仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

点心中華房 蘭花(ランファン)

2016年07月13日 | 仙台市泉区

宮城県出身だーいし石田亜佑美@モーニング娘。'16がグアムや宮城県で撮影した3rd写真集「It's my turn」が好評発売中!!(←ステマ)

「It's my turn」発売記念握手会!石田亜佑美|モーニング娘。‘16 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

先日東京の福家書店新宿サブナード店で行われた発売記念握手会の動画がアップされてましたがインタビューが面白かった。

モー娘。石田亜佑美、10代ラスト写真集で水着姿も 写真集「It’s my turn」発売イベント - YouTube

石田「私、横顔が自慢なんですよ」
記者「ほー、ハハハ(笑)」

# 記者さんに笑われてるがな

とはいえ地元宮城の青葉城で撮影されたという彼女の横顔は(ファンの贔屓目かも知れないけれども)確かに石田に見えないくらい綺麗だ。

前にも書いたけどハロプロの子は横顔が綺麗な子が多い。審査基準に絶対入ってると思う。

石田「最近”1000年に一人の逸材(※1)”とか”岡山の奇跡(※2)”とか言われる話題の方がたくさんいらっしゃるじゃないですか」

おいおい何を言い出す…?

石田「私もこの横顔の写真だったら”宮城県の奇跡”と言われてもおかしくないんじゃないかと…」

うわ言っちゃったなー(笑)

【モーニング娘。'16】石田亜佑美横顔に自信「宮城県の奇跡」と言われるかも|℃-ute派なんday

(※1)1000年の一人の逸材→橋本環奈(過去記事(1)(2)
(※2)岡山の奇跡→桜井日名子(過去記事

いーよいーよ、調子に乗ってこそアイドルというものだ。その姿勢全面支持したい。

「自分が一番可愛いと思わなきゃアイドルなんてやってられない(by.加護亜依)」

石田「(モーニング娘。'16の)メンバーは私の後姿を褒めてくれてます。」

顔褒めじゃないんかい(笑)

 

そんなだーいし石田亜佑美ですが7/21に仙台でも写真集凱旋イベントを開催予定。

【仙台店】写真集『It's my turn』発売記念 石田亜佑美さん握手会 2016年7月21日(木) | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

紀伊國屋書店って長町モール?これはいかねば。有給申請しとかないとなー。

 

 

さてラーメンの話に

昨年9月に南光台に新規OPENしました「点心中華房 蘭花(ランファン)」から

こちら中華系のお店ですが、いわゆる油コテコテ系の中華飯店系では無くて、女性の方をターゲットに点心など刺激的ではない本格中華を提供されるお店との事で期待が高まります。

ちなみに人気ラーメン店「とがし」のすぐ近くですね。とがし系って相変わらず凄い人気ですけれども永らく行ってないなあ…。

 

大辣担々麺(ダーラータンタンメン)」900円

こちらがラーメンチケット5対象メニューという事で有り難くワンコイン500円で頂きます。

鶏ガラベースのスープにペーストと粉末の唐辛子を加えて、更に自家製ラー油で炒った唐辛子を数本スープに浮かばせた一品。

ガラ味はキレイに取られておりクセ無くしっかりしたスープベースを形作っています。動物系油脂は気持ち抑え気味。

ゴマの香ばしさと甘味も入っており担々麺らしい下地も感じられます。ラー油が少し入って雰囲気も良いですね。

最初の数口で分かったのはそこまで。

スープ色が白くて「これ大して辛くないんじゃないの?」なんて思ってましたが、…やられました。これが辛いのなんのって。

ラーメンチケット本に”刺激的ながらもほどよい辛さ”と書かれてましたが、いやいやいや、メッチャ辛いやないすか(^^;

四川山椒の香りも有りじわじわと痺れも来ました。上に乗った赤い香辛料は辛みが無くこちらはパプリカパウダーか。

水菜がシャキシャキと瑞々しさを醸し出してくれてこれが唯一のオアシス。

麺は加水率高めで緩い縮れの中華中細麺が合わせられます。

上に乗った毒々しい赤色の唐辛子ですが、こちらはカリッとスナックのような食感でサクサクと食べられます。

正直こちらはあまり辛くなくて(辛さゼロではないですが)美味しく頂きました。これスナック菓子としてお土産に欲しいくらいの仕上がり。

とはいえスープ自体はとても辛い。汗がポタポタと滴り落ちてハンカチでは足りないタオルが欲しいレベル。でも美味しい。これクセになりますね。

辛い辛い言いながら後半はアスリートにでもなった気分でほぼ意地で唐辛子ごとスープまで完食。旨し。

 

こちらは過去食の未アップ分。

マーボー担々麺」800円

ラーメンチケット4利用でワンコイン500円にて頂きます。

醤油ラーメンでは無く「担々麺」にマーボー豆腐を乗せた一品。何気に豪華です。

白ゴマの香ばしい風味溢れるスープはさらりとした飲み口ながらコクが有り四川山椒がしっかりと効いて複雑な旨味を醸し出してます。

# メニューは当時の物(写真右→)

おそらく担々麺だけで結構美味しいのではないかなと思われる所に確かな技術で作られた”マーボー豆腐”がどちゃっとたっぷり乗っかります。

調理学校時代にコンクールで中華料理部門東北1位を獲得した店主が腕を振るったマーボーとの事で、何のコンテストかはわかりませんが(汗)

実際上手く作られていてそこらのマーボーラーメンとは一線を画した作りになってます。

自家製ラー油も香り良く辛すぎない程度にトッピングされて風味も良いですね。美味しい。

麺はツルツルと加水率高めのストレート中華中細麺が合わせられます。

 

お土産に「大学イモ」を買ってみましたが、こちらはちょっと固くて蜜の染み方やかかり具合ももう一つでちょっと好みではありませんでした。サーセン大学イモにはうるさいのでラーメンより辛口コメントです>自分(汗)
(16/01/09食)

 

さて「点心中華房 蘭花」ですが店名の通り点心メニューのバラエティも豊富です。変わったところで「お粥」メニューにも力が入っている模様。ランチやセットメニューもお得感が有りますし「黒ゴマアイスクリーム」などデザートも良さそう。また来よう。

(16/06/24)
点心中華房 蘭花/仙台市泉区南光台1-8-6

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 餃子の王将 仙台六丁の目店 | トップ | 炭火焼鳥 翔家(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL