仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

杉田家 千葉店(千葉県千葉市)

2016年03月23日 | 関東圏

都内で野暮用を済ませた後は千葉市に移動して、

念願の千葉モノレールを見学してきました。

なんかすっかり鉄ヲタみたいですけど違いますよ(^^;

車両にはあまり興味が有りません。

この懸垂型モノレール特有の路線が好きなんですよねー。

ジャンクション萌えに通じるものが有りますね。

※車の窓ガラス汚くてスイマセン。

駅を道路から見るとこんな感じ。

ホームは電車のホームとほぼ同じ。

懸垂型車両なのでホームが浅いです。酔っ払いの転落事故とか防げそう。

電車が入ってきたとき車輪が無いから浮いてるように見えてカッコいいな。

このブルーの車両が2012年に導入された新型「URBAN FLYER 0-type(アーバン・フライヤー・ゼロ-タイプ)」(通称UFO)との事。

実際乗車してみました。

車両内は仙台市の地下鉄東西線くらいの広さかな(東西線乗ったこと無いけど)

通常の電車と違い、下方の見晴らしが良いので空中散歩をしているような気分になれます。

日中で道路はすいてましたが、通勤時などラッシュ渋滞の中をスイスイ走ったら気分良さそうです。

運転席のすぐ後ろに陣取って動画を撮ってみたりして(子供か)

乗車中すれ違った車両の中に俺ガイルのラッピング車両を発見。

俺ガイル×ちばモノ | 千葉モノレール

あとで調べたらラッピング車両のみアニメキャラによる車内アナウンスをやってた模様。

あああ乗っとけばよかった・・・

# 一生の不覚(無念)

今度千葉に来た時はもっと下調べしておこう(汗)

それにしても千葉市は俺ガイル推しなのかな? 千葉ロッテマリーンズでも俺ガイルのアイテム出したりしてるし。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 - 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルオンラインショップ

アニメに理解が有って良いな>千葉市民(^^

仙台市交通局もアニメラッピング車両やバス走らせるくらいしてみればいいのに。

 

 

さて千葉市内でもラーメンを。

横浜家系ラーメンの総本山吉村家の直系第1号店「杉田家」店主が2011年1月に故郷の千葉県千葉市に支店を出したのがこちら「杉田家 千葉店」との事。

直系店らしく「お客様は我が味の師なり」の赤い暖簾が飾られてます。

店内には直系セットが。

駐車場は広く十数台分停められそうですがそれでも満車状態。ギリギリ1台分空いたので滑り込みセーフ。店内は数人の待ち。椅子が有るので座っておとなしく待ちます。

店内は明るく開放感も有って普通のラーメン店と言った感じ。テーブル席が多く家族連れで来ても全然問題ない感じですね。

 

チャーシューメン」870円+野菜盛り80円(写真上)
味濃いめ、麺柔らかめ

早速のスープですが、流石に血筋の近い直系だけあって吉村家のスープとほぼ同じ組立てな印象です。

白濁で取られた豚骨ガラは濃厚ながらクセがなく丁寧な仕上がり。基本的に家系直系店はガラがたっぷりながら豚のクセが少ない傾向にある模様ですね。

鶏油はさらりと乗り特有の甘味をプラスしています。豚脂も家系としては控えめで然程トロみは無くさらりとした飲み口。

醤油ダレも総本山に近いですね。昆布系が効いていて家系らしさ十分。濃いめで頼みましたが少ししょっぱいかな程度。身体が慣れちゃってきたのか、やはり仙台横横家が特殊なのか。

何とか総本山吉村家のスープとの違いを見つけようと比較してみましたが醤油ダレの配合量とスープ温度(吉村家より少しだけ高温)に違いを感じたくらいで、

動物系の程良い濃厚さと万人向けに調味された醤油ダレの完成度は流石直系のもの。吉村家との共通点が多く隙の無いスープ仕上がりです。美味しい。

 

麺も直系ならではの酒井製麺。柔めでもしなやかなコシがあってもちっとした食感。

固めでコールしてるお客さんが多いですが自分は柔らかめに魅力を感じます。

「野菜盛り」はまずまずなボリューム。モヤシが多くてキクラゲが無い事に少し驚きましたが、70円でこれならまあまあかな。

チャーシューはモモ肉の煮豚で軽い燻製味を醸したもの。固めな食感に味付けはあっさりめ。軽い燻製味を付けたものでプラス200円で3枚追加なのでこれはC/Pイマイチ。

直系なのでチャーシューも吉村家のローストポーク的なものを期待しましたが一寸違いました。食感は仙台横横家のチャーシューに似てます。

ただし横横家ほど塩っ辛くはなくてインパクトも薄く普通感が否めないかな。

卓上の無料トッピングは多種多様有って良いですね。刻み生姜も有り。これは大好きなのでガッツリ投入して頂きます。

緑色のはおろしニンニクでした。きっと入れたら美味しいでしょうね。ただ臭いがなあ(^^;

何のかんの言いながらスープまでしっかり完食。トータルでかなり満足度の高い一杯と思います。

 

ラーメン」670円+ライス70円
全て普通でオーダー。

こちらの方がスープの色合いがよく分かりますね。

ライスが安くて良い良い。お新香も付いててお得感有ります。

 

# 「朝5時から夜2時まで営業」って凄い(写真右→)

閉店してる時間が僅か3時間とな(汗) 家系直系が朝ラーで食べられるなんて凄まじく羨ましい。

 

さて「杉田家 千葉店」ですが、さすが現役で吉村氏から直系認定受けているだけあって本格派の横浜家系スープ・麺でした。チャーシューだけちょっと惜しいかな。野菜盛りもキクラゲ入れて欲しかったなー(まだ言うか)

ギョーザ230円ライス70円が安くてこの後連食予定が無ければこれでガッツリ行くのが良さそうでした。青菜増し60円は見逃してたなあ、頼んどけばよかった。

# 例の赤い暖簾ってマジックミラー的に透けてて、しかも裏側から見ても左右反転しないで読めるようになってるんですね(写真右→) 何気に芸が細かい。

券売機に「和風新杉田ラーメン」なるメニューが有りまして、まあ端麗系っぽい別スープかなと思って後で調べたら実は通常の濃厚家系スープに荒節を削った花鰹と大葉に完熟梅肉を乗せたものが乗っかるメニューだらしい。それって美味しいのかな?次来たら一度食べてみたい。

(16/03/12)
杉田家 千葉店/千葉県千葉市中央区祐光4-17-7

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石川家 大宮店(埼玉県さいた... | トップ | 桂家(東京都杉並区) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL