仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

丸長(岩手県一関市)

2017年02月02日 | 岩手県

今「シェーキーズ」では2/14バレンタインデーまでの期間限定で「クワトロチョコレートのデザートピザ」を提供中。バレンタインデーの是非はともかく(?)チョコピザは食べたい!

ニュース|シェーキーズ《バレンタインデースペシャルピザ》2月14日まで

 

毎シーズンオリジナルのデザートピザを提供しているシェーキーズですが、昨年11月盛岡「シェーキーズアネックスカワトク店」(クリックで過去記事へ)行った時には9-11月提供「秋りんごのクワトロフォルマッジョ」を提供中でした。

加熱された林檎に4種のチーズが乗っかり中々手の込んだ味わい。ブルーチーズのくせのある風味にはちみつが絶妙にマッチしていて非常に美味しかったです。

何でもシェーキーズで働くクルーが考案されたメニューとの事で、シェーキーズを食べ尽くしてきているであろう方々の考えるメニューはやはり良く練られています。

11月「とんこつピザ~博多風~」も美味しかった。10月「キノコの和風ピザ」(←めんつゆマヨネーズソースとか絶対美味しいでしょ)は生憎食べ逃しましたがまたクルー考案メニューが登場したら今度はコンプしたい。

もう少し盛岡が仙台に近かったら通うのになぁ…

 

盛岡からの帰りに遠野方面に寄り道。

釜石から花巻に抜ける国道283号線(釜石街道)の途中に有ります遠野市宮守町では”ワサビ”が特産という事で「道の駅みやもり レストラン銀河亭」ではわさびを使った様々な食品が提供されています。

「わさびラーメン」が気になってたのですが今回閉店間際で食事メニューが終了しており、気を取り直してデザート「わさびソフト」を頂きました。パステルグリーンな見た目がやたらお洒落ですが(^^

さてまずは一口、一瞬のタイムラグの後にツーンとわさびの辛さがいきなり来ます。これ割と容赦なくわさび風味ですね(汗)バニラの甘さ>ツーン>甘いという時間軸に弄ばれてしまいそうな不思議体験を味わえます。遠野にお越しの際は足を延ばして是非一度!オススメ。

道の駅のすぐ近くには宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」のモチーフになったと言われる「めがね橋」が有りまして夜はライトアップされておりメチャ綺麗です。何でも09年に恋人の聖地に認定されたそうで、また恋人すか。はいはい(投げやり)
(16/11/16食)

 

 

さて話が前後しますが(前回の続き)大船渡市で”さんまらーめん”を頂いた後は一関市に移動して夜ラーメンを頂きます。一関駅前に夜遅くまでやっている評判の人気ラーメン店が有ると聞いてやってきたのが今回の「丸長」です。

駅前すぐ近くのロケーションで夜24時まで営業しているのは非常に便利。ビジネスホテル客の夜食などにも良さそう。駅の駐車場が1時間100円と安いのも有難い。

店内はカウンターのみ。メニューはラーメンとつけ麺のみとシンプル。悩まなくて済みますね。

ラーメン」600円

スープベースは白濁させた鶏白湯主体で豚骨との合わせかな。油量がやや強く豚脂の甘味がコクを醸し出してます。

サバ節メインに枯鰹節?と煮干し。充実した魚介系の旨味がしっかりと効いていてスープボディの厚みを感じます。

麺は低加水の細麺で小麦の風味が強いタイプ。濃厚なスープにしっかりと絡みます。固すぎず程よいゆで加減で提供されて年輩の方や酔客が多いロケーションを感じさせます。

チャーシューはロース肉とモモ肉の2種か。火を通しすぎておらず肉味が有り小ぶりながら厚みがあってなかなかの仕上がり。これならチャーシューメンも良いなと思って券売機確認しましたがそもそもチャーシューメンもチャーシュートッピングもメニューに無いんですね。予定数しか仕込まないって事でこの辺もコストダウンさせるテクなのかな。

そして卓上に「丸長特製唐辛子」Oh!辛~い(汗)ってのが有りましてお好みでプラスする事が可能。程良い辛さがスープにインパクトをプラスしてまた美味しさがアップします。おーこれは良いですね。辛いのが苦手でなければ一度お試しあれ。

スープまでしっかりと完食。旨し。

 

このクオリティでこの場所で一杯600円ってのは超破格ですね。近隣のラーメン店はやりきれないだろうなー。一関に名店あり。ごちそうさまでした。

(16/11/25)
丸長/岩手県一関市上大槻街2-34

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こけし(岩手県大船渡市) | トップ | 麺饗 松韻(めんきょうしょう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL