Blog of 俺 by 俺 for 俺

俺の俺による俺のためのブログ。

『イヴの総て』

2017年06月17日 22時54分12秒 | 映画


1950年のアメリカ映画。
午前十時の映画祭8にて。
これは面白かったー。

新人女優に嫉妬するBBA女優の話かと思いきや、問題はそこではなかった!
新人の野心ありまくりんこ女の怖い話だ!!

一般人だったアン・バクスターが誠実さと謙虚さを装って
大ファンだというベテラン女優のベティ・デイヴィスに近づき、付き人になるものの、
だんだん本性を表し、まわりを巻き込んでのし上がるというもの。

すげー健気でいい子だと思ったら、
ベティ・デイヴィスさえ踏み台にして、賞まで取るからね。。。
『ピーチガール』の永野芽郁ばりにウソつきまくるクソ野郎だった。。。

ベティ・デイヴィスの嫉妬にかられてヒステリックになる演技もすごかったけど、
健気なときと本性出したときの差を演じたアン・バクスターもすごかった。

ラスト、受賞後のアン・バクスターの前に、
これまた同じような野心家の若い女の子が現れて、
歴史は繰り返すことを彷彿とさせる終わり方も秀逸。

メインキャストはもう全員亡くなっているけど、
割とチョイとした役にすげー綺麗な人いるなと思ったらマリリン・モンローだった。
生まれて初めて演技見た。
とにかく、かわいかった(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リバース』 | トップ | 『キング・アーサー』 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL