仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

上海麺店 泉八乙女店

2008年07月10日 | 仙台市泉区

K3100665 泉環状線沿い「焼肉ひがしやま泉八乙女店」の2Fにあります「上海麺店 泉八乙女店」で食してきました。「味の時計台 泉八乙女店」の跡地にOPENしたお店です。


「上海麺店」といえば点心などの中華系がウリのお店で「雲呑拉麺(ワンタンメン)」が看板メニューですが、今回は事前に「ぱど」掲載のメニュー写真見て決めてました「旨辛拉麺」を注文です。


ほどなく運ばれてきた「旨辛拉麺」は「ぱど」で見た印象通りの力強いビュー。所狭しと盛られた炒めモヤシ、万能ネギの刻み、メンマ、肉そぼろ、そして飴状の黄身が美味しそうな味玉と迫力満点です。


スープは綺麗に取ったガラベースに、昆布メインの魚介系ダシであっさりと旨味成分を効かせて、風味の良いラー油がブレンドされます。おそらく自家製だと思われますが、鮮やかなオレンジ色彩のラー油は赤い唐辛子も浮かべながらも辛さ一辺倒ではなく、あくまでも程よい辛味具合で品の良さがありますね。


若干多めの油分には肉味を溶かし込み、合わせられる塩ダレには強い香ばしさを伴う旨味があり、塩味も強めで旨味を支えます。これがラー油と相まって「旨」と「辛」のハーモニーが味わえるような組み立てになっています。香ばしさの素は海老香油であったり、また味噌の風味でもあったりと、ちょっと読みきれませんが香味油を上手くポイントで使用しているようで、非常に力のあるスープに仕上がっています。


麺は中細麺でコシがあり、加水率高めのもの。粗挽きのそぼろ肉は僅かに甘く味付けされ、スープに溶け込むごとに一味加えていきます。味玉はスープに負けない濃ゆい目の醤油ダレで味付けされておりこれもまた美味い。炒めモヤシも強火力で一気に炒めてあり、火の通り具合も申し分無し。ここまでのシャキシャキ感ってなかなか出せないですよ。調理人の技術も高いですし、随所に至って丁寧さが感じられますね。


や、最初DUCCAのカリーナグループ系列ということでファミレスの延長的なものだろうと、さほど期待していなかったのですが、いやとんでもない、期待を上回る大満足の一杯でした。ごちそうさまでした。


K3100660 (08/03/28)
上海麺店 泉八乙女店/仙台市泉区上谷刈4-11-24


※この後まもなく「上海麺店 泉八乙女店」は閉店してしまいまして、現在は跡地に再度「味の時計台」が復活しています。ちなみに富谷町成田の「上海麺店 新富谷店」は現在も営業中との事ですが、「泉八乙女店」の「旨辛拉麺」はこれが最初で最後となってしまいました…。残念。

ジャンル:
ラーメン
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あまの屋(2) | トップ | つるおか家(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
上海麺店 (仙台銀座,ラーメン劇場)
夏メニュー! 「冷やしゆず塩ラーメン」 780円 タップリの水菜にメンマ,チャーシューには鶏を使用, 1/2にカットされた煮玉子はトロトロの煮加減です。 器は冷え冷え,スープもキンキンに冷えていますが, 塩味の方はその温度に合わせた,まさにいい塩梅