ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課

みんなで買おうプラモデル!おじさん艦隊発進!

1/700スケール綾波でジオラマを作る

2015年12月31日 | 時々通信

今年は、ここ数年ではプラモデルを一番製作したんじゃないかなと思う1年でした。

こういった動画を見て参考にして来年は、ジオラマに挑戦してみたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォーターラインシリーズ夢のような年だった?1979年

2015年12月30日 | 時々通信

=1979年モデルアート7月号=ホビーショーでのウォーターラインシリーズの紹介ページです。

1979年(昭和54年)は、艦船モデラーにとっては特別な年になったであろう出来事がありました。

なったであろうというのは、わかまる自身、読んでいた情報源と言えば、少年ジャンプ、学研の学習雑誌、友達の家で見る「丸」など、模型に関する情報は皆無な日々で、知る由もなかったのです。今になって思うことを書いております。

この1979年は、久々にウォーターラインシリーズの新製品がタミヤさん、フジミさんから発売されて、艦船モデラーを喜ばせてくれました。

さらにホビーショーでは、アオシマさんからは「キエフ」「ミンスク」「迅鯨」「長鯨」、タミヤさんからは「ミッドウェイ」「靖国丸」、ハセガワさんからは「エンタープライズ」「明石」、フジミさんが「ニミッツ」「伊良湖」の開発が発表され、ウォーターラインシリーズの未来への希望あふれる年になったのです。

これだけの開発発表は、どれだけの艦船モデラーを喜ばせたことでしょう!

翌年の1980年には、アオシマさんから「キエフ」「ミンスク」が発売されて、さらに本気度を再確認したことと思います。何しろ、一番可能性が低そうな、ソビエトの艦船が発売されたわけですから、「ミッドウェイ」「エンタープライズ」「ニミッツ」の発売は時間の問題だと思っていたと思います。

しかし、まてども発売されることはなく、ウォーターライン休眠期の80年代に突入をしてしまいました。

今年は発売されるんじゃないか?そんな期待感でウォーターライン冬の時代を乗り切ったモデラーが多かったのではないかと想像できます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かんたん航走波の作り方(箱庭技研)

2015年12月29日 | 時々通信

これいいなあ

買ってみたくなってきました。

今までは、パテを使って波だけを作ったことがありましたが、これは軟らかそうだし、透明感があるのでいい感じですね。

ジャックス すけるくん 200g

ジャックス すけるくん 200g
価格:1,263円(税込、送料別)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピットロード「ゆきなみ型4番艦 はるか」1/700

2015年12月28日 | 建造艦艇

このキットも遥か過去に作ったキットです。

ピットロードさんが2001年発売した架空艦「みらい」のキットです。漫画「ジパング」に出ていた海上自衛隊の護衛艦です。

そのキットには、ゆきなみ型4番艦「はるか」のデカールが付属していましたので、4番艦の「はるか」として制作しました。

「みらい」に搭載されていたヘリコプターの「海鳥」も付属されています。なぜか、この完成品には乗っていない・・・どこに行ったのだろう。

キットは、基本素組みです。プチ改造として、格納庫を左右拡張しています。

このような架空艦の設定に素早く反応してくれたピットロードさんには感謝ですね。しかし、もう14年も前になるんですね。

1/350も発売されていました。

マストは、塔型ではなく、トラス状と言うところが未来的ではないですが、こんごう型をうまく新しい護衛艦に仕立てています。

平面を多くした方が漫画も描きやすいし、塔型にした方がさらに楽だったでしょうね。。

アニメも放映されていましたが、中途半端なところで終了したので、完結までを再びアニメで放映してもらいたいものです。

未来の話を織り交ぜた作品と言えば「ファイナルカウントダウン」を思いだします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッドウェイ母港へ

2015年12月27日 | 艦写艦劇

日本近海を母港の横須賀に向けて航行する通常型空母「ミッドウェイ」

オータキさんからアリイさんに移った貴重なキットの「ミッドウェイ」です。

一時は、タミヤさんからウォーターラインシリーズとして発売の話もありましたが頓挫し現在に至っています。

一度は作っておきたいキットだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加