仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

中華そば 田むら(青森県青森市)

2016年05月12日 | 青森県

聖地巡礼!

ってなことでアニメ「ふらいんぐうぃっち」(原作:石塚千尋)で話題のスポット in 青森県弘前市に行って参りましたパート2

第1話で主人公真琴が倉本千夏に連れられて買い物に行ったスーパー「マックスバリュー弘前樋の口店」がこちら。

# まんまだったよ(笑)

まんま過ぎてアニメ第1話見てよそ者の自分でも気がついてしまったくらいです(クリックで過去記事へ

ちなみに店名「Max Price」で最高値って、何気にお得感ゼロですね(笑)

店内もほぼそのまま再現されてます。

「Hirosaki Donut」という名前のドーナツ屋もまんま「ミスド」でした。

せっかくなので今回もまたチョコファションとポンデリングを沢山買ってドライブのお供にしておきました。チョコファッション大好きっす。

 

真琴が”ほうき”を見つけたホームセンターは同イオンSC内に有る「ザ・サンワ(サンワドー)」というお店でした。

真琴が(やっと魔女らしく)ほうきで飛び上がるシーン(写真右→)

これから何かが始まる予感が上手く描けていた名場面でした。

少し遅れて大はしゃぎする千夏の描き方も可愛かったな。

そんな名シーンのロケ地もしっかり聖地巡礼出来て良かった。

ところで前回聖地巡礼したバス停「下湯口」近辺からここSCまで結構距離あります。徒歩20分って・・・それが若さか。

 

さてラーメンラーメン

今回は1月青森に行った時に食したこちら。

濃厚煮干し系のラーメン店がひしめき合う青森市内の中でも特に人気の「中華そば 田むら

かねてより行きたかった宿題店でしたが昼間のみの営業時間が何気にハードル高くて今回ようやく時間を取っての初訪。気合い入れて11:00開店時間と同時に入店です。

開店待ちこそ有りませんでしたが暖簾が出てから続々とお客さんが入ってきました。広い店内があっという間に埋まって行きます。

鬼にぼし(大)」750円

いかにも濃そうな煮干し色のスープに期待が高まりますね。

さて早速のスープですが、豚骨・鶏ガラベース強めで油量も結構強めの1stインプレッション。豚脂も鶏油も入ってしっかりした今時な動物系がスープボディを支えています。

醤油ダレは配合やや控えめで塩気は強すぎないよう抑制されている模様。

主役の煮干しは片口鰯を主体に平子をブレンドさせたような風味で流石”鬼”のように極強めの大量投入。ニボニボです。

ただし煮干し特有のエグミ等はあまり無くて雑味も少なめ。動物系をしっかり配合している事で酸味も上手く抑えてあります。少し節もプラスさせてあり食べやすさを確保してありますね。

煮干しの旨味を濃厚に凝縮させつつも割とバランス重視な仕上がりになっていて、食べ手を選ばずに高評価を得られそうな印象のスープ仕上がりです。

麺はゆるく縮らせた丸麺で低かん水らしい柔らかめモチモチ食感のもの。

濃厚なスープにざく切りネギが実に良くマッチします。チャーシューは肩ロース部位で肉厚。柔らか過ぎず味も良く少し筋ばった食感が好印象。美味しい。

 

あっさり煮干し(大)」650円

あっさりメニューのみ細麺か普通麺から選択可能との事で細麺をチョイス。

油浮きほぼ無し。潔さが際立つスープが素敵です。

動物系がほぼ入らない煮干しONLYでスープボディを形作っている模様。

”鬼にぼし”と異なり煮干しの雑味やエグミが綺麗に取り去られていて魚介系の味わいがしっかり押し出されてきています。

醤油ダレは酸味を伴い旨味の強いタイプでやや塩気も強め。チャーシューの戻しからくる肉味とともに煮干しの旨味を極限まで昇華してくれてます。

こちらもかなり美味しい。鬼にぼしのあっさり版とかでは無くて全く別設計・別取りされたスープみたいな感じがありますね。

”鬼にぼし”とどちらを選んでも外さない印象有り。ライスが合うのは醤油ダレが強めのあっさりの方かも。

(写真右→)そういえば卓上にライス用?ふりかけ(しかも「のりたま」?^^;)が置いてあってビックリ。ラーメン+ライス好きな青森ラーメン文化もここまで来てたのか(^^;

さて青森の超絶人気ラーメン店「ひらこ屋」(店名クリックで過去記事へ)のスターティングメンバーが独立して開業したのがこちら「中華そば 田むら」との事で

【第4話】時間がかかっても味に拘り「価値」を上げていきたい「中華そば 田むら」 - 津軽ラーメン煮干し会

「鬼にぼし(大)」もきっと「ひらこ屋」に近いスープと予想していましたが全くベクトルが違っていて非常に興味深かった。

他県からわざわざ青森に煮干しラーメンを食べに行くような人には「こいくち@ひらこ屋」のようなストイックに煮干しを突き詰めたスープが向いているでしょうし、

煮干しラーメンが身近にあって煮干しラー文化が熟成した民であれば(どんな人や、笑)動物系のコクを強く持たせ総合的魚介系で旨味の強化を図った「鬼にぼし@田むら」の方を食べたくなるのかなといった気がします。

 

当日は数十センチの積雪が有りまして、気をつけてはいたのですが駐車場から車を出す時にスタックしてしまいました(汗) そしたらどこからか人が7,8名集まって来て下さいましてチームプレイで車を押してくれて無事通りまで脱出することが出来ました。

車を安全な所に停めてお礼を言おうと車から降りたらもう誰も(一人も)居なくなってしまってまして、お礼を言い損ねてしまいました。その節はお世話になりました。青森の人々の優しさに触れられた気がします。感謝。

(16/01/19)
中華そば 田むら/青森県青森市緑3丁目4-12

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食事処ヤマニ(青森県弘前市) | トップ | マルミ・サンライズ食堂(青... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL