Blog of 俺 by 俺 for 俺

俺の俺による俺のためのブログ。

『ローマの休日』

2017年08月05日 19時40分25秒 | 映画


「午前十時の映画祭8」にて。
1953年のアメリカ映画で不朽の名作を初めて観た!
俺のばーちゃんと同世代のオードリー・ヘプバーンがまだ無名の新人とか、
時代を感じる映画。

公務に嫌気がさした王女が街に飛び出し、
新聞記者の男性と知り合い、
刹那の恋を楽しむラブストーリー。
CGも何もない時代に、切ない人間ドラマが凝縮されていて、
昨日の『トランスフォーマー』とは真逆の映画だった(笑)
そして、映画としてはこっちの方が面白い(笑)

ようやく名シーンと言われる「真実の口」のシーンがわかったよ(笑)
あと、物語冒頭でドレスの下で靴を脱ぐシーンも、
公務に飽きていることを表すいい表現手法
ということで教えられたけど、やっと観れた(笑)
これでオードリー・ヘプバーンは
1953年にアカデミー賞最優秀主演女優賞を獲ったとか。

調べると撮影はかなり大変だった模様。
スクーターで駆け回る3分のシーンに6日かかったとか。
スペイン広場の撮影に時計が写り込んでいて、
2分にも満たないシーンなのに撮影には3時間以上もかかっているのが
時計の針の動きでわかるとか。
(デジタルリマスター版では針が修正されて確認できないらしい)
こういう撮影裏話は好き(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トランスフォーマー/最後... | トップ | 『メアリと魔女の花』 »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事