自然な医療用ウィッグを作る患者様専用美容室Chez Moi(シェモア)のblog

大田区蒲田で自然な医療用かつらスリール製作・他社製ウィッグ・抗がん剤治療後の自毛デビューに対応の患者様専用美容室

医療用ウィッグのための知識と技術を本当に学ぶための講習

2016年10月01日 00時03分04秒 | ikus.ビュティーサポート

9月が終わりますね

すごい速さで一月が終わります

嫌ですね

 

先日9月27日にikusu.ビューティサポートの活動の一つ

医療用ウィッグを取り扱うプロの美容師になるための

講習会を開きました

 プロです

 

医療用ウィッグの美容師向けの講習会は

いい加減なのが多くて

 イライラしています

 

私たちみたいな患者さん専門美容師は

そんなにいません

患者さんにそれ程 接していない美容師が

講習している講習会が

ほとんどですし

大事なサイズ調整の講習が無いところが

ほとんどです

 

 

 

新人さんとヘアエピテーゼ協会を退会したメンバー達で

今回は第1回目の講習会

講習前ワイワイお話

 

 

 

講習会が始まり

私がウィッグの神様と崇拝している特別講師さんに

今回は来て頂いて

本格的な人工毛材、近年の人毛の知識を学び

 

技術も学び

 

すごくお勉強になりました感激でした

 

ikus.の目指す医療用ウィッグの講習は

患者さん目線で仕事のできる本当のプロになってもらうための講習会

 

心無いカツラ屋さんの都合や美容師側の都合の仕事で

悲しい想いをしてきた患者さんの

お話をたくさん聞いてきました

他店のクレーム対応もたくさんしてきました

 

患者さんのために良質なウィッグと高度な技術を

実現するためにスリールを

みんなで取り扱うことに

今年は頑張ってきました

 

 

今年の講習会は10月11月のプログラムで

終わってしましますが

来年の前期も

もう既に受講希望の美容師さんがいます

 

ご興味のある美容師さん

お知り合いに 心ある美容師さんのいる患者さん

ぜひぜひ ご紹介下さい

 

次回のサイズ調整の講習のための

宿題の縫物

 

「サイズを合わせてもらえることが

医療用ウィッグで一番大事なことでした」

昨日ご来店下さったIさまが

何度も仰っていました

伊豆から通って下さって

お知り合いの方も治療が始まることで

「ちゃんとサイズを調整してくれる所じゃないとダメだから」と

ご紹介してくださいました

 

サイズ調整の話を出すとキリが無いのですが

私達の患者さんは実感されていることと思います

 

 

 

自由が丘frangipaniの高溝さんはご自身のご病気のために

入院された日が10年前のこの講習会の日でした

10年クリア おめでとうございます

 たくさんの人に来てほしいお祝いのできる日

 

メンバーのサバイバーさん率は8割くらいではないのかな

これからもお祝いたくさんできますね

 

 

そして 

また10年したら

高溝さんにお花を送ろう

 

その時の自分の年が

恐ろしかったりもしますが…

 

みんな元気で頑張りましょう!

なにせ熟女ばかりだし

 

 

 

スリールウィッグやクールインナーキャップの販売は

Chez Moiと、自由が丘frangipani

 

横浜アンソレイユ、逗子アトリエMeiXiang(メイシャン)平塚美容室T&T

熊本Hair Creator 阿樹、三重潤JUN,静岡calmflow 

お気軽にご相談下さい。 

 

 

 

 

 

ウィッグや自毛のメニュー料金のことなど シェモアのホームページをご覧ください

http://www.chezmoi-wig.com/  03-3735-3320 info@chezmoi-wig.com

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 化学療法後の伸びてきた髪の... | トップ | 化学療法が始まる前からの爪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ikus.ビュティーサポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL