問ですね。

 主催のコアコンジョギングクラブ担当山口からすると、

 「全然余裕」と言うのですが、いかんせん感覚がずれているため当てになりません。

 初日は林道10㎞とトレッキング(登り)6㎞、

 2日目は、下山6㎞強ということです。

 10㎞ゆっくりでも走れる(歩ける)方ならば大丈夫のはずです。

Q.なぜこんなことしてますか?

A.ひまつぶし


Q.荷物が重いのが苦手なんですが?

A.肉体を鍛えるか事前に働いてお金を渡して持ってもらうかのどちらがおススメです。

 余談ですが、ネパールのシェルパ族の方々は3000m~5000mのところをサンダルで、

 30kg~80kg軽々と担いで何十キロも歩いて移動しています。

 びっくりぽん!!

Q.格好は何が必要ですか?

A.雨具と寒くなっても大丈夫な格好と水と一歩踏み出す勇気を身にまとえば大丈夫です。


Q.どんなコースですか?

A.当日のお楽しみですが、

 300m弱のトンネルとエメラルドブルーの水は見る価値がありますよ!!

Q.プライベートの山口さんの修行についていきたいのですが?

A.過去に冬山の雪の中走り続ける修行についてきた方がいましたが、

 両足がつって動けないのに、

 「動けなくていいから、前に進んで」とか

 「倒れててもいいから、動いて」とか意味不明なことを言われていたので、

 通常の神経の方はプライベートの山口修行にはついていかないほうがいいと思われます。

 余談ですが、本当にその方が動けなくなった時に、

 「このまま置いていったら死んじゃうだろうから、置いていかないけど、

  最終のバス(山奥のバス停で日暮れ時)に間に合わないからその場合は、

  タクシー代2万払ってね。」と伝えると、あれだけ限界と言って両足がつっていた方が

  動き出し、走り出しました。おかげで最終バス3分前に到着したようです。

 その方曰く、「2万払ったと報告した後の奥さんの顔が思い浮かべたら、動けた」そうです。奥さん恐るべし!

 


Q.人見知りして皆と仲良くなれるか不安?

A.わざわざ休みの日にこんなイベントに参加してくるユニークな方ばかりですから、
  
 きっと仲良くなれますよ^^安心してください!

 一人一人「私は変わり者」と思っている方ばかりですから(笑)



Q.UFOが見れると聞きましたが?

A.そうなんです!!丹沢はUFOの目撃多発地帯なんです。

 夜にUFOを見れたらいいですね!

 もしかしたらメンバーの中に宇宙人が紛れているかもしれません。


Q.たまにイベント等見ますが、いつもなめてますよね?

A.なめるもの、なめられるのもどちらも好きです。

 6月9日に産まれたので。。。
 
 気分を害したら、すみません。。。

 生まれてきてごめんなさい。。。

 こんなんで返答は大丈夫ですか?^^

 

Q.わざわざお金払って時間使って、無意味なことしなきゃいけないんですか?

A.お金の使い方は人それぞれかなと思います。

 私はいつも金色の衣装とか、海外の旅に使っています。

 色々な価値観の方がいて、色々な物を購入するから経済が回っていくような気がします。

 無意味のことも実は意味があるかもしれませんが、ないかもしれません。

 うーん、卵が先か鶏が先か。


Q.内容の詳細は秘密ですか?

A.はい。秘密のアッコちゃんです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日変態行の備忘録

2016年06月15日 | 
1日変態行の備忘録として。


◯自分の苦手なもの、恐怖だったことを克服、打ち勝つ、乗り越えるとプラスの感情と自信ができる。


◯ある事象に恐怖をいだいているという場合は、過去の経験、教育などからきている。何故そのような感情になるのかを掘り下げていき、根本になったことを分析して、書き換えることで私は変わる。

例 暗闇に対しての認識など

別世界の住人に対してのイメージなど


◯動物も基本的には人を襲いたくはない。

こちらの存在を教えることで、見守ってくれる。と私が勝手に思っている。

  万が一戦いを挑まれた場合は、身体が勝手に反応してくれるはず。
 
  闘いたくはないけど、万が一の準備とイメージトレーニングは必要。




◯森を通過する場合は、通らせていただくという気持ちを持つ。そこは様々な生物達の家だから。




◯気を張って動いていると通常の3倍〜5倍は、エネルギーを消耗する。




◯自分と同じ行動をした方がいると、心のエネルギーが回復する。




◯不退転の覚悟を決めると、私はゾーンに入り空腹やエネルギー消費という概念が消える。

 後半の10時間はほとんど飲まず食わずで行動。体重が5kg落ちるが、身体と心は元気。




◯気分悪く吐いても調子良くなっていったのは、「酔拳」を見て形成された概念のおかげ。




◯色々考えられるのは、まだまだ余裕ということ。顕在意識での思考が減り、なくなることで潜在意識からの声が聞 こえてくる。場合によって人は、天の声などというのかもしれない。
 忘れないようにメモを取りたいけど、そんな余裕もないのが難点。




◯孤独な時に同じ行為をしている人に出会うと心のエネルギーが増す。

◯「もう嫌だ、限界」と言っているうちは、まだ大丈夫。そんな状態を楽しむ自分も存在している。

〇雪道になったり、困難なところが続いてくると力が湧いてくる。
 
 自分にとっては、ちょっと危ないくらいが安全。

◯何も考えず、考えられず、ただただ感謝の気持ちが溢れて涙する状態がある。

○どんな時も謙虚な心とアホな心を忘れてはいけない。

○下山で雪で滑って楽していこうと調子に乗ったら痛い目にあう。

○大砂走は最高に楽しい。足が車のようで御殿場5合目まで一気に下れる。

○丈夫なつり橋が目の前にあっても、遠くにボロボロの木の橋があったら、そちらに行きたくなる。

○昼間の森と夜の森では、様子がまるで違う。

○精神的限界を超えて、生理的限界にいくと足が何もしなくても激痛で熱い。立っていられないほど。

○修行後は興奮して寝れないので、神経を鎮めるための手法をいくつか用いる。

〇年に2~3度はこうした一人できつい修行をすることが必要。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日変態行

2016年06月12日 | 
 バースデー休暇でバカンスへ行ってきました。

*写真が横になっています。写真見られる方は首を横にお願いします(笑)

太陽が沈み辺りが暗くなった頃、富士山駅に到着。



着替えて、1人意気揚々と真っ暗闇の森へ散歩。

横の藪から気配を感じ、ライトを向けると光る目が無数。

いつの間にかシカさん達に囲まれている。

サバイバルの先生から、熊さんとイノシシさんに襲われた時の対処方法は習ってきましたが、シカさんは想定外。

(ちなみに私用のアドバイスとして、熊さんは最初の攻撃を交わした後に巴投げ。イノシシさんは、突進される寸前にザックを目の前に置き、逃げる。ちなみに柔道30年くらいやって巴投げで人を投げたことはないです。)

シカさんをシカトするわけにいかず、同じ地球の住人として挨拶をしてみることに。

昭和50年代生まれの柔道家達のバイブル「柔道部物語」を持参していたので、

ザス、サイ、サッと挨拶してみると、
(9割9分の方は分からずにすみません。)



ささっとどこかに行く。さすが教典の言葉。

次に別世界の住人が遊びに来る。

こちらも名言、

「俺ってストロングだぜ〜」

「俺ってバカだぜ〜」

「俺って変態だぜ〜」


と言うと、「フフッ」と笑われてどこかに行く。

さすが青春の代名詞。

おしっこちびりそうになりながら、35回くらいは引き返そうと思ったけど、

「辛抱、我慢、辛抱、我慢、辛抱、我慢」

と言い聞かせて夜中散歩して何とか森を抜けて富士山6合目へ。

普段、こういった修行の際にはお腹が空くことはないのに、

今回ばかりは驚くほどエネルギーを消耗しました。

苦手な暗闇の中でずっと気を張っていたんだと痛感。

そして、誰もいない登山道をひたすら上に。

あろうことか高山病になり、ビニール袋片手に登っては吐いて、休んでは吐いて。。。

「吐けば吐くほど強くなる!!」

ブルースリー先生の教えが頭の中に蘇り、復活!!

ラストの雪道も何とか通過して、ご来光時間3分前に富士山頂へ到着。



恒例の狛犬さんへのお酒を飲ませて、


記念撮影。

毎年、富士山でイベントを企画して無事にできているのも

様々な力が働いてこそ。ご来光と富士山頂にいるという

ただそれだけで涙が溢れてくる不思議な感覚。

そして、そのまま次は御殿場口をダッシュで駆け降りる。



あれだけ不調だった身体も高度が下がるとともに回復。

完全に身体がゾーンに入り、水も食料も不要で、

感覚が研ぎ澄まされて精神が肉体を凌駕した領域へ。

ラスト18Kmの御殿場駅までの道も気持ちよく走り、ゴール。



14時間、計50km超の一日変態行。

何はともあれ苦手な暗闇が克服できて良かった^_^

富士山周辺に住む皆さん、

富士山さん、いつも素敵な経験をありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加