Aqua's Blog

アクアのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

放鳥コウノトリ1羽が「自活」、野生化へ第一歩

2006-12-24 15:45:19 | ニュース

 兵庫県豊岡市で昨年9月以降、放鳥された国の特別天然記念物コウノトリ14羽のうち、3歳の雌一羽が「自活」しているのが確認された。
 残り13羽は同市の県立コウノトリの郷(さと)公園に舞い戻って飼育用の餌に頼っているが、この雌だけは、約8キロ南の田園地帯でドジョウなど自然の餌を食べている。
 同公園の大迫義人・主任研究員は「野生化への第一歩。今後は、社会性をどう身につけるかが課題」と話している。
 田畑や水路でバッタやドジョウなどを探して食べ、夜は電柱の上で眠っている。
 小学校の児童らが造った湿地帯などのビオトープ(生物生息空間)へも飛来し、餌をついばんでいるという。

野生化して、どんどん産まれると良いですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加