アクエリアスの時代

アセンションとアクエリアスの時代、キリストの再臨について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プレアデスの恐怖と美

2017-03-19 14:44:02 | プレアデス・シリウス・オリオン
水瓶座海王星時代の恐ろしい破瓜のエネルギーは、女性原理のプレアデスが主導している事のようです。

我々の太陽系は、プレアデス星団のアルキオネ中心に26000年周期で回転しているそうですが、半田広宣さんのヌース理論によると、科学的統制はプレアデスによるものだそうです。
半田広宣さんのヌース理論は難しくて、重要そうな情報をたまに感覚的に拾えるくらいしか解りませんが、科学的統制により、我々は命に満ちた宇宙の実態からかけ離れたところで生きる事を余儀なくされているので、プレアデスはもしかすると、命に満ちた大きな宇宙へ出て行く、情報の関所の様な役割があるのかもしれません。

私がチャネリングや夢で得た情報によると、プレアデスが象徴する事は、科学的統制以外に、死、謎、病気、体の内側から裂ける事、痛み、恐怖、映像、エンターテイメント、アニメ、美しい女性、女性の同性愛、娼婦、性、ぬいぐるみ、可愛さ、アナンシエーション(受胎告知)、などがあります。

昔々浦島は♪の曲の浦島太郎が行く竜宮城は、プレアデスの世界観をよく表しています。開けたらおじいさんになってしまう玉手箱を、なんの罪もなさそうな浦島にプレゼントするところも、プレアデス的ですが、浦島のように、不思議な亀に乗って海深く潜ったりして領域を越える事は、それだけで罪になるとの示唆なのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アセンションと海王星 Part.3... | トップ | シリウスとエクソシスト »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL