仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

だいこくや 塩釜店

2008年03月30日 | 宮城県内

K3100527_ 塩釜の国道45号線沿いにあります「愛情一杯らーめん だいこくや 塩釜店」で食してきました。青葉区郷六の「だいこくや」が昨年、塩釜市杉の入「ラーメンハウスつきみち」跡地に出店した支店です。「にらなんばん こうにゅう」と割引券のフォーマットが共通なのでおそらく姉妹店ということになるかと思われます。杉の入地区も「ラーメン館」「みそ兵衛」「天山」などが並び、かなりの激戦区となってきました。


「だいこくや」ではスープは「特濃ごま系」と「節だし系」の2系統があり太麺・細麺を選択できるようになっています。今日は「節だし系」から塩釜店限定の「トロ肉らーめん」880円(写真上)を正油味・細麺で大盛+100円でオーダーです。店内にはトンコツの匂いが僅かに漂っており、店内できちんとダシをとっていることがわかります。


スープは4種類の魚だしをバランスよく配合したものとのことで、わずかに濁らせた醤油色をしています。ベースは豚骨メインのようでガラの味わいが基本、さらにブレンドされる節ダシ+煮干ダシの香ばしい風味が強く効いています。流行の魚粉ではなく丁寧に出汁として抽出したものを配合しているようですね。


併せて臭みを消すための生姜も大量に投入されており上手く中和する役割を果たしていますが、魚系苦手な人には厳しいほど魚介系の香りが強めです。全体の油量は少なめで塩味も最低限の弱め、醤油ダレも風味を加える程度であくまでも旨みをサポートする程度。トータルで甘だるさは無くかなり硬派なスープと思います。実は「だいこくや」で「節だし系」は初食なんですが「特濃ごま系」とは方向性がかなり異なりますね。同じ店のスープとは思えないほどです(^^


麺の上には刻みネギ、メンマに味玉半分とトロ肉がトッピングされまして塩釜店限定ということで「チャーシューめん」とは別の肉がのっかります。このトロ肉は脂身の三枚肉で本当にトロットロで美味です。味たまもタレでしっかり味付けされておりこちらも美味いですね。


連れは「特濃ごま担々麺」780円(写真下)を太麺でオーダーです。白濁豚骨スープに特製ラー油が合わされ独特の色合いのスープになっています。更にお好みでゴマをすり鉢でゴマを擂って追加することも出来ます。万能ネギの刻みとチャーシュー、味玉半分がトッピング。スープを一口頂きましたが、追加しなくともゴマの風味タップリでかなりクリーミーかつ濃厚な味わいです。


豚骨ベースですが臭みなどはゴマの香りで完全にマスキングされていて甘めで食べやすいもの、辛さもあっさりでお子様でも問題ない程度です。僅かに魚介系ダシも加えて深みを出しており、ひき肉は中・細挽きのブレンドといった感じでスープに溶けやすく肉味を加えてきます。広く万人に好まれそうな傾向の一杯と思います。ただ「特濃」は伊達ではなく、かなりゴマの風味が濃厚です。これに「だいこくや」特製「ごまギョーザ」をつけるとますます美容にはよさそうですが胸が一杯になりそうです(^^; とはいえ具がぎっしり詰まっていてギョーザも美味しかったですよ。


ラーメン激戦区で、しかも吉野家やマクドナルドも隣接しており厳しい場所ではありますが、是非定着して欲しいですね。また来ます!ごちそうさまでした。


K3100528 (08/01/06)
だいこくや塩釜店/塩釜市杉の入4-3-20

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺喰(2) | トップ | 麺龍 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL