ウェブプロデューサーの日記
Webプロデューサーの日記:仕事のこと、アイデアメモなど
 



ニュース:ITmediaニュース(2005.1.14)
「キャンパスノート」30周年で復刻版発売
コクヨ - ニュースリリース
「キャンパスノート」が誕生から30年


思わず懐かしいなと思ったニュースをひとつ。
キャンパスノートの復刻版が発売とのこと。

学生の頃は、学科ごとに色ちがいのノートを使ったり
表紙のちょっとしたデザインや、罫線の幅などにも
こだわって選んだりしました。
学期や学年が変わると新調してうれしかったり。
キャンパスノートは、2代目・3代目あたりを
よく使った記憶があります。
勉強が好きだったわけではないけれど
ノートをまとめることは好きで
授業中は黒板や先生の話をメモ書き、
後からのんびり「まとめ用ノート」に清書して
自分だけのノートを作っていました。
あの頃は時間だけはたっぷりあって
色ペンを使ったり、レイアウトを考えて記述したり。
ノート作りが一番の勉強法だったように思います。

PCを使うようになって、「文字を書く」こと自体が
少なくなってしまったように感じるけど、
「書いて整理する」「書いて覚える」という方法は
今の仕事にもとても通じ、役に立っているように思います。
私の場合は、アイデア出しの時も筆記用具が欠かせず
手を動かすことで、思考も働く感じ。
提案書を起こす前にも、骨子やラフをざっと手書き。
デザインを起こす時も、まずは紙に描く。
書くことで頭が整理され、考えを視覚化することで
ゴールが明確に見える。
いきなり画面に向かうより、効率がよいのです。

ノートに最初の一文字を書く時に感じた
ちょっとの緊張感とワクワク感。
それは今、真っ白な紙に向かって
新しいものを考え出す時の気持ちと繋がっているのかも。
久しぶりにキャンパスノートを開いてみたくなりました。


○お気に入りの手帳はこちら
← 「来年の手帳」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ソラホデリ 「あれから10... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
復刻版キャンパスノートのブログ考察(3) (音録記)
果てしなく続くキャンパスノートに関する記事、飽きるまで続けます。復刻版の発売はま
 
 
 
コクヨの「キャンパスノート」 (WINTER WONDERLAND -洋楽、映画、読書&プチ投資-)
文房具が好きです。「コトバ」を使う生き物である人間にとって必要不可欠な道具とも言えます。だからこそ、そこには様々な工夫とアイディアが投入されていますし、使い手としての思い入れも深まるというもの。というわけで新しく「文房具」のカテゴリーを作ってみました。何