仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

こいけ屋

2014年10月15日 | 仙台市若林区

ガールズバンドだし田中れいなだしツインギターだしと好きな要素満点なのに今まで楽曲にハマれなかったLoVendoЯ(ラベンダー)ですが

だって拓郎「落陽」「今日までそして明日から」のカバーやモップス「たどりついたらいつも雨ふり」泉谷「春夏秋冬」だったりと、コレジャナイ感が満載だったから(^^;

西川貴教がニコ生で田中れいな『LoVendoЯ』に痛烈ダメ出し! 西川「フォークをロックに…なんて50代の発想。本当にやりたいの?」田中「会社の言うことは絶対なんで」 | カラフル x ハロプロ

そんなLoVendoЯですがいよいよハマリ曲来ました(゜∀゜)キタコレ

LoVendoЯ 『イクジナシ』[Coward] (PV) - YouTube

イントロのリフに湿り気が有ってカッコ良いじゃないすか(^^ ボーカルが入った瞬間ジャパメタっぽくなるけどスピード感がキープ出来てるし悪くない。個人的にはベースをもう少し跳ねさせてうねるようなグルーブ感を出してくれたら最高。あでもベースはサポートか。

いやでも「イクジナシ」良いすね。フォークのカバーなんかより100万倍良い。フォークは好きでコッキーポップ聴いてたくらいだけどLoVendoЯが演る必要はない。

11/5発売のCD「イクジナシ」買いたくなるレベルですね。いや買います。ステマか(笑)

LoVendoЯにはこれキッカケにメタルに走って欲しい。退屈なロックなんてつまんないぜ。やっぱメタルっしょ。〇ABYMETALにケンカ売る体で盛り上がって行こう(個人的希望)

 

さてラーメンの話に

今回は荒町商店街に今年2月OPENの新顔「こいけ屋」から

基本メニュー「醤油らーめん」680円(写真上)

※店主が小池さんだそうでそれだとなるべくしてなったラーメンの道だったのでしょうか(^^;

カウンターのみの狭い店内。そしてスープは醤油の1種類のみ。

早速のスープですがベースは鶏ガラと豚骨の合わせで綺麗に取られており雑味が少ないもの。少し鶏油を浮かべて油量は適量。

生醤油っぽい風味の醤油ダレはカドが無く配合適量で微かに味醂系を感じるのみの甘さ控えめ。塩気は極端に控えめのドライ系。

魚介系は煮干しと節かな。あまり香りを立てずに旨味のみをふんわりと底上げしています。肉味はしっかり必要十分に効かせていますね。

あまり甘く膨らませずスープを一口、二口と口に含むたびにじわじわと旨味が盛り上がってくるようなスッキリ淡麗系の王道を行くスープ仕上がりですね。

加水率中~高なストレート細麺はパツッとした食感でプレーンな味わいのもの。

チャーシューはスープの邪魔をしない味付け控えめのホロホロ系。水菜が緑の彩りを添えます。

あっさり系で動物系が主体のスープの割に雑味が非常に少ないのが印象的。店主の丁寧なスープ作りが感じられます。ボンゴレ丼が美味いらしい。次回はこれも頼んでみよう。

(14/08/19)
こいけ屋/仙台市若林区荒町153

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 角屋 | トップ | 銀鳥 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仙台市若林区」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL