仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

釜神 小鶴店

2013年09月24日 | 仙台市宮城野区

Dscf1894台風18号が過ぎた後、数日暑い日が続いてまだ夏の残り香が感じられました。そのせいか先日庭でセミが最後の一鳴きしてまして、でもメスはもういないんじゃないの?なんて思ったらちょっと寂しい気持ちになりました(-_-; 秋ですね(笑)



今回は利府街道・小鶴エリアにあります「釜神(かまじん)小鶴店」から夏メニュー「あっさりざる中華」750円(写真上)


「げんこつ屋」の「小鶴店」「加茂店」が「釜神 小鶴店」「釜神 加茂家」へ、今年初頭それぞれリニューアルOPENしています。ただ市内には「げんこつ屋 栗生店」など「げんこつ屋」のままの店舗もあるので「釜神」はセカンドブランド化なのか、はたまた独立なのか?ググったけどわからず。情報をお持ちの方は教えてください!Dscf1890


さて”ざるそば”っぽい見た目ですが、食べてみると予想以上にざるです(^^; つけ汁の器には天かすと白ゴマが入っており、ネギとワサビはお好みで。ひんやり冷えたタレで、つるつるっと頂きます。


麺は縮れ細麺で意外にコシがあり、ボリュームもラーメン換算で大盛り程度ありそう。後半ワサビを投入するとピリッと、よりざる感がアップ。トッピングのメンマや味玉がラーメン感を思い出させてくれますが、ほぼ”ざるそば”を食べている気分になれます。


チャーシューは冷たいまま提供。油っぽくて嫌う方も居そうなんですが自分はコレ好きです。トロッと旨くて満足度高し。


Dscf1931_2←「特選辛味噌 釜神」750円+大盛100円Kama_2


豚骨と鶏ガラベースに豚脂が入り、動物系がどっしりと効いてスープのボディは重め。味噌ダレは長期熟成風味の甘めの白味噌が主体で、たーっぷり濃いめ。ニンニク生姜等の野菜も効かせて味噌ダレの濃厚さをサポートしてきます。


レンゲで提供される辛味噌は豆板醤系で量も少なめ。全部溶かしてもピリ辛程度ですが、ベースがやや甘めなので辛みがピタッとハマります。混ぜてベストバランス。旨さが二段階くらいアップしちゃいます。サクッと全混ぜしちゃいましょう。そんなに辛くないです。


麺は加水率高めのゆるい縮れの中太麺で味噌に合います。海苔やホウレン草がトッピング。サイドメニューにキャベチャーがあったりと何処となく家系の雰囲気も感じさせますね。(13/09/12食)



チャーシュー5枚300円のトッピングも気になります。利府街道・小鶴エリアってかなりのラーメン店激戦区ですが「釜神 小鶴店」どこまで食い込めるか?今後も要注目です。


Dscf1889(13/09/05)
釜神 小鶴店/仙台市宮城野区小鶴3-8-5

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺や みそっ子(4) | トップ | みの家 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仙台市宮城野区」カテゴリの最新記事