仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

深川食堂(2)

2009年05月31日 | 宮城県内

090525120322 塩釜の老舗「深川食堂」が閉店です。平成が終わって次の元号になっても在り続けるものと勝手ながら思っていたのですが、永遠に続くものなんて無いんですねぇ。残念です。


今回は未食だった「みそラーメン」500円(写真上)を初注文。ここまで白い味噌ラーメンはなかなか見ないですね。ベースは豚骨スープで白味噌主体の元ダレ多めの濃い目バランス。甘さたっぷりの優しい味わいは、お店の雰囲気をそのまま味にしたような印象があります。


麺はしなやかな柔らかさの縮れ中細麺。相変わらずボリューム感たっぷりで、これで500円はどう考えても安い。昭和の値段ですよねぇ。


連れは「もやしラーメン」500円(写真下)を、「深川食堂」の看板メニューを最後に相応しく注文です。スープを一口頂きましたが、あんかけとろーりの塩ダレベースのスープはあくまでもやんわりとしていて塩味控えめ。モヤシの滋養を含んだヘルシーな味わいが身体に染み渡るような、こちらも優しさに満ちた風味ですね。キツイ体力仕事の多い港町の食文化を支え続けてきた、そんな歴史が伝わってくるようです。


にぎわう店内は常連さんが多く、皆閉店を惜しんで店の方と話をされてました。なんだか本塩釜駅前にジャスコが在ったのがついこの前のような気がしますが、24時間営業のイオンになりTSUTAYAが出来て、便利になっていく陰でこうして老舗が消えていき、少しずつ塩竈の町並みも変わっていきますね。ラーメン道も一期一会。今までありがとうございます。ごちそうさまでした。


090525120340 (09/05/25)
深川食堂/塩竈市港町1-1-5

ジャンル:
ラーメン
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もちもちの木 仙台店 | トップ | 大喜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
深川食堂(港町)食べおさめブログ記事その5 (塩竈で暮らす。)
 深川食堂(港町)の閉店を惜しむ方たちが食べおさめの様子や思い出を書いているブログ記事をご紹介しています。■中華そば「深川食堂」が閉店(宮城県塩釜市) - 無為徒労的 達観生活 - Yahoo!ブログ ここに大いなる中華そばのゴールデンスタンダードが消