ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課

みんなで買おうプラモデル!おじさん艦隊発進!

タミヤ「ボーグ」1/700

2017年12月07日 | 建造艦艇

タミヤさんのアメリカ海軍空母「ボーグ」です。

作ったのは、いつも通り記憶にないくらい昔です。1997年発売なので、そんなところでしょうか・・・

この「ボーグ」は、ピットロードさんから、タミヤさんに移籍してきた異色の商品です。

移籍そのままキットとして販売はしておらず、一部部品をタミヤさん自身が作り直しての商品化なので、ピットロードさんとタミヤさんのコラボ作品といってもいいのではないでしょうか。

わかまる自身も、ピットロードさんの「ボーグ」を持っておりましたが、タミヤさんのキットは、艦載機も付属しているし、部品を新たにおこしているのでタミヤさんの方を先に制作をしたのを思い出します。

キット自体は、小さい船体に多くの機銃、艦橋はタイプを選択可、など製作にあたっては、たっぷり楽しめ、もう一度作ってみたいなと思わせる内容です。

カタパルトも備えて、これほど小さな空母でも戦力に寄与したのは、日本海軍の軽空母が目指さなければいけなかった。

カタパルト一つで艦自身の存在感がこうも、違いがでるなんて、小さなキットを手に取って見ると感じざるを得ません。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アオシマ「おおなみ」1/700

2017年12月03日 | 建造艦艇

2002年に発売されたアオシマさんの「おおなみ」

1番艦の「たかなみ」を買わないで購入をしたのは2番艦の「おおなみ」。

作ったのはもう10年以上前になるんじゃないかと思います。

1997年に発売された「むらさめ」のパーツを使い別パーツを付けて、上手に「たかなみ型」を再現しています。

ピットロードさんに比べるとモールドはかなりおとなしめです。

格納庫を、ピットロードさんの余剰パーツを使って再現したのが唯一の冒険です。

 スマートな船体に、大きな主砲が目立つ所が、かっこよさを演出しています。

この、「おおなみ」のキットを買ったときに一番おやっ!?と思ったのが、パッケージでした。

どこが、おやっ!?と思ったのかといいますと、「たかなみ」と向きが違えどそっくりなアングルにでした。

これって、反転しただけじゃないのか?

フジミさんの、「大淀」を思い出した

そんな疑念が生まれて、アオシマさんも業績が大変で安く済ますためにとった策なのか?なんて勝手に思いましたが、

「おおなみ」を反転してみると、この通り!

全然違うパッケージでした。アオシマさんごめん!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いずも」船体を組み立てた

2017年06月19日 | 建造艦艇

「いずも」の船体完成。

以前のウォーターラインシリーズキットでは、船体を作るといった行為は皆無でしたが、左右分割タイプが主流になってきた今では、船体を作るだけでも時間を割かなければいけません。

ハセガワさんは、桁に関してはウォーターラインシリーズでは先行をしているので、非常にがっちりとした桁を4ヶ所に備えています。縦だけではなく、艦尾に関しては横沖の桁まであって船体もガッチリと安定しています。

左右分割のおかげで、舷側の入り組んだ箇所のモールドも驚くほどいい感じに仕上がっていますね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「いずも」建造開始

2017年06月15日 | 建造艦艇

ハセガワさんの「かが」が発売になったばかりですが、我が海軍工廠では「いずも」の建造に着手しました。

「あしがら」といい、ニュースからの影響は否定できません。

大型艦は「日向」以来。

楽しみながら作っていきたいですね。

艦載機などは、事前に作り始めていましたので精神的にかなり楽です。(笑)

ボックスアートは、加藤単駆郎氏の作品です。

上田毅八郎氏が描くとどんなパッケージになっていたんだろう・・・なんて、つい考えてしまいます。

箱自体は、「日向」と同様かなりの腰高パッケージです。

高さはほぼ同じかな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「あしがら」完成!

2017年06月11日 | 建造艦艇

アオシマさんの「あしがら」が完成しました!

作りやすいキット構成でめちゃめちゃ楽しかったですね。

戦闘通路のデカールが当たり前になって、海上自衛隊のキットも作りやすく、ハードルが下がりました。

ハセガワさんの「こんごう」型にくらべ、舷側には全くモールドはありませんが、さほど違和感はありません。プロペラガードはプラ材としては細くて非常に良くできています。

艦橋部分と船体の右舷側が、面一にならなかったのが少し残念です。これは、私の腕の問題ですので、キットには責任はありませんのであしからず。

かっこいいですなー!

後部の煙突にあるアンテナは、ランナーから切り取るときに折ってしまったので、自作アンテナで対応しました。部品より細くシャープになったように見えます。

艦橋窓と、ライトが透明部品なのですが、全くと言っていいほど見た目わかりません。(笑)

塗装は、タミヤカラーのニュートラルグレイでの塗装です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加