仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

丸見食堂(福島県喜多方市)

2015年02月25日 | 福島県

さて福島ラーメンシリーズ

今回も喜多方ラーメン

昭和4年創業。喜多方では「源来軒」に次ぐ屈指の老舗「丸見食堂」から

以前ブログ始める前にも一度来たことが有り「ねぎラーメン」をいたく気に入りまして、数年前に喜多方再訪した際にも是非「丸見食堂」にと探したのですが見つけられず断念した記憶が有ります。

実は、06年に移転されてて旧店舗周辺しか探してなかったので気がつかなかったというオチでした。移転と言ってもそんなに距離は離れてなかったんですが、あまりにも店構えが近代的に変貌されていて気がつかなかった…。

っていうか何ですかこの小型スーパー銭湯のようなガラス張りの太陽光サンサン採り入れちゃうよ的なNEW店舗は(^^; たしか喜多方で2番目に古い老舗でしたよね?イメージが…(笑)

 

でもラーメンは老舗の味かな?さて。

自家製ねぎ叉焼ラーメン」900円(写真上)

醤油の濃い色合いが昔ながらの風合いを醸し出して良い感じです。

豚骨と鶏ガラの動物系をさらりと効かせたベースに昆布を軽く香らせた醤油ダレを濃いめに配合。醤油ダレは酸味を伴い軽く香味野菜を効かせて風味良し。

シンプルなスープ組み立てながら鶏油と豚脂少しの油量が強めで割とこってりとした味わい。

ここにラー油をまぶした刻み白ネギがシャキシャキっと乗っかります。このネギがこちらの醤油スープと相性最高で、ネギが有ると無いとでは味の印象がガラッと変わります。

ねぎラーメンと叉焼ラーメンが同じ値段なので叉焼を選んでしまいがちですがオススメはネギ。

ズバリ丸見食堂の真価はねぎラーメンに有り!?と言ってしまいましょう。異論は受け付けます(^^;

 

←「中華そば」600円

こちらは基本メニュー。

麺は喜多方らしい加水率高めのゆるく縮れた中太麺でもちっとした食感のもの。チャーシューはこれぞザ・喜多方というようなバラ肉でとろける柔らかさ。美味し。

油が美味しいと感じられる醤油スープに感じます。それに醤油ダレに独特な熟味を感じますね。この辺に老舗の匠が有るのかな。

 

丸見食堂は残念ながら朝ラータイム無し。あと旧店舗の時も少し感じたんですが店員さんが若干フランクな感じがあって昔ながらの食堂って雰囲気です。昔はこんな店が多かった。宮城で言うとK田のKとかI出山のIとかI名坂のMとかまぁそんな感じです。いやI出山よりは全然いいかな(笑)

これも老舗の味。旅情を感じるのは案外こんな店だったりしますね。自分は好きですよこんな店。建物もネオ喜多方っぽいし<まだ言う(^^; ごちそうさまでした。

(10/11/25)
丸見食堂/福島県喜多方市字町田8257-5

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老麺まるや(福島県喜多方市) | トップ | 屯ちん 福島店(福島県安達郡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL