仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

伊藤商店 利府店

2015年08月02日 | 宮城県内

以前写真集で魅せてくれた(クリックで過去記事へ)1000年に一度の美少女こと橋本環奈ですが、

 

角川映画の新作「セーラー服と機関銃」の主役に抜擢という事で

奇跡の一枚がきっかけ! 1000年に1度の美少女 橋本環奈が角川映画40周年記念作品『セーラー服と機関銃 -卒業-』の主演に大抜擢! | GirlsNews

記者会見時の記事では、最初に橋本主演ありきで彼女に見合う作品をあてがったという流れのようでしたが、

アサヒ芸能はそうではないぞとこんな記事を。

橋本環奈主演の現代版「セーラー服と機関銃」はこんなにエグい! | アサ芸プラス

>主演女優の名前が伏せられていたために、一部では『過激なシーンが多くて、大手プロの女優は全員オファーを断った』という噂まで流れました。それだけ内容がエグいと評判だったのです(映画関係者)

まぁ多少エグくたってかの有名なセーラー服~の続編の主役を断る人が居るのかを考えるとこれが飛ばし記事なのは明白(^^;

 

最初の劇場版「セーラー服と機関銃(1981年)」がヒットしたのは監督・相米慎二の手腕によるところが大きかった。

日活ロマンポルノ助監督時代に培われた独特の映像作りと色香の描き方が「セーラー服~」にも存分に発揮されており後の「ションベン・ライダー (1983年)」「台風クラブ (1985年)」に通じる世界観が映像に満ちていて、大して美人でもない(失礼)薬師丸に男子はこぞって恋をしたものでしたっけ。

※右の画像はあまり関係ありません(笑)

そもそも「セーラー服~」の映画化は相米慎二の持ち込み企画であって角川発案では無かったらしい。角川側は最初、薬師丸ひろ子を「セーラー服~」主役に打診された際に一回断っており、主題歌に内定していた来生たかおの「夢の途中」にケチをつけたのも角川春樹だったらしい。※wiki参照。

相米慎二が薬師丸に歌わせるという苦肉の策でピンチを乗り切ったが、そのヒットに気をよくして原田知世や渡辺典子に主題歌を歌わせてヒットさせたのは角川でした。

クリエイターとしてのセンスは微妙でも商才と運だけは持ってる角川(^^; その商才に大いに期待したい。

新作「セーラー服と機関銃 ~卒業~」の監督は「婚前特急(吉高由里子主演)」の前田弘二氏。シナリオは前作の続編という事なのでガラッと世界観を変えづらいでしょうし、相米氏のパクリをするのもなんだしと難しい所ではありますね。

まだ学生の橋本環奈の休みを使って撮影されるらしいですが、そろそろクランクインの報が聞こえてきそうですかね?ひとまず2016年春公開という事で期待して待ちたい。

 

 

さてラーメンの話に

今回は朝ラーが人気のこちら「伊藤商店 利府店」から

落合に有る1号店(クリックで前回記事へ)が人気を博して、今では1号店の他に「泉ヶ丘店」「利府店」「多賀城店」と計4店舗を展開する人気店。昼間は行列必至のお店ですね。

今回は朝ラータイムが終わった頃を見計らって来訪です。

白味噌ラーメン」780円(写真上)

みやラボクーポン利用で煮玉子サービス。有り難く頂きます。

豚骨ガラベースは濁らせずに取られたもの。スープ取りは常に監視を怠らず決して濁らせないという強いポリシーの下で取られた伊藤商店こだわりのスープベースですね。

白味噌主体の味噌ダレはあっさりサラリと効かせられていて風味を高めます。

香味野菜がスープを下支えしておりニンニクが少し感じられますね。細かく丁寧に仕立てられた背脂がスープ表面にトッピングされて豚脂の甘さとコクを与えます。

トッピングが整然と並べられており青菜の彩りも美しいですね。麺は中太ちぢれ麺で中華そばと共用っぽい。やや柔らかめな噛み応えながらオーソドックスな味噌スープとのマッチングは上々。

味玉は半熟な火加減で味付けはあっさりめ。卵のナチュラルな旨味をそのまま生かしたような味わいはスープの邪魔をしないもの。

 

←「金の中華そば」660円

こちらも”みやラボ”クーポン利用で煮玉子サービス。

”金の中華そば”と聞くと醤油の黄金色を想像しますが予想よりもあっさりとした色合いのスープです。これもまた伊藤商店らしい趣があって良いですね。

醤油ダレは配合控えめ。背脂が乗らずスープ表層に浮かぶ豚脂も少な目と淡麗系の極みのようなスープ仕上がりは”キングオブあっさり”と言った風味のもの。

勿論あっさりなだけではなく出汁はしっかりとしており、スープの一口目に香る煮干し主体の魚介系がスープのキモになっている印象です。

 

この場所は麺一→七八(店名クリックで過去記事へ)→味よし→伊藤商店でしたっけ?

その昔は何かのファーストフード系だったという事で、未だに残るドライブスルーの「受渡口」の表示が趣き深いですね。

さて「伊藤商店」のさっぱりとしていてスルスルっと頂ける、まさに朝からでも余裕で食べられちゃいそうな一杯。朝7時から10時までは朝ラータイムという事でワンコイン500円でラーメンが頂くことができるのも魅力です。早起きは大変ですが朝7時なら徹夜明けでもOKか!? 今度チャレンジしてみよう。

(15/07/11)
伊藤商店 利府店/宮城県宮城郡利府町神谷沢新宮ヶ崎72-1

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜八道(2) | トップ | 味よし 利府店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL