仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

くまがい

2014年07月17日 | 仙台市宮城野区

Dscf3771前回の「地球の危機@宍戸留美」と並ぶ2大アイドル危機ソングといえば胡桃沢ひろ子@桜っ子クラブさくら組の3rdシングル「日本がアブナイ!」でしょうか。Combine_images01_2

日本がアブナイ_胡桃沢ひろ子 - YouTube

 

「日本がアブナイ 多分アブナイ 理由は良くわかんない」

冒頭のたった3つのセンテンスで全て表現してしまう天才っぷりね(笑)

”アベノミクスの右傾化””富裕層と貧困層の二極化”若者が夢を持てなくなった現代に増加する無党派層の「よくわかんない」という消極的シュプレヒコールとつい重ね合わせてしまいますが、時代が早すぎたのかこの曲は世間から受け入れられずオリコン最高89位の鳴かず飛ばず。Combine_images02

社会派ソング路線へと舵を切った「胡桃沢ひろ子」陣営は次の4thシングル「雨が痛いのはなぜ?」で酸性雨をテーマに環境問題を歌います。

ステージ衣装も再生紙で作成するという手の込みよう。SKE48松村香織が新聞紙衣装でデビューする遥か20年以上も昔の話です。そしてシングル売り上げは低迷を続け遂にオリコン圏外に落ちてしまいます。

めげずに5thシングル「恋してZOO」クリックでYoutubeへ)では動物愛護をテーマに歌詞に織り込みチャリティーコンサートを行い動物愛護協会に募金したりしてました。こちらは動物名をダジャレにした歌詞がアニメ向きという事で「コボちゃん」OPに採用されポテンヒットを飛ばしますが事実上ソロ「胡桃沢ひろ子」のラストシングルとなってしまいました。

# wikiにも書いてないことを何でこんなに知ってるかというと当時大ファンだったからさ(笑)

「日本がアブナイけど悩むほど暗くない」と歌っていた彼女も今ではいい大人(しかも結構な美人さんになってるし…)(っていうか今の方が可愛いなおい…)「(酒が好きすぎて)利き酒師になった」「仕事だと言えば酒が飲める」という…ん、あんまキャラ変わってない(^^; こんなマイナーな元アイドルまで追いかけてくれる”あの人は今”的な番組に感謝ですね。



さて雑談が長くなりましたが

ラーメンの話に

人気店「とがし@南光台」出身の店主が鶴ヶ谷にOPENした新進気鋭。とがしとは方向性が異なり鶏白湯がウリ。130食限定/日で閉めてしまうらしい。プレミア感が気持ちをくすぐりますね。

たまには話題の人気店にも行かないとね(^^ という事で開店待ちしてみましたがOPENまもなく駐車場満杯してました。凄い人気ぶりです。

濃厚鶏煮干そば」700円(写真上)

店内は新しくて清潔。着丼は早く5分くらい。良いですね。

白濁させた鶏ガラベースはベジポタを伴うトロみがあり脂分が投入されて鶏白湯で不足しがちなコクや重さを出してます。動物系が結構強め。これたぶん豚脂ですね。鶏ラーメンというネーミングですが”濃厚”が付くメニューのみ豚脂が入るんではないかな。

醤油ダレは適度な塩気を持つタイプで、油量多く鈍重なスープにしっかりと芯を作り煮干しで旨味を醸し出してます。

煮干しは魚粉と香油で入れているように思いますが、油が多くて若干旨味の輪郭がぼやけているような印象あり。もう少し油量を減らしてくれたら魚介系が引き立つような気がします。あるいはもっと煮干しを強くしたいかな。

加水率中程度の細麺は小麦が強く、パツパツと固めの食感で今風の仕上がり。

鶏白湯という情報でイメージを作りつつ(豚骨は使わないにしても)ふんだんな豚脂系を用いてあまり鶏白湯を前面に出していないスープ組立てですよね。でも”鶏白湯”自体あまり旨味の押し出しが強くない素材なのでこの”ギャップ狙い”は正解でしょうし面白いと思います。

ただ同じ”鶏白湯+煮干し”という「ニボラー@心温」と比べてしまうと諸々のインパクト不足は否めないのかな。濃厚が付かないメニューだと印象が違うらしいので次は別のメニューも食べてみよう。

 

ところでコップの水飲んだら高校時代を思い出しました…高校がすぐ近くの学校だったもので…(笑)ああ鶴ヶ谷ってこんな水道の味でしたっけね。コップの水にもレモン入れたりした方がいいような気がします。出来ればフレッシュなやつでお願いしたいです(^^;

Dscf3770(14/06/17)
くまがい/仙台市宮城野区鶴ヶ谷1-8-16

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山形飛島 亞呉屋 | トップ | げっくりかっくりすいようび »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL