世捨猫のマンドク生活

~ Cat's my Life ~ 未だ見ぬ何かをもとめて・・・

奥石廊崎 ユウスゲ公園

2017-05-17 15:16:34 | アウトドア
龍宮窟へと行った後、せっかく下田まで来たのだからと、お隣にある南伊豆町へ。
石廊崎を巡るには時間に余裕がないので、その先にある奥石廊崎までやって来た。

伊豆の最南端をはしる、県道16号線。石廊崎の入口に位置する、石室トンネルを
通過し、さらに西へ進んでいくと、ユウスゲ公園の駐車場へ到着した。 →地図←
ユウスゲ公園 駐車場 ユウスゲ公園 案内板
伊豆西南海岸として国立公園にも指定されている、奥石廊崎一帯の海岸線。
その一角に池の原とよばれる丘があり、そこに作られたのが、この公園だ。

車を降りると、ものすごい突風に襲われた。ゴゥゴゥと風が吹きすさぶ中、
階段を登って丘の上へと向かう。ちなみに駐車場からのルートは、2つあり
こちらは駐車場の後ろから続いている道。(もう1つは駐車場横から続く)
ユウスゲ公園 ユウスゲ公園
階段を上りきると遊歩道が左右に分岐している。とりあえず
右側のエリアが近いので、そちらから行ってみるとしよう。

公園南側の広場。こちらには、愛の鐘をリニューアルした、出会いの鐘なる
モニュメントと、ごていねいに撮影用のカメラスタンドまで設置されていた。
ユウスゲ公園 ユウスゲ公園 カメラスタンド ユウスゲ公園 出会いの鐘

360度を見渡すことのできる高原だが、やはり一番は西側の景色か。
左下に伸びているのが、大根島。中央やや右奥にある島が、君掛根
その島の後ろに見えている陸地が、千畳敷がある、三ッ石岬となる。

続いて分岐左側のエリアへ。こちらの方が、もう一段高い丘になっている。
強風の影響からか途中に生えている木も、横たわった感じで成長していた。
そんな木の後、階段の手前で、駐車場から続くもう1つのルートと合流する。
ユウスゲ公園 ユウスゲ公園 ユウスゲ公園
東側の広場。こちらの方が広いが、とくに、これと言ったものは無い。
ちなみに、公園の名前にもなっている、ユウスゲの開花時期は夏なので
6~8月に訪れれば、ユウスゲの咲きほこる姿を見ることができるだろう。

あいあい岬へ進む
『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 智者山 智者の石 | トップ | ITの最先端を行くコラボ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL