Blogout

音楽全般について 素人臭い能書きを垂れてます
プログレに特化した別館とツイートの転載もはじました

私の愛機 [7] ACUSTIC REVIVE RTP-6(Tap)

2005年09月20日 23時33分30秒 | PC+AUDIO
 電源タップでも音はかわります。うちでは今年の初め頃、それまで使っていたYTP-6をRTP-6にリプレースしましたが、以下はその時の印象を某掲示板で書いたものを多少改変したものです。

 これまで数年間愛用していた電源タップYTP-6をRTP-6にリプレース。さっそく聴いてみたが、そもそも同じメーカーだから出方としてはけっこう似ている感じ。一応、オヤイデだのサエクだのの自宅の残っているタップをこの際だからと持ち出してきて比較したんだけど、アコリバはどちらも共通して、聴感上のSN比か上がり、同時にシャープで高解像度な音になるような特徴があると思う。
 ただ、RTP-6の方は3kgという物量を投じたアルミのシールドと重量が効いているせいなのかどうか、YTP-6と比べても、一聴してシンバル類の抜けが良くなり、全くといっていいほど歪み感がなくなるのが印象的。後、もう少しハイスピードでソリッドな質感かとも予想していたのだけど、そのあたりは意外にも美音系というかエレガントな音を出して来たのは、うれしい誤算。ヴォーカルなど極めてナチュラルだし、低い方もけっこう量感が出て安定感も増す....という感じですかね。(2005/1/15)

 購入したRTPは2台、新版のRTP-6evolutionとオリジナル版のRTP-6です。2台とも新しいevolutionでないのは、買ったのがオークションだったから、人気の高いRTPはオークションでかなり高値がつくので、どっちで出たら入札に参加はしたんだけど、ゲットできない状況が続いたので、とりあえずRTPであればどっちでも良かったという感じ。
 これをデジ・アナ分離で6evolutionをアナログ、オリジナル版をデジタルにして使ってますけど、デジ・アナ分離の効果というのは、まぁ精神安定剤ていどでしょうか。そんなに劇的な効果はないです。パワー・アンプは壁コンから直付けした方が良いというセオリーがありますが、うちの場合タップにつなげかえる方が、すっきりとした整った音に感じるので、このところパワー・アンプもタップか給電してます。
 ちなみに、これまで使っていたYTPは細長く軽いんで、MITのような堅いケーブルをあれこれ刺すと転倒して精神衛生上あまりいい気がしなかったんですが、RTPは四角い箱で重量も安定性それだけでもいいです。ついでに書くとRTPのオリジナルの方はevolutionのようにスパイクないので、なんか寂しくなってインシュレータのかわりに、フラットタイプのバーベルの錘を2個、ブチルでダンプした上での底面にくっつけて強化版にしました(外見的にもなかなかカッコ良いぞ)。トータル5kg!。安定度抜群です。Magunum6本さしても微動だにしません。ざまぁみろって感じ(笑)。(2005/1/18)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私のジャズ遍歴 | トップ | ハイドン交響曲第8番『夜』... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Puedo Tomar Viagra Con 18 Anos (DavFultide)
2017-07-09 13:22:10
Non Prescription Zyvox 600 buy cialis Viagra Foto Divertenti

コメントを投稿

PC+AUDIO」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事