さこういっぱく

「左後一白」は名馬の証です!

そんなに甘くなかった・・・惨敗

2016-09-19 | 今日のコメント
★カルヴァリオ
9/18(日)中山・レインボーステークス(芝2000m・混)黛弘人騎手 結果9着

「テンから前を行く2頭が引っ張る展開で、無理に追いかけないよう宥めながら
乗ったのですが、壁を作って運べなかったことで道中は力みがちに走っていた
ように感じます。向正面でレッドシャンクスが動いた際、また内からカレンリ
スベットがポジションを上げてきた際も、ハミを噛んでしまってフワッと抜か
せることができませんでした。函館では2000mをこなせたものの、坂のある
コースや距離については今日だけでは判断できかねますが、滞在競馬と違って
レース前からテンションが高い点は今後も課題になってくると思います。
人気に支持してもらっていたのに、カルヴァリオの力を発揮させてやることが
できず申し訳ありませんでした」(黛弘人騎手)

@カルヴァリオ
見事に人気を裏切る結果となりました。パドックでも煩かったし、レースも
スタート直後から気の悪いところを出してしましました。それでも黛君が
何とかなだめながら上手く乗ったと思います。直線向くころも追い出しを
かなり我慢して、手応えだけなら突き抜けるかと思いましたが、パタッと
止まってしまいました。やはり気の悪さが悪影響しているのでしょうね。
それから距離もあると思います。北海道で2000mで勝ったとはいえ、
平坦コースでしたし、本来はマイルが適距離かと思います。次は距離短縮
でお願いしたいと思います。兄イオラニも短距離が適正ですし、同じ
マツリダゴッホ産のロードクエストもマイルがベスト。そんなことを考え
ると、カルヴァリオもマイル路線を進ませた方が良さそうに思いました。
兎に角、次に仕切り直しです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛馬情報(ノルマン&シルク) | トップ | 居場所 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴッホ産 (鈴鹿)
2016-09-20 13:15:32
古い記事にコメントしてしまい、すみません。
(ブックマークのミスです…)

カルヴァリオは騎手と調教師のコメントのままですね。
初コースも影響したんでしょうね。
マイル路線で改めて期待しましょう!

ゴッホ産駒が短距離路線とは思えませんが、
今のところ、実績ある産駒がそちらによっているので
あれば、その方が良いでしょうね。
年齢経ればまた変わるでしょう。
一先ずうちのGサッシュとの対決はなさそうですねw
Unknown (けんじ)
2016-09-20 14:08:26
マネーチャイルドさん、こんにちは~
う~ん、こっちに廻って必勝と思っていましたので私も残念な気持ちでした・・

黛君もストレスなさそうな良い位置で運んで4角でも内からのカレン(蛯名)を強気にブロック出来たので、そこから一伸び!快勝が見えたのですが・・
やはりゴッホ産駒には難しいところがあるのでしょうね。
まあ、まだ3歳。この時期のこのクラスは立派の一言。(笑)
次走以降期待です!
鈴鹿さんへ (マネーチャイルド)
2016-09-21 18:21:13
非常に残念な結果でしたが、気性を含め常に不安が付きものでしたので、
今回はその不安が的中してしまった感じです。
私も出資当初はゴッホ産なのでそれなりに距離は持つと思ってました。
しかも母父ペンタイアですので尚更です。
が、どうやらゴッホ産は総じて距離が短いように思います。
実際データもそれを示しており、芝では1530m、ダートでは1370mですからね。
カルヴァリオもこのデータには逆らえないのかもしれませんね。
けんじさんへ (マネーチャイルド)
2016-09-21 18:26:03
私も相手関係を見ても、ここは通過点だと思っていました。
ただ、気性の悪さを出してしまい惨敗。
黛君もよく乗ったと思いますが、あれだけ気の悪いところを見せると正直厳しいですね。
また、ロードクエストもそうですが、カルヴァリオもマイルが適正かと思います。
成績は似ても似つかないほど離されてますが、
血統などは本当に似ていると勝手に思ってます。
同じゴッホ産だし、母父も日本ではあまり活躍できなかった種牡馬。
ブラックタイプも少ないところも似てました。
ですので、距離適性も似てるように思います。
次に期待します。少しでもクエストに追いつきたいです!

コメントを投稿

今日のコメント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL