仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

ゆたか食堂

2008年01月29日 | 仙台市泉区

K3100447 味噌ラーメンの老舗「ゆたか食堂」で食してきました。はるか昔「いずみパワーモール」がまだ「ジャスコ向陽台店」だった頃…、いやまだOPENすらしてなかった頃から泉インター横にあった伝説のお店が、黒松へ移転を経て現在は泉八乙女で営業しています。ジャスコ向陽台店といえば屋上に河合奈保子が来たのを自転車で見に行ったっけなぁ(古っ)


その「ゆたか食堂」ですが現在は、北環状線の1本北側にある旧道沿い「牛たん炭焼き 利久 泉分店」の隣りにあります。店の前には駐車場が無く、ファミマの横に2台分スペースがあります。割と新しい建物で店内も綺麗ですから以前の古いお店をご存知の方だとイメージが違っちゃうかもしれませんね。


さっそく看板メニューの「味噌らーめん」650円をオーダーです。スープは豚骨ベースで油少な目。赤白ブレンドの味噌ダレはたっぷり濃い目で豆の風味が程よく香るピリ辛風味。塩味も割と強めです。チャーシューからの肉味と野菜炒めの甘みがスープの骨格を作り、さらに強めの煮干ダシと程よい昆布ダシの魚介系が味に深みを作り出しています。


乗っかる野菜炒めはニラ、白菜、モヤシ、豚バラ肉の構成。とくに加熱した白菜の甘みがスープに優しい柔らかさを加えていますが、全体的に濃い目のスープなので硬軟、甘辛これで丁度バランスが取れているのが見事です。長い歴史の中で完成された一つのバランス最終型と思われます。あとスープにナッツ系の甘さも感じたのですが、これはちょっとわかりませんでした。おそらく隠し味に何か仕込んであると思われます。


麺は味噌系には珍しい細麺で弱い縮れのある柔らかめのもの。スープはドンブリになみなみと注がれ麺もボリュームたっぷりで、これは食べ応えありますね~。おなか一杯です。甘辛の濃い目ながら澄んだ味わいに感じるのは具材に十分コストをかけているからと推測されます。調理する方の優しさが伝わってくるような美味しい一杯でした。知る人ぞ知る伝説のお店の一杯。ごちそうさまでした。


(07/12/04)
ゆたか食堂/仙台市泉区上谷刈1丁目2-12

ジャンル:
ラーメン
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いっぽ亭 | トップ | まじとん(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
辛口雑記帳 (,ゆたか食堂)
またきまーす。僕のサイトも見てくれると嬉いっす!