ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課

みんなで買おうプラモデル!おじさん艦隊発進!

艦船模型スペシャル創刊号

2017年03月23日 | ◆参考書籍◆

艦船模型スペシャルが創刊されて今年で、16年!

記念すべき創刊号の表紙は「赤城」でした。

16年なんてあっという間でした。

これからも、面白い企画をどんどん見せていただきたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日向建造順調

2017年03月21日 | ◆建造艦艇◆

早くも、日向のおおまかな外観が出来てきました。

ハセガワさんのキットをつくるのは久しぶりなのですが、ランナーから部品へのゲートの太い事!

ニッパーが泣いています(笑)

祥鳳に比べると、プラスチックの材質はマシですね。それでも、アオシマさんやタミヤさんに比べるとほんの少し硬めの様な気がします。祥鳳のときは、ピンバイスと指が悲鳴を上げておりました。(笑)

船体は、左右分割タイプですが、ちゃんと桁が3ヶ所にありストレスは感じません。

設計図も、広げて一目瞭然なのがいいですね。ページをめくるタイプなんてーのはだめです。

艦橋を支えているのが、3本の支柱というのがなんとも貧弱に感じましたが、組み立てるとごっつい迫力ある堂々としたブリッジになり感激!

煙突周りの後ろ部分が省略されているので、ちょっと見た感じが寂しい。

と言う事でいつもの雰囲気重視で印刷して貼ってみました。なかなか遠目からみれば、いい感じじゃないかな!と自画自賛!

しかーし、実際とは雰囲気がかなりかけ離れているので、再度作り直しました。

後で、支柱をプラ材で追加すれば、かなりましになりそうです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハセガワさん「日向」建造着手

2017年03月18日 | ◆建造艦艇◆

春の陽気に誘われたのか建造意欲が上昇中!

その、イケイケに乗じてハセガワさんの「日向」の建造に着手いたしました。

伊勢型の戦艦は、1/700では自身初の製作です。

このキットは、2002年にリニューアルされたキットで、発売されてすぐに購入したキットを15年たってやっと制作を始める次第です。最近はフジミさんからも「日向」が発売されていますが、このキットを持っていたので購入には至っていません。

このリニューアル「日向」で一番驚かされたのが、この細マッチョのパッケージ!

購入した時に初めて見る箱のタイプに驚いたもんです。リニューアルされただけあって期待感も増幅した記憶があります。旧赤城を購入したときも大きな箱でとてもワクワクしました。

当時では、ウォーターラインシリーズ史上一番腰高の箱ではなかったのではないでしょうか。(現在はさらに腰高キットはあります)

計ってみるとなんと7センチ!(アングルと測りかたがわるいので7・5センチに見えますが、実際は7センチです)

当時のウォーターラインシリーズの箱から考えると、ほぼ倍です。

サイドの艦影イラストもでかい!測ってみると12センチ!この部門としては1番かもしれないですね。

プチ追加工作の参考書はたくさんあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

面白い!

2017年03月16日 | ◆時々通信◆

艦船模型しか楽しめない楽しみ方じゃないでしょうか!すばらしい!航跡は過去にもありましたが、砲撃シーンまで再現できるとは!凄い凄い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

廃船コレクション

2017年03月15日 | ◆食玩模型◆

たまたま通りかかった店先のガチャで面白いものを発見しました。

廃船コレクション「ザ・サルガッソー」

なかなか笑えます。

ネーミングが秀逸ですね。

アイオワなんて沈んでいないのに、名前欲しさに沈んじゃいました(笑)

購入には至りませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加