仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

喜多方ラーメン(青森県上北郡)

2016年09月10日 | 青森県

大曲花火が終わった後は車に戻りひたすら爆睡。どうせ午前未明まで大曲町内の道路は大渋滞してて動けませんので。

 

朝方目を覚ますとオリオン座が大曲の町を照らしていました。

昨晩の喧騒が嘘のように静まり返っていてまだ会場に残っている車の中には寝てる方が多数。なるべく起こさないよう静かに会場を発ち、今度は一路青森県十和田市に向かいます。

 

目的はりんご娘のライブイベント。

タレ!タレ!タレ!|青森県ご当地アイドル りんご娘 BLOG

スタミナ源たれのKNK上北農産加工の本所にて無料ライブが開催されるとの事で、昨年9月に参戦したパワーライブ(過去記事(1)(2))以来のりんご娘ライブです。4人になってからは初めてですのでとても楽しみ。

りんご娘:トキ、王林の既存お姉さん組2名に、アルプスおとめの2名が昨年りんご娘に昇格して新規加入しています。

元アルプスの葛西(かさい)が彩香(さいか)ってネーミング洒落てましたね。中3(中三じゃないよ)の最年少なのに背高くてトキ(173cm)と同じくらい?将来有望のホープ。元アルプスの福士(ふくし)は二代目ジョナゴールドに。4人並ぶとジョナだけ背が小さくて(公称159cm)以前の金星みたいなムードメーカーキャラを望まれての採用っぽいけど何気に一番乙女な性格っぽそうですね。センシティブなイメージを破って弾けられるか要注目の青森っ子。

 

さて今回はスタミナ源タレのKNK上北農産加工が65周年という事でお偉いさんのセレモニーがまず行われておりました。

一方会場外では焼き鳥、焼肉、ビール、ジュースが無料で振る舞われるという大サービスぶり。「ビール飲み放題無料」っすよ凄くないですか仙台じゃ考えられないすね。地元のお客様が多数来られてました。ビールの空きプラコップを多数重ねてるオッサンが複数。どんだけ飲んでるのか(汗)ろれつ回らなくなってるオッサンに沢山話しかけられましたけどマジで何言ってるかわからなくて適当に相槌打ってました>自分(笑)

ライブ会場は屋内です。会場?ってかまんま倉庫。

厳かなセレモニーが終わるといよいよイベントタイムに突入。司会者から「りんご娘 オンステージ!」と紹介されりんご娘登場。「オンステージ」って単語を久しぶりに聞きましたな。


セトリです

M1.LOVE & SOLDIER

自己紹介&トークテーマ「自分が65歳になったら何をしたいか?」

トキ:青森を離れて仕事してると思うが青森に戻って農家を始めたい(トキはリアルに林檎農家の娘さんですのでかなり現実味のある回答ですね)

王林・結婚してるイメージが無い。大人の女子会をしたい(こう発言する娘が案外早く結婚したりしますよね)

彩香:サーフィンをしてみたい(65歳まで待たず今すぐ始めて良いと思う、笑)

ジョナ:登山を始めたい。小5の時に岩木山登山が辛くて二度と登らないと思ったが65になったら登りたい(小5で辛かったのに65歳で登るなんてMすなあ、笑)

M2.GIVE ME POWER
M3.焼きりんご

ここで源タレ関係者?のお子様より花束贈呈&写真撮影会。ほのぼのとした時間が流れます…

M4.渚のシンドバッド
M5.青い珊瑚礁

じいちゃんばあちゃんも知ってる曲をチョイス。ハーモニーもきっちり効かせて単なるカラオケ大会では終わらせない辺りりんご娘のパフォーマンス力の高さが光ります。

ラスト曲は源タレのTVCM曲。トキ&王林がCMの被り物を纏ってのパフォーマンス。

M6.だびょん(源タレTVCMバージョン)

「リンゴとニンニク出会って源タレ生まれた~♪」スポンサー様に最大限アピールをぶちかまして無事ライブ終了。

新体制4名になり歌唱に厚みも出てよりレベルアップしてますね>りんご娘。やはり歌唱力って武器と思います。加えて良曲を持ってるのも強み。初代ジョナ&レット(ベイビィ)の頃が黄金期と思ってましたが今の4名体制がもしかしてりんご娘のプラチナ期なのかもしれないですね。研鑽積んでる重みも感じますし愛踊祭(クリックで昨年の愛踊祭記事(1)(2))の東北大会予選も突破されてましたがまぁ順当でしょう。トキ&王林が在籍してる内は東北在住ローカルアイドルの雄になりそうな気がします。

楽しい二日間!|青森県ご当地アイドル りんご娘 BLOG

 

 

ライブを満喫した後はお昼のラーメンを

十和田に気になるラーメン店が有ったり八戸も近かったり何処に行こうかなといろいろラーメン情報を探ってみて一番気になったのは「馬肉ラーメン」を提供してる「おいらせ町」の「喜多方ラーメン」というお店でした。

青森の地で喜多方ラーメン?しかも喜多方の馬肉ラーメンなんて見た事ないっすけど?(笑)もう期待しか高まらないっ。

という事で街道沿いに有り広い駐車場を持つこちら「喜多方ラーメン」へ

地元客が沢山来られてて広い店内が満席になってました。

メニューを見ると馬肉ラーメンのスープは味噌味。「馬肉ラーメン」「特製馬肉ラーメン」の2種有り特製は辛口仕立てで(大辛・中辛・小辛)から選択可能。

きっと味噌+辛味アレンジの方が美味しいのでしょうけれども今回はノーマルなこちらを注文デス。

馬肉ラーメン」850円

スープはかなりの熱々で登場。グツグツしてこそ無いですが”火山”とかと同程度の高温で提供。

ベースを馬のガラ・肉で取っているとの事。調理工程を眺めてましたが馬肉ラーメンだけ別の寸胴からスープを取っていたので別取りですね。

早速のスープですが馬肉独特の旨味が出ていてやはり豚鶏とは違うオリジナリティが有ります。

そして馬肉特有のクセも少し出てますが甘めに調理された味噌ダレが綺麗にマスキングしていて馬だけに上手く旨味を引き出していますね。

野菜を炒める所は見えませんでしたがおそらく炒め置きのものでタマネギ、キャベツ、ニンジン?のタンメン的な風味も馬肉スープによくマッチしています。

味噌ダレはかなり甘く作られておりいわゆる青森(とくに津軽地方)の味噌ラーメンな印象が有ります。

ニンニクやリンゴなど青森ならではの素材も感じられて…、っていうかこれもしかして「源たれ」使ってないですか?(笑)上北エリアだし多分使ってるんじゃないかなと思われました。

トッピングされた馬肉はよく火を通してあり良質なカルビのような食感で美味しい。特製は辛さを選べますがノーマルでも十分なピリ辛で黒胡椒も効いてしかも熱々なので汗がタラタラ止まりません。

結局スープまで完食。ウマし。

 

ラーメン」520円

こちら麺を喜多方から仕入れているとの事でお馴染みの「喜多方ラーメン」インスパイアって訳ですね。

・・・って、

なんで喜多方ラーメンに「お麩」が乗ってるすかね?(笑)それって津軽ラーメンじゃん(^^;

さてこちらのスープは馬肉ラーメン等とは別取りのスープで程よい熱さで提供。鶏ガラベースに鶏油が浮かび魚介系はあまり感じず動物系が旨味の主体になってます。

醤油ダレは酸味が強いが塩気が控えめ。配合が弱い訳ではないですがかなりアッサリさらりとしたプレーンなスープ仕上がりになってます。

喜多方直送の麺は縮れた太麺で加水率はかなり高め。間違いなく喜多方な印象の麺です。

チャーシューも2枚乗ってますし値段もかなり安いですし手軽に昼飯食べたい時の選択肢になりますね。ただちょっとプレーン過ぎて再食するなら馬肉の味噌ラーメンの方かな。

# 味玉2個頼むと割引ってありそうで今まで無かった…。新しいな。

 

八戸近辺では昔から馬肉を食べる習慣があるらしい。馬肉って脂が多いですが旨味は強いので上手く活かせば良いラーメン作れるなという可能性を感じた一杯。ごちそうさまでした。

(16/08/28)
喜多方ラーメン/青森県上北郡おいらせ町中平下長根山1-732

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹本商店GEN-TEN(ゲンテン)... | トップ | 中華そば きた倉(青森県青森... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL