『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』(木犀社)

著者、梅田英春による本とワヤンに関するひとりごとブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12月は一座恒例の光塾公演です

2013-10-30 | イベント


 またまた12月が近付いてまいりました。12月といえば師走、師走といえば光塾での恒例ワヤン!今回はスタソーマ物語の前半部分を上演します。
 この演目はかつて沖縄の浦添美術館、山形県小玉川で上演したことがありますが、前半部分を東京で公演するのは初めてかもしれません。仏教と深くかかわるスタソーマ物語はバリのワヤンの演目としては異色かもしれません。私はほとんどその演目を見たことがありません。それほど観客にとってはなじみのない物語なのです。
 しかし私たち日本人からみれば、実はラマヤナやマハバラタといったインド古代叙事詩よりもずっと理解ができる演目だと思います。ただし、猛烈な激戦がある演目ではないことから、派手さにはかけるかもしれません。そういう意味で「アダルト向け」な演目です。
 チラシが仕上がりました。今回も一座のH氏がチラシを担当です。自主公演のチラシ担当の地位を確立しつつあります。チラシを見ると、登場人物の人形がわかる、というのもわたしたち一座のチラシの特徴です。
 容姿端麗なスタソーマのほか、象の顔をした魔物や、竜や虎が登場するスタソーマ物語前編。定員は毎度ですが各回45名です。お早目にご予約くださいませ。

上演:ワヤン・トゥンジュク梅田一座
   ダラン:梅田英春  演奏:グンデル・トゥンジュク

日時:第一日 12月6日(金)  19:00開場 / 19:30開演
   第二日 12月7日(土)  14:30開場 / 15:00開演

会場:光塾 定員45名(椅子席22席、桟敷席23席) 全席自由
(JR渋谷駅 新南口から徒歩1分)
   会場では履物を脱いでお入りいただきますのでご了承ください。

料金:一般2,000円 / 小中学生1,000円(前売・当日共)
   未就学児無料

11月2日(土)午前0時より受付開始です。
お申込・お問い合わせ: ワヤン・トゥンジュク予約センター
            e-mail: wayang@mbf.nifty.com


●Emailでのお申込みは、件名に「ワヤン予約」とご記入の上、本文にお名前、電話番号、希望公演日、希望枚数、椅子席ご希望の方はその旨を記載してお送りください。折り返し、確認のご連絡をさしあげます。
●お申込み、お問い合わせは12月5日までとさせていただきます。
●定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松で「クンバカルナの戦死」を上演します

2013-10-01 | その他
ラマヤナ物語の演目の一つ「クンバカルナの戦死」を久しぶりに上演します。今回は地元である浜松のアクトシティ浜松音楽工房ホール(浜松市楽器博物館2階)にて、楽器博物館レクチャーコンサート2013 vol.153として上演します。
 実はこの公演、私が浜松に赴任することがわかる以前から決まっていて、当初は沖縄から公演に浜松へ来る予定でしたが、まさか地元の浜松公演になるなんて当初は考えてもみませんでした。本当におかしなものですね。
 この演目はラマヤナ物語の中でも結構「重い」演目の一つです。戦争の空虚さ、悲惨さを語るだけでなく、なぜ戦わなければならないのか、いったい誰のだめに戦かうのか、などいろいろなテーマを持つ物語です。ダランによりそれぞれの解釈があり、上演も少しずつ異なります。私もこの演目は長いこと上演してきていますが、今回も自分なりの新しい解釈を加えています。
 今回は浜松バージョン。ちょっとだけ趣向を凝らしています。演奏は今回、初めてワヤン演奏に挑戦する大阪のガムラングループ「ギータ・クンチャナ」。リーダーのEちゃんとはもう10数年来?のガムラン仲間です。元気のいいグループですから、きっとワヤンも白熱します。皆様、ぜひおいでくださいませ。そして、この演目になくてはならない(?)高田渡《自転車に乗って》のサビを一緒に歌いましょう!(訳が分からないですね…)

日時:10月14日(月) 祝日 開場13時30分、開演14時
場所:アクトシティ浜松音楽工房ホール(浜松市楽器博物館2F)
料金:一般2,500円、学生1,000円、幼児500円

学生料金1,000円というのはお得ですね! 静岡文化芸術大学、静岡大学などの学生の皆様、ぜひおいでください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜でワヤンの公演があります(8月7日)

2013-06-01 | その他
 2013年8月7日に横浜みなとみらいホール屋上庭園にてワヤン・トゥンジュク梅田一座によるワヤン上演が行われます。
 詳細は以下のちらしをご覧ください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ製作中!

2013-05-08 | その他
 わがワヤン・トゥンジュク梅田一座は、現在、ホームページ作成中です。なんだか、ありがたいことにいろいろな所から問い合わせがあり、やっぱり真面目にHPを作ろう、ということになりました。今月中に公開できるようにがんばります。
 なお、一座の公演は、これから7月(藤枝)、8月(横浜)、10月(浜松)、11月(大阪、もしかすると浜松)、12月(東京)とほぼ毎月続きます。12月の演目は今月中に決まります。乞うご期待!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡で「天女スプラバ使者に立つ」を上演します

2013-02-14 | イベント
表面

裏面


 昨年末、渋谷の光塾で二日間上演した「天女スプラバ使者に立つ」の静岡公演のお知らせです。
 アトリエみるめ、実にワヤン上演にぴったりな大きさ。倉庫を改装した小劇場で、昔の音工場Hanedaを彷彿させます。もう少し大きいですが。前回よりバージョンアップして「はじけます!」。今回は移動がスムーズにできるように60名程度を定員にしています。
 静岡の方のみならず、東京から、浜松から、名古屋から、大阪から、はたまた沖縄から、皆様がいらっしゃるのをお待ちしております。

日時:2013年3月16日(土)
    13:30開場、14:00開演(16:00頃終演予定)
会場:アトリエみるめ(定員60名、全席自由)
   静岡駅北口からバス、あるいは南口から徒歩でも行けます(15分程度)。
料金:一般=前売 1,500円、当日2,000円
小中学生=前売 500円、当日1,000円
未就学児=無料
お申込・お問合わせ ワヤン・トゥンジュク予約センター
wayang@mbf.nifty.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バリのワヤン、名古屋・浜松公演のお知らせ

2013-01-06 | イベント
表面


裏面


2月に名古屋と浜松で続けてワヤンの公演を行います。

出演:ダラン(人形遣い・語り)~ 梅田英春
   演奏(ガムラン)~サンディア・ムルティ

●名古屋公演
 日時:2013年2月2日(土)13:00開場、13:30開演
 会場:5/R Hall & Gallery
料金:前売 3,000円/当日3,500円(全席自由)
 予約:etcoucou@gmail.com
tel: 090-4447-1835(青山)

●浜松公演
 日時:2013年2月3日(日)18時30分開演
 会場:浜松市楽器博物館(楽器博物館天空ホール)
 浜松公演は、約1時間のダイジェスト版公演です。
 開演前にバリのワヤンに関する解説を行います。
 
 料金:入場料1,000円(全席自由)
    ワヤン鑑賞のみは、楽器博物館の入館料は不要です。
 予約等:浜松市楽器博物館 tel: 053-451-1128
浜松市文化振興財団オンラインショップからも購入可
     http://www.hcf.or.jp/shop/ticket.html

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンケートご協力へのお礼

2012-12-12 | その他
 このたびの公演に関しまして、メールを通じてアンケートをお願いいたしましたが、多くの方々にご協力をいただくことができました。本当にありがとうございました。皆様にお書きいただいたアンケートに勇気づけられたり、反省したりすることが多々あります。来年の光塾の公演に生かしていきたいと思います。重ねてお礼申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうございました、そして次回予定は…

2012-12-11 | イベント
 先週末のワヤン公演、無事終了しました。いらしてくださった方々、本当にありがとうございました。また予約がとれなかった皆様、また渋谷の光塾では来年も同じ時期に開催を予定しています。今のところ、来年の同じ時期に開催するつもりです。毎年、楽しみにしていただける上演になるよう精進していきたいと思います。

 今回は、二日目の方が20分くらい上演時間が長かったでしょうか。私のワヤンは台本によってセリフを決めている部分と、完全にその場の雰囲気に合わせてアドリブで進行していく場面を交互に織り交ぜていますので、どうしても時間に違いが出てきます。一日目は地震もありましたし、やはり7時半開演でしたから終演時間も気になりました。光塾は上演中、右を見ると壁に大きな時計が掛かっているんです。時計が「ほら、ほら。間延びしちゃだめよ」って語りかけてくれるのですね。

 次の私ども一座の次の上演は、3月16日(土)、静岡公演の予定です。演目は今回と同じ「スプラバ使者に立つ」。その公演の前には、ガムラングループ「サンディア・ムルティ」と行うワヤン公演が2月2日(名古屋)、2月3日(浜松)であります。この演目は、「アルジュナの瞑想」。ということで、名古屋か浜松の公演を見ると、続きのお話が、静岡公演の「スプラバ使者に立つ」ということなり、中部地方から東海地方へ、西から東へと演目が続きます。中部地方、東海地方にお住まいの皆様、是非両方いらして下さい。サンディア・ムルティのバテルと、わたしども一座のグンデル・ワヤンは、ガムラン編成もぜんぜん違いますから、演目だけでなく音楽もお楽しみいただけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日が初日です

2012-12-06 | イベント
 とうとう明日が初日です。歩きながら、電車に乗りながら、お風呂に入りながら、とにかくセリフや表現のことばかり考えて結構、「危ない人」になってます。ついでに人形操作する手まで動いてるし。外から見るとかなり「怪しい」で。
 今さらって感もあるんですけど、明日の演目って、パンダワのエロ男アルジュナとラクササのエロ魔ニワタカワチャの対決なのではないだろうか、と解釈するようになってきたわけです。やあ、やっぱちょっと違うなあ。それだとR15指定になるしなあ。そんなこと考えながらもうこんな時間。ほとんど机の前に座ってボーッと妄想して1時間以上が経過します。
 とりあえず寝よう。明日の舞台はガムラン音楽も入れると2時間ノンストップです。1時間35分はセリフをしゃべり、人形操作を続けます。ちょうど一コマ分の授業時間です。出席カードは配りませんが、アンケートという名のコメントペーパーあったっけ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンセル待ち終了です

2012-12-03 | イベント
 今週、7日(金)、8日(土)に渋谷光塾での公演予定のワヤン「スプラバ使者に立つ」のキャンセル待ちは終了いたしました。あしからずご了承ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加