仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

出し屋五丈軒(青森県青森市)

2013年11月20日 | 青森県

110217155255「ハクバノ王子サマ」の主役って”誰にも選ばれなかったから私は独りなんだ”的な32歳彼氏なし、出会いなしの女子高教師という設定なのに、主演:優香?


優香って言えばちょっととうがたったとはいえ(失礼<m(_ _)m>)リア充モテ女の代表のようなキャラじゃん?!


…って最初は違和感ありましたが見進めていくうちにあまり気にならなくなりました。原作コミック@朔ユキ蔵を既読なので結末等も知っているんですが実は、でも二人の距離が縮んだり遠ざかったりと毎週もどかしい展開でやきもきしちゃいますね(^^


二人とも基本勇気が無いくせにチャンスでは攻めのセリフを言ってみたり、衝動のままに行動してしまったりするのが逆に視聴者は感情移入しやすいような気がします。


ネットでドラマの感想あさってたら留学中の婚約者カオリが異様に嫌われていて面白い。「カオリ役の女優が嫌いなんで早くカオリと別れてほしい」等々←もう感想じゃないし(^^; 河北麻友子は今後嫌われ役女優で開花するかもしれないすね。




さぁラーメンの話に戻りまして


青森ラーメン旅情派シリーズ


今回は「出し屋 五丈軒(だしやごじょうけん)」からチャーシューメンに該当するメニュー「バラそば」780円(写真上)を注文。画像がピンボケでスイマセン。Combine_images_2


スープベースは豚骨と鶏ガラ少量の合わせ。照りの強い醤油ダレがぎゅっと強めに効いて、やや強めの油量に魅力的に絡みます。魚介系は煮干し、昆布をじんわりと香らせて旨味は濃厚。香味野菜の出汁が充実感を補います。麺は中細の縮れ麺で、小麦粉のブレンドからこだわった自家製麺。


いわゆる青森特有の煮干し中華とは趣が異なり、質高く作られた”中華そば”あるいは”東京中華”に近いスープ組立て+煮干しちょい強めといったバランスのもの。


出来合いの業務用食品は使わず全て自家製にこだわり、保存料や着色料を使わないという触れ込みにも力が入ってます。


…まぁ新進系のラーメン店だとそういう店は割と多いのかなと思ったりもしますが(^^; それにしては価格設定が安いので、近所に有ったらリピートしてしまいそうですね。


「バラそば」のチャーシューは豚バラ肉ですが「中華そば」550円には部位の異なる豚ロースが乗っかる模様。「バラそば」も悪くないですが「中華そば」の方が多分油量が控えめでより旨味の輪郭が浮き出てきて、C/Pも良くベストな選択肢になるのかも。


110217154629(11/02/17)
出し屋五丈軒/青森県青森市浜田1丁目10-15

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らーめん大地(青森県青森市) | トップ | 麺山 青森駒込店(青森県青森... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL