仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

菜利(2)

2007年11月03日 | 仙台市泉区

K3100293 環状線沿い八乙女ヨークベニマル隣の「菜利(さいり)」で再食してきました。高級食材「比内地鶏」のガラで取ったスープがセールスポイントのお店ですが「正油ラーメン・味噌ラーメン350円」というお値打ちメニューも隠れた人気があります。ということで本日は「正油ラーメン350円」に「古代黒米入りおにぎり2個」105円をつけまして、しめて455円の立派なランチで頂きます。


器はシンプルな白磁器で味噌ラーメンと共通。トッピングはノリ、メンマ、ネギ、チャーシュー、ナルト、タマゴと言う構成になっており、茹で野菜がメインの味噌とは具が異なります。シンプルながら必要なものは押さえてあるという印象ですね。


さて早速のスープですが、ベースは鶏ガラ主体で油多めですがクドさはあまり感じられず、逆に油から地鶏特有の甘み・旨みが強く出ています。醤油ダレは本醸造醤油の香りの強いものでちょっと主張が強すぎかなという印象ですが、煮干ダシの風味をバランスさせることで上手にまとめてあります。


チャーシューは適度な柔らか目でアッサリした味付け。玉子はゆで卵ですね。これを味玉にするともっと満足感がUPすると思われますが、なにしろ350円ですからチャーシューと玉子が両方付くだけでも立派なものです。


一つ気になったのは器のデザインです。白磁器というのは味噌ならアリと思いますが、醤油で使うとシンプルさが強調されてしまってもったいないような気がします。もっとごちゃごちゃした(?)デザインの器にするとか、同じシンプルでも色は黒にするとか一工夫すれば、見た目の印象から味の印象も変わってくると思いました。


スープは旨みも十分あり比内地鶏ダシを味わえる一杯でした。ごちそうさまでした。


(07/10/13)
菜利/仙台市泉区八乙女5丁目9-2

ジャンル:
ラーメン
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六三四(2) | トップ | みそ兵衛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
味噌タンメン (ラーメン 支那そば 中華そば)
知人に美味しい「ラーメン」の店に案内された。着いたお店は、何故か味噌ラーメン専門店私が食べたかったのは、「味噌ラーメン」じゃなく「ラーメン」と話すと、大体の人は納得する様だが、味噌ラーメンだってラーメンじゃないかと反論されたことも少なくない。私は、普通
おしりかじりむし (おしりかじりむし)
おしりかじりむし・おしりかじり虫
ペット・犬の情報 (いぬっこだいすき倶楽部)
今、人気のあるいろいろなワンちゃん(犬) の情報を紹介しています。 お役に立てる情報を随時に掲載更新していきますので、興味のある方はぜひご覧下さい。  ワンちゃんといっしょにHappy lifeを!