仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

二代目くさび鶏の章

2015年08月14日 | 仙台市青葉区

ユカタの君はススキのかんざし~♪

さて前回記事より引っ張りました「2015年仙台七夕グランプリ独断と偏見で選んだ仙台浴衣美人ベスト4」いよいよ第2位以降の発表です。

 

第2位は…

第2位・森遥香@突撃!ナマイキTV(東日本放送)

富谷町が生んだミラクルガール

ガールって呼ぶのも失礼ではありますが、

貴重な純県産アナウンサーとしてアイドル級の可愛さをもってる彼女こそ2位にふさわしいと思われます。

なんなら甲子園でも優勝を狙えるレベルじゃないかと。

本間ちゃんのアドリブを余裕で受け止められるスキルを身に付けたら大化けしそう。森遥香と言ったら…

052 カンボジアの虫グルメ!? | 森遥香 | KHB東日本放送

これが忘れられない。そこらの男らよりもずっと根性座ってます。KHBは絶対に手放さないでほしい。ずっと宮城に居て欲しいな。

24歳と言う若さを前面に出した白地にピンクの花柄の浴衣も似合ってます。茶髪の髪をちょっと編込みにしてるのも奥ゆかしさを演出していて可愛い。

可愛い子が美味しそうに何か食べてるの見るの好き<キモっ(笑)

 

# ちなみに同じKHBだと「ナマイキサタデー」の「ふたりごはん」で藤家の二郎インスパイアなラーメンを野菜マシでしかも人の残した分まで食べていた(という設定)若月貴代アナの浴衣姿にも期待していたのですが今年は浴衣無しー。

5月30日(土) #9 ビックリ仰天!たい焼きラーメン | ナマイキサタデー | KHB東日本放送

来年に期待。

さて栄光の第1位は…

第1位・佐藤唯@OH!バンデス(ミヤギテレビ)

当ブログでちょいちょいネタにさせて頂いている「唯ちゃんは会いたgirl!」の佐藤唯ちゃんが今年のNo.1仙台浴衣美人に選ばれました。パチパチパチ。

えーと出来レースとか言わないように…。

今年も自作の浴衣かな?

シアンカラーの鮮やかな地色がまず爽やか。そこに赤・青・黄・白と色とりどりの花柄をあしらった大胆な多色使いの浴衣はひときわ人目を惹きますね。

”ぼかし”の入ったピンク・バイオレットの2色の帯にはフリルが付いていて若さと女性らしさを醸し出しつつ、エレガントなアップの髪結いと白いフワフワの髪飾りとのバランスもまた良い。

七夕飾りにも負けない派手なアグレッシブな浴衣は普通の人じゃとても着こなせそうにないんですが、唯ちゃんの派手めで整った顔立ちの美人さんには似合ってしまうのが凄いな。

服飾をやってただけあって自分を魅せるのが上手。文句なしの1位です。金賞!

さてもう一人の当ブログのゴリ押し”きぬちゃん”の浴衣ですが、期待してたんですが七夕期間は浴衣姿は有りませんでした…残念。

という事でいつかのデパスパ一番乗り「2015藤崎のゆかた特集」時のゆかた姿をチョイス。

お似合いです(キーワードが)

今年のゆかたの流行りのモダン古典柄ですね。大人の着こなしの中に可憐さを覗かせる着こなしが流石です。

浴衣からランドセル姿まで何でも似合うNo.1に認定します。何故背負ったかな(笑)ブルーレイに焼いて永久保存しましたけど何か?(^^;

 

さてラーメンラーメン

今回は「橋本ヒロシ」(店名クリックで関連記事へ)を閉めて昨年OPENしました「二代目くさび鶏の章」から

味玉鶏白湯」780円(写真上)

こちらがラーメンチケット2対象メニュー(当時)という事で有り難くワンコイン500円で頂きます。浮いたお金で大盛80円と「鶏チャーシュー飯」100円も頼んじゃいましょう。

斜めに傾くようにカットされた白磁のドンブリがお洒落です。スープもいかにも鶏白湯らしい乳白色で美味しそう。

見た目通りベースは白濁させた鶏ガラで配合強め。鶏油が浮かび程よい甘さとコクを醸し出します。

ベースは割りとナチュラル志向な印象で過剰なミルキー感は無くストイックに鶏の旨味を絞り出してきているのが好印象。

醤油ダレは軽く昆布を効かせた白醤油もしくは薄口とのブレンドでしっかりとした旨味と穀物由来の甘さをもたらします。味わいは濃いめで塩気もありますが甘さが上回っているかな。

ストレート細麺は低めな加水率でザクザクと固めな食感が立っているもの。全粒粉はやっぱ良いですね。全部のラーメンが全粒粉になればいいのに(極論)大盛80円という価格も良心的です。

小口の万能ネギと斜め切りの白ネギと更に玉ねぎの刻みがトリプルで強い薬味と三種の食感を与えて一口ごとに変化を加えてくれます。

ラヲタには不評の柚子ですがこのスープになら柚子もマッチング悪くないですね。チャーシューは鶏肉のロール。何となくゴボウを挟みたくなるような味わいのもの。

気になる”薄い醤油色のジュレ”ですが、こちらは干し椎茸と鰹節で出汁を取ったもの。ジュレがスープに溶け込む度に奥行と深みを与えていきます。

しかし二代目くさびのこの”ジュレ”とか、本家の方のくさびの”麺に魚粉を練り込む”とか、この会社は何かしらギミックを入れるのが好きですよね(笑)

チャーシュー飯は鶏とネギに椎茸が入り味もまずまず。まぁ普通?…と最初思っていましたが、家系流にラーメンのスープを入れてみたら味が激変、これウマウマです。倍くらい(体感)美味しくなりました。是非お試しあれ。

店内いたる個所におしゃれ感が漂ってます。女性の方にもオススメ。

 

知る人ぞ知る迷走を重ねた「橋本ヒロシ」を畳んで心機一転。最後は”麺とスープを別売り”と言うかつてない手法で新境地を開拓されたようにも見えた橋本ヒロシでしたが(デブゴンは好きだったよ)

鶏白湯の美味しさをしっかり活かす元ダレの仕上がり、最後まで飽きが来ないような具材の工夫等も感じられてなかなかの力作なスープと思います。

鶏二郎ってメニューを発見。何だか冠二郎みたいですが二郎インスパっぽく見えなくもないけどなんでしょうかね。気になります。また食べに行こう。

(15/04/11)
二代目くさび鶏の章/仙台市青葉区一番町2-6-16

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みの家(2) | トップ | 杭州飯店(新潟県燕市)(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仙台市青葉区」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事