仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

横浜家系ラーメン 一翔

2015年04月21日 | 仙台市若林区

4/17モーニング娘。'15全国同時握手会 石田亜佑美@仙台HMV行ってきました。

宮城満喫!達成感!石田亜佑美|モーニング娘。‘15 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba


# 実は前日4/16の工藤遥@タワーレコード仙台パルコ店にも行きたかったんですが出張中で行けず残念。【#インストア】「青春小僧が泣いている」発売記念!モーニング娘。'15 工藤遥さん握手会終了致しました!太陽の様にキラキラな素敵なくどぅーの笑顔が最高の握手会でした(⚫︎′∪`) .。.:*・☆

 

約1年前タワレコ仙台店で開催された道重さゆみだーいし石田亜佑美の二人握手会では(クリックで過去記事へ)半数以上が女性客という異常事態でかなり圧倒されたのですが、

今回は女性客が3割くらいで(それでもまぁまぁ多いけど)若干通常モードに戻った印象。

でも山形や前日の青森から来てたコアなお客さんも見られましたし会場は熱気ムード。

握手会の前のトーク…一人で回せるのかと思ってたら30分余裕でまだまだ続けられそうな感じ。やはり地元なのでアットホームな雰囲気が良いですね。

 

トークでは何故か小田さくら@11期が大人気。

モー娘。石田亜佑美と小田さくら「不仲説」認めた

先日メンバーで花見に行った時、本当は桜なんて興味が無かったけど実際に間近で桜を見たら「キレイ…」と感動してしまった話、でも桜>”さくら”>”小田さくら”を連想してしまい「あんたの事じゃないよ」って思った話(小田の事好き過ぎじゃね? 笑)や

握手会衣装のパーカーのデザインは桜が集まって”モ”の字になってるんですよ。と説明してまた”さくら”を連想してしまい何となく悔しそうな表情で「これは桜の季節なんで仕方ないんですよ」と言い訳を始める石田(笑)

だーいしはいつも小田ァと呼び捨てですが何故か客までオダを呼び捨てにし始めてて「なんかみなさんまで小田を呼び捨てなんですね?」「小田さんって呼びましょう?」みたいなことまで言い始める始末。

ツンデレも大概にせえよと…(笑)

夕方から行ったのでほぼ最後方からの観覧でしたが、それでも後ろまで声が聞こえてましたし楽しかったすね。握手も一言二言会話出来るくらいの低速で良かった。今回だーいしと小田がビジネス不仲な事も良くわかったし(笑)また仙台でイベント有ったら必ず行かないと(^^

 

 

さてラーメンラーメン

今回は13年10月に荒町商店街にOPENされてます「横浜家系ラーメン 一翔」から

どか盛り野菜ラーメン」800円(写真上)
+クーポンほうれん草100円トッピングサービス
オーダーは麺かためのみ

常時ライスサービスが嬉しいですね。何とおかわりもOKとの事。有り難く中ライス無料で頂きます。

さて早速のスープですが白濁の豚骨ガラベースは強めながらクセがなく綺麗に取られています。鶏油が浮かびますがやや弱めでトータルの油量は適量。豚脂も家系としてはやんわりと控えめで割とクリア目に作られた豚骨ベース印象です。

一方醤油ダレはやや強めで昆布と味醂の甘さが強く旨味が強い味わい。これはご飯が進みますね。

香味油がかかった野菜はドンブリの中央部分にドーム状に盛られて、キャベツのフタを取るとモヤシの山が現れる仕掛け。少ししょっぱめのスープにてんこ盛りの野菜は勿論マッチング最高。野菜が沢山食べられて+100円ってのは魅力的です。

少し黄色みがかったストレート中太麺は家系らしいもの。初見で硬めで頼みましたがこれで丁度良いかな。量はやや少なめ。

卓上にはきゅうりの漬物”青カッパ”がサービスで置かれてます。これをライスに乗せてラーメンのスープを注いで海苔巻いて食べてもまた美味しい。

はっ!ライスお代わり自由+青カッパ自由って事はコレいくらでも食べていいんですねっ!(っても常識の範囲でほどほどに、笑)

 

4月から営業時間が24時まで延長されています。駐車場が無いのが惜しいですがコインパーキング利用で何かサービスが有るらしい。

横浜家系ラーメン屋 一翔

荒町もすっかりラーメン激戦区になってしまいましたが、こちら「横浜家系ラーメン 一翔」も特に若い客層向けに人気を博しそうな予感。次は地名をメニュー名に冠した「荒町スペシャル」を頼んでみよう。

(14/10/04)
一翔/仙台市若林区荒町125

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横横家 仙台店 | トップ | 麺屋ぶしぞう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL