仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

豪屋 加茂店

2015年02月04日 | 仙台市泉区

恵方巻を真逆の東北東向いて食べてやったぜぃ。ワイルドだろう?

食べてる途中で誰かと喋ってやろうと思ったけど誰もいなかったぜぃ。

…。

一人で豆まきもしたさー(写真右上)

閑話休題。ラーメンが500円で食べられる仙台ラーメンチケットも有効期限の2/28まであと1ヶ月。1月末の段階でまだ19軒しか回れてなくて

せっかく行ってもレモンラーメン@一休とか他のメニュー食べたりしてるからなぁ。

よしラストスパート頑張ろう。ブログのアップもボチボチ追いついていきたいと思います。

 

という事で今回もラーメンチケット参加店から「ら~麺処 豪屋 加茂店

この場所は元々「味よし加茂店」が有りいつしか「博多ラーメン天稟」になりそして11年春に豪屋2号店「加茂店」がOPENしています。ちなみに11年3/1オープンだらしいので震災の10日前ですか。紆余曲折有りましたなぁ(^^;

駐車場は店舗の南側で道路を挟んで斜め向かいの場所に数台分あります。加茂時代の「味一品」に行かれたことが有る方ならあの辺だなって分かると思われます(^^

トロ肉らーめん」750円(写真上)

希少な豚バラ軟骨を12時間じっくり煮込んでピリ辛に味付けしたトロ肉がトッピングされたメニュー。こちらが今だけラーメンチケット利用でなんとワンコイン500円です。有り難い。

早速のスープですが豚骨ガラベースにトッピング背脂がたっぷり浮かび豚脂の極上な甘さを醸します。ライト系豚骨とも異なりクリーミーさは無く飲み口はサラサラしてます。

見た目はコッテリしてますが然程クドさやしつこさが無くてイメージと味との乖離に驚かされますね。

醤油ダレは塩気が少なく動物系と醤油の穀物系の甘さが立ってます。風味としては非常にアッサリで”ネオとんこつ”と言った味わいのスープ印象。何だか今は無きあの店を思い出しました。>拉麺修坊

 

←「みそらーめん」750円

スープベースは共通。豚骨ガラベースに油量も多め。背脂がぎっちり浮かんで見た目はなかなかの迫力有りますがあまり豚脂臭さが無いネオとんこつ風なベース印象。

味噌ダレは白味噌主体らしく見た目は白いですが味付けは割と濃いめ。醤油と違い強い塩気が有って食べやすいです。万人受けしそうなのは味噌の方かな。

麺は店名「豪屋」の由来となったゴーヤを練り込んだ薄緑色の中太縮れ麺。固めに茹でられ食感が良くニガウリ特有の苦味は皆無でスープとのマッチングも上々。

ゴーヤ苦手な自分でも全く気にせずに食することが出来ました。何でも抗酸化作用が期待できるらしい。ラーメン食べて健康になれるなんて最高ですね(^^

 

ここからは豪屋の1号店「豪屋 向山店」で頂いた過去食。

(←写真左)「トロ肉みそらーめん」850円

豚骨ガラベースに油量強め。味噌ダレがぎゅっと効いて塩味も気持ち強め。昆布と煮干し主体の魚介が軽く効いていて美味し。

写真ピンボケしてますが背脂トッピングが今より少なかった感じです。

(写真右)「トロ肉らーめん」750円

醤油味の方。味玉追加トッピングしたので玉子が4面乗ってます。

# これ思い出しました(写真右→)

ガラベースで動物系を効かせながら元ダレの風味ががややあっさりめ。豪屋のルーツ店「つるおか家」と豚骨の取り方が少し似てる気がします。

そういえばあちらは麺に”だだちゃ豆”を練り込んでましたっけ。麺に多機能性を持たせようという発想は味を邪魔しない限り良いアイディアと思います。
(10/02/28食・ら~麺処 豪屋 向山店/仙台市太白区向山4-28-17)

 

泉環状線沿いにあり中休みなくラストオーダー23時まで開いていて使い勝手も良いですし、デフォで味玉乗ってるのを勘案すれば値段も手頃。個人的には味噌味がオススメ。また来よう。

(14/12/21)
ら~麺処 豪屋 加茂店/仙台市泉区加茂1-46-4

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺房来来(3) | トップ | 成りと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仙台市泉区」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事