Blogout

音楽全般について 素人臭い能書きを垂れてます
プログレに特化した別館とツイートの転載もはじました

ブラームス セレナード第1,2番 他/ボールト&LSO,LPO他

2006年11月16日 23時00分56秒 | ブラームス
 この2ヶ月聴いた数少ない初物のひとつ。ボールト、LPO、LSOという純英国コンビによるセレナード2曲と、ハイドン・ヴァリエーション、大学祝典序曲、悲劇的序曲、アルトラプソディーを収めた2枚組のブラームス集だが、お目当ては当然2つのセレナードということなる(アナログ時代によく聴いたジャネット・ベイカーをフィーチャーした「アルトラプソディー」も懐かしいが)。

 ボールトという英国の指揮者のことはあまり知らないのだが、この演奏の印象としては重厚かつ安定感があり、虚飾を排した質実なブラームスという印象である。それまで聴いていたケルテスとLSOの演奏がこの曲のBGM的な嬉遊性にフォーカスしたものだとすると、ボールトは明らかに「交響曲作家ブラームス」に相応しい偉容だとかスケール感をこのセレナードにも求めているような感じなのだ。具体的には第1番第1楽章など「英雄」を思わせる壮麗さを見せるし、やはり第2番第1楽章などケルテスのさっそうとしたテンポに比較すると、異様なほどに遅さに驚いたりもして、両者の違いはかなり鮮明、なかなかおもしろい聴き比べとなった。

 そんな訳で、この曲に北ドイツ的なブラームスらしさを求めるならボールト、一風変わったロマン派風のセレナードとして曲を単体として楽しむならケルテスという感じだろうか。いずれにせよ、一長一短ではある。ただ、まぁ、iPodにボールトの演奏が入っていたら、通勤途中に聴いてあんな感じで耳に馴染んでいなかったとは思う(笑)。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この2ヶ月の間に聴いた音楽 | トップ | FFXI <戦ナ75,暗47,侍40,忍3... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようやく復帰ですね (望 岳人)
2006-11-17 20:40:05
こんばんは。ずっと長期出張中の表示で、台湾方面に長期で行かれていたのかと思っておりました。

これから書かれる記事も楽しみにしております。

確か『巨匠神話』か『指揮台の神々』かで読んだと記憶があるのですが、ボールト(ボウルト)のブラームスは、何か別格のような扱いを受けていたと書かれていたように思います。図書館で読んだのでうろ覚えですみませんが。
re:ようやく復帰ですね (BlogOut)
2006-11-20 23:48:40
 望さん、ごぶさたしてりました。
 台湾豪遊だったらうれしいところだったんですが(笑)、完全に仕事の研修でして、Blogという気分にはちょいとなれないくらいに、あれやこれやと課題満載、詰め込みすぎな二ヶ月でした。

 ボールトのブラームスは交響曲全集を購入済です。今のところ未聴のブラームス交響曲全集という、これの他にもマゼール&CO、ヨッフム&LPO、サバリッシュ&フィラデルフィア、デイビス&BRSO、バルビローリ&VPO、ムーティ&フィラデルフィア、シャイー&ACOなどなど沢山ありまして、一体どのくらいレビュウできるかよかりませんが(笑)、これからもよろしくお付き合いください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL