クレジットカード

20年位前 WINDPW95が発売されたされた。
この頃、米国はクレジットカード社会。

脳が「日本語の思考法」から、英米人の「ネイティブ思考法」へ切り替わります

2017-06-02 08:51:34 | 日記
ちょっとした工夫で劇的変化が

「英語学習に王道なし」と言われるとおり、確かに上級者に登りつめるには地道な努力が必要です。でも、ちょっとした工夫で大幅な変化を得ることができます。

それは、英語を「返り読み」せずに「英語の語順」でセンスグループ(意味のまとまり)ごとに理解していく方法です。

この方法でトレーニングすると、脳が「日本語の思考法」から、英米人のような「ネイティブ思考法」へと劇的に切り替わります。

「ネイティブ思考法」が上達のカギを握る

日本人には、英語を読む時、英語を「日本語の語順」に置き換えて「返り読み」する悪習があります。

ゆっくり読解する時間があればこれでも構いませんが、リスニングの場合は次から次へとセンテンスが流れてくるため、「返り読み」式理解をしていてはスピードに追いつけません。

ある程度の上級者であっても、「返り読み」を克服していないためにTOEICスコアが頭打ちになり、壁を感じている人が多くいます。

この「返り読み」を克服しない限り、本物の英語力は決して身に付きません。つまり、英語を「英語の語順」のまま理解する「ネイティブ思考法」が、劇的な英語上達のカギを握るのです。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたと性格の合う結婚相手... | トップ | あなたの結婚力を診断 約4万... »

日記」カテゴリの最新記事