仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

ラーメンショップ太田家本店

2017年05月30日 | 宮城県内

前回の続き)五所川原市で最強に濃厚な一杯を堪能した後は鰺ヶ沢町に抜けて日本海側を一気に南下します。

白神山地の西端にある日本キャニオンの残雪を眺めながら走る国道101号線は程良いアップダウンが楽しいドライブルート。幸い天候にも恵まれ景観も最高。海と空の青色がメチャ綺麗です。

 

途中、五能線「十二湖駅」に立ち寄りご当地ソフトの「青池ソフト」を頂きます。

仄かな酸味のヨーグルト味とバニラの甘さが上手くマッチ。駅舎には電車待ちの地元の学生が来ていて結構「青池ソフト」売れてました。

お土産コーナーでは「おいしいりんご-レモン味」なる商品を発見。普通に美味しいのかもしれないけど果物としてのプライドはこれで良いのか?(まぁ旨けりゃいっか)

 

更に南下して秋田県に突入。能代市では老舗パン屋の「エーワンベーカリー」に立ち寄って間食用にパンをしこたま買い込みます。

昭和7年開業のレトロな外観に負けず店内も昭和な雰囲気満載。ミニサイズのメロンパン、クリームパンが50円などお値段も昭和で有り難い。菓子パンを山盛り買っても千円でお釣りが来るレベル。味も良し。これはいい店を見つけました。能代に来た時にはまた来よう。

 

秋田市に到着した頃には丁度日没時。夕陽が日本海に沈む瞬間を眺める事が出来ました。今日は本当に晴天で旅行日和でしたなぁ。日ごろの行いが良いからか笑

秋田市に来たらついこれを食べたくなります、って事で(クリックで過去記事へ)秋田市名物「たいあん弁当」に立ち寄り唐揚げ弁当を”からあげ増量”で注文です。

車を停めて車中で弁当をパクつきながら先ほどコンビニで買ったビールを頂くのがもう最高。疲れが一気に身体から溢れてきてそのまま秋田市で車中泊と決め込みます。仙台には明日帰れば良い。

 

 

本当は秋田でラーメンを頂く予定でしたがついご当地弁当に走ってしまったので、今日のラーメンネタは翌日帰路の途中宮城県で頂いた一杯をご紹介です。

宮城県北にめっちゃ安くてお得なラーメン屋が有るって聞いててずっと気になってたこちら「ラーメンショップ太田家本店」に立ち寄りました。

噂には聞いてましたがメニュー見て改めて衝撃が。ねぎラーメン250円ってマジすか。ワンコインで2杯食べられるって話ですよ!?泉のセルバ地下だったらメンチカツ1つ買って終わりすよ。

チャーシューメン500円ってのも破格だなぁ。もしかして宮城県内最安ラーメンかも?

今回は看板メニューの「ねぎラーメン」にプラス、ラーメンショップと言ったらネギが美味い筈という事でトッピング「ねぎ増し」も頼んじゃいましょう。

 

ねぎラーメン」250円+「ねぎ増し」150円

ということでジャン!ねぎ増しが想定してたよりも特盛だなぁ…嬉しい悲鳴(^^;

そして早速のスープですが豚骨ガラベースはあっさりめ。チャーシューの戻しからの肉味を効かせた動物系主体の味わいに香味野菜をプラスしたバランス。

仙台市内のラーショとはスープベースが異なる印象ですね。やや油量が強めですが肉味のカウンターにネギの薬味が存分に効いていて悪くない。

ネギを全部乗せてみたらちょっとしたG系っぽい姿に(^^

ネギは細切りされラー油など香油でしっかりと味付けされて提供。ネギ自体の辛さもあり食べ進める内に額から汗が滴り落ちてきます。辛い…、でも旨い。

麺は中太で加水率は中程度。丁度よい茹で加減で万人向けな仕上がり。

Wでちょっと量多すぎましたが香油で丁寧に味付けされたネギはやはり美味しい。やはりラーショでネギは外せないですね。

 

さて破格の「ねぎラーメン」これで十分安いし美味しいのですがチャーシュー、メンマが無しになるので、普通の「らーめん」300円(これも安い)の方に「ねぎ増し」150円を付けるのがC/P的なベストバイになりそう。これでもワンコインでお釣りが来ちゃいます。空腹モードならサイドメニュー「ぎょうざ+ライス+小皿」300円を付けるのも良さそう。次回は辛味噌も食べてみたい。ごちそうさまでした。

(17/04/30)
ラーメンショップ太田家本店/宮城県登米市迫町佐沼字江合1丁目4-5

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺や つかさ(青森県五所川原... | トップ | 青森ラーメン にぼ銀(4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮城県内」カテゴリの最新記事