ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課

みんなで買おうプラモデル!おじさん艦隊発進!

そろそろリニューアル期待!

2016年11月10日 | 艦模広告

今月号ネイビーヤードに掲載されている広告です。

45周年のマークがついているものの、広告自体はかなり古いものです。

色調が以前のものより暗くなっているような気がします。

ここに17隻の空母が掲載されていますが、すでにリニューアルされたキットが5隻あります。

値段は今の金額が掲載されているので、そろそろキット同様広告のリニューアルもしたいしたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最強日本航空母艦プレミアムパッケージ

2016年10月21日 | 艦模広告

2008年7月号ネイビーヤードに掲載された広告です。

「赤城」「隼鷹」「飛龍」3隻と海面プレート、ポスター、飛行甲板ディテールアップシートがセットされて、15000円なり!

広告はいたってシンプルな写真。特典3っつを説明するために色々とごちゃまぜになりました。

最強日本航空母艦に、なぜこの3隻選ばれたのかなーなんて考えてしまいました。

「赤城」よりは「瑞鶴」のほうが最強!のイメージがありますが、そうなるとハセガワさんのキットが入ってないんだなー。

大人の事情でちょっとインパクトに欠ける商品のような気がしますが、一番特筆すべきは、甲板シートに挑戦しているところでしょうか。このシートは紙でできており、この後に商品NOがふられて、戦艦、空母用が発売されました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真珠湾空母護衛部隊セット

2016年10月05日 | 艦模広告

2007年に発売された「真珠湾攻撃空母セット」に続くスペシャルパッケージの第3弾「真珠湾空母護衛部隊セット」が同年に発売されました。

広告は、2007年ネイビーヤードの11月号に掲載された広告です。

「真珠湾攻撃空母セット」の時の青を基調にした広告から一転、黄色をベースに南雲機動部隊の艦隊編成図も掲載されています。

キットは、全部で19隻と大艦隊です。金額も26300円(税抜き)のため息価格。

このセットの中で「霞」(かすみ)が前年の2006年に朝潮型としては1972年以来34年ぶりに突然発売され、さらに、霰(あられ)が特別パッケージで梱包されました。ただこのキットは1972年のままなので箱替えキットです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真珠湾攻撃の主役をそろえる

2016年09月28日 | 艦模広告

2007年に発売された「真珠湾攻撃・空母セット」

ウォーターラインシリーズを構成している静岡模型教材協同組合が発売のスペシャルパッケージ。

空母6隻と透明航空機3セット、海面シートが3枚入ってで価格は20000円。

2007年7月に発行されたネイビーヤードに掲載された広告です。

真珠湾攻撃に参加した、日本主力空母6隻を青を基調にし航空戦隊ごとに並べた綺麗な広告です。

ウォーターラインシリーズではまだ発売されていなかった昭和16年の「瑞鶴」が梱包された告知もしっかり掲載。

しかし厳密には「翔鶴」に「瑞鶴」専用デカールを付けただけなので、どれほどの価値をモデラーの人たちが感じたかは不明です。

この「瑞鶴」は4年後に、ウォーターラインシリーズとしてナンバーがふられ正式な商品として現在も出回っています。

残念なのは、この広告段階でリニューアルがされているのが「飛龍」のみ。

次回のスペシャルパッケージでは、リニューアルされた「赤城」「蒼龍」を入れてのリニューアルスペシャルパッケージを期待したいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻の巨大空母、甦る。

2016年05月04日 | 艦模広告

「幻の巨大空母、甦る。」と見出しのおどる新キットの広告は、1999年に発売されたタミヤさんの信濃!

実艦の歴史とキットの細かい説明を入れて巨大な空母を広告いっぱいに使って大きな艦である信濃を見せてくれています。

ここで一つ疑問が!

甦ると蘇るってどっちが本当の使い方なんだろう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加