仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

菜麺亭

2015年11月21日 | 仙台市青葉区

ほーちゃん、あるいは姫こと声優・桑島法子の活動20周年記念アルバムが10/21発売されてます。

集大成ベスト!桑島法子デビュー20周年記念アルバム「Houko ChroniCle」10月21日発売! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

セラムンSSの女生徒役でデビューしてから20年という事で。そしてミスマル・ユリカ@機動戦艦ナデシコでブレイクしてからはもう19年たったらしい。

19年…ばくわら世代(98年生まれ)なんてまだ生まれてなかった頃なんですね。もうそんなに経ってしまったんですね…

 

CD発売記念のニコ生とか見つけたので貼っときます。興味ある方は消えないうちに早めにチェックを。

【ニコ生】桑島法子20周年記念アルバムリリース記念特番 - ニコニコ動画:GINZA

相変わらず良い声してます。ちょっとだけ金管楽器のような周波数が含まれた声質がブリリアントに心に響きます。

見た目もまだまだ若い。なんかちょっとだけきょどりぎみ(でもこれが通常モード)なのも変わらない(^^;

桑島法子さんはもう自分の若かりし頃のいろいろな青春時代のあれなんで(混乱)だからうちのブログのURLにも反映されてたりします。実はまぁ意味を込めてたんですが、誰にも気がつかれないと思うんで自分から書きます(笑)

なつかし声優ユニット S-nery(サナリー)の曲たち - ニコニコ動画:GINZA

ファンだファンだと言いながら当時はユリカじゃなくてホシノ・ルリ推しでしたっけ。バカばっか(笑) カードダスとか集めてたな。

むむう姫のライブ行きたいけど12月の遠征は厳しいー。休めねえ。

 

 

さて雑談はこの辺にして

ラーメンの話に

今回は懐かしのあの店シリーズ「仙台みそちゃんぽん菜麺亭(さいめんてい)」から

仙台辛味噌ちゃんぽん」790円(写真上)

サイドメニュー「野菜ギョーザ」280円も追加オーダー。

口の広い器は直径がデカいですが割と浅め。餡かけ野菜が盛られた見た目に期待が高まります。

味噌スープは仙台味噌使用らしく赤味噌主体。

あっさりガラ味に野菜の旨味が溶け込んでナチュラルな美味しさが有りますね。

味わいはあっさりめながらコクが有り、味噌ダレが美味しさをしっかりとまとめています。ピリ辛も非常に効果的。

野菜とシーフード素材が見た目を賑やかに魅せます。イカが柔らかくて美味しい。塩味も控えめで優しい味付けです。

この石焼チャーハンの器は見たことあるぞ(笑)

メニュー表に”野菜たっぷり”と書かれてましたがたっぷりという感じでもないかな。単価が安いモヤシでもいいのでもちょっとカサを増して欲しい所です。

 

長崎ちゃんぽん」790円

ベースは豚骨と鶏ガラの併せか。クリーミーな舌触りにシーフード素材の旨味を含んだ塩ダレが味を組み立てています。

麺は長崎ちゃんぽんらしい丸い中太麺が合せられます。

リンガーハットとかより味付は優しめ。ボリュームはもう少し欲しい。

ポイントカード発行中。麺一はともかく与那原家とも関連店だったのか~。

明日から姉妹店「麺どり亭」と合同キャンペーンを開催するらしくチラシを配ってました。
(13/05/23食)

 

期間限定メニュー「春雨八菜らーめん(塩味)」680円

スープは醤油と塩から塩味をチョイス。

八菜(やさい)らーめん」が肉・魚介類を一切使用せずに野菜と穀物の美味しさだけで創り上げ八種類の野菜を使用した体に良いラーメン、を標榜するのに対して、

更に麺を小麦麺から春雨の麺に変更してヘルシー度数をアップさせたものが今回の「春雨八菜らーめん」となります。

まあ花月嵐で定期的にやってる限定麺「ラーメン菜菜」シリーズとコンセプトは同じですが…、

期間限定ラーメン「新野菜主義!ラーメン菜菜」|花月嵐ミュージアム

女性店主らしいヘルシーな発想ですし「菜麺亭」と言う店名からいつかは出てくるだろうなと言うメニューではありましたね(^^;

ただし、そこまで健康に気を遣ってラーメンを食べなければいけないのか?レギュラーメニューは身体に悪いのか?という命題を店が客に提供してしまいかねない難しい一杯でもあります。

まあ四の五の言わずに頂いてみますと、肉・魚を使わない割には野菜の旨味と塩ダレの調合でなかなか美味しいスープ仕上がりと思います。

春雨の麺も案外と麺らしさを発揮していて代用品としての役割以上を果たしてます。

個人的にはここに国産レモンのスライスとか柑橘系を入れたら味的にも見た目にも魅力がアップするのかなとも思われます。
(12/11/05食)

 

さてそんな「菜麺亭」もいつの間にやら閉店の憂き目に。

「菜麺亭」「上海の龍 仙台愛子店」「(新)菜麺亭」(今回の記事)からそして現在の「そば処 蕃山(ばんざん)」(店名クリックで過去記事へ)と入れ替わり続けるこの店舗。(自作自演と言う話も^^;)ラーメン激戦区らしき競争の厳しさを感じさせますね。正に命(タマ)の取り合いです。

そんな中で今度の「蕃山」の日本蕎麦屋ってのはなかなか良い選択肢だと思います。とにかく冷たいメニューを年中切らさずにラーメンチケットを活用していけば勝機は見つかるはず。

「菜麺亭」については女性客層を狙うのか?男性客を狙うんだったらとにかくボリューム増を考える事とお得感を出す事にもう少し工夫が欲しかったですね。女性店主様がこれくらいの量で良いだろうという線のもう一つ上のボリュームが欲しかった。

とはいえ「春雨八菜らーめん(塩味)」は美味しい力作でした。醤油味も食べてみたかったな。これも一期一会か。ごちそうさまでした。

(13/05/23)
仙台みそちゃんぽん菜麺亭/仙台市青葉区下愛子月橋9-10

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そば処 蕃山 | トップ | 麺どり亭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL