やっつけ映画批評!

主に映画を
あらすじを1行で!
ネタバレ無しで!
簡潔に魅力(たまに罵詈雑言)を!
お伝えするやっつけ映画批評!

アズミ・ハルコは行方不明/40点

2017-06-18 21:03:17 | 映画

田舎のださい若者が行方不明者の顔のグラフィックアートスプレー落書きを始める...。



2016-100分映画です。
監督31歳松居大悟さんですか...。
なるほどなあ。


幼い記憶の関係は呪いにもなる、
という地方都市の呪縛的関係を表現してるのはわかるんだけど、
(昔の友達と遊ぶ時、昔と同じ遊びはその歳ではできないんだけど、関係も社会的地位も色々変わってしまって付き合い方わからねーけど地縁で一緒にいる、という呪い)

出てくる人出てくる人がアホばっか。
「やばい、やばーい」連呼して若者の言葉表現するのわかるけども、
逆に「どう?いまどきの若者の言葉?ケッコー表現できてるっしょ?」
が鼻につくし、

そもそも馬鹿ばっかりでイライラするわ〜
スプレー悪戯書きって犯罪なのわかんなかった?笑
どんだけアホなの


その他数多いるクソみたいな奴らにわかりやすい処罰ないし、
真面目な人がアホ見ちゃってるから、
ムカついたままエンドロールなっちゃうのよねえ。

画面でものすごい事態が進行しながらのSNSやりとりタイトルとか、、
とか?それだけか笑

は今風でいいんだけど、


タダでさえ邦画の欠点である声がちっちゃい問題にムカついてる中、さらにひそひそ話とかすんなや!
と怒り心頭なるし、

時系列バラバラのパズル的編集もミステリーサスペンス要素ないから空回り&分かりづらいだけだし、

せっかく蒼井優、高畑充希ら実力派呼んでるのに、
なにあのクソダサいスローモーションカットによる劇的心情変化描写は...。とほほ...


あーあ、
有り余る富を持った金持ちの作った学生映画の域を出ない、残念作品でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | ニューヨーク 眺めのいい部屋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL