仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

横横家 仙台店(7)

2016年11月15日 | 仙台市若林区

いつか君と行った ラーフェスがまた来る♪

昨年開催されて好評だった「仙台ラーメンフェスタ2016」が今年も開催されるらしいですよっ。11/18(金)~23(水祝)に「あすと長町・杜の広場」にて開催されるとの事で、実行委員長は今年も「ラーメン人生」の新崎人生氏。

仙台ラーメンフェスタ2016

金澤濃厚中華そば神仙(石川県)
ラーメンこがね家(兵庫県)
煮干結社麺やゼットン(青森県)
極味噌らぅめん吟屋(長野県)
麺家いろは(富山県)
麺屋宗(東京都)
福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊(福島県)
熊本ラーメン桂花(熊本県)
徳島中華そば阿波(徳島県)
in EZO(北海道)

昨年の「仙台ラーメンフェスタ2015」(クリックで過去記事へ)は3日間×6店舗でしたが、今年は6日間×10店舗に拡大して、昨年チケットを買うのに行列になってましたがどうやら券売機を導入されたようで多少スムーズになる模様。ちなみに今年4月に夢メッセで行われた「らーめん博 in 仙台」もかなり盛況だったようで仙台人のラーメン好きもかなりのものですよね(^^

ところで「麺やゼットン@青森」(店名クリックで過去記事へ)ですが「青森煮干し中華そば」(←あっさり系の方)を出すらしいけどそこは「ドロ煮干し」か「デス煮干し」レベルを持って来て度肝抜かせるところでしょって思った。

 

 

さてラーメンラーメン

今回は横浜家系ラーメン「横横家 仙台店」(店名クリックで前回記事へ)から

元は横浜市に有りました横浜家系ラーメン店の初仙台進出店でしたが本店が昨年7月に急遽謎の閉店。今年2月東京進出させた新店舗も僅か2ヶ月で頓挫し6月には「横横家フーズ株式会社」倒産のニュースが流れ、今や帰る場所を失ったかのような「横横家」ですが…、

もう戻れない、もう帰れない…

さらばやさしき日々よ 太陽の牙ダグラム Dougram: Opening Theme - YouTube

# もううち(仙台)の子になっちゃえ(笑)

 

ラーメン」680円(写真上)
麺柔らかめ、味濃いめ

珍しく(失礼)ぱどに「好きなトッピングサービス」クーポンが付いていたのでこちらを使って「ほうれん草」トッピングサービスで頂きます。更にいつもの野菜畑50円×2つを現金で追加です。

最初間違って麺普通で作ってしまったとの事で作り直しになり時間がかかったとの事でチャーシュー増量サービスまでして頂いちゃいました。逆にラッキー(^^;

いつも通り醤油色濃いめの濃厚スープが食欲をそそりますね。

豚骨ガラスープは鶏油+豚脂適量で僅かにトロミを伴うもの。動物系を主体とした素材が溶け込み織りなすスープボディの厚さに元直系の系譜を感じます。

フックの強い醤油ダレを更に”味濃いめ”でオーダーする事で”しょっぱ旨さMAX”なスープとなり、山盛りの野菜を柔らかめに茹で上げられた麺と一緒にガツガツと頂くのがクセになります。

直系店ではお馴染みの卓上トッピングから「刻み生姜」も濃ゆいスープには必須トッピング。え?そんなに入れるの?ってくらい(多分傍からそう見えてると思う、笑)ガンガン投入してカスタマイズです。

スープまでしっかりと完食。生姜で身体がポッカポカ。

 

今年に入って横浜家系ラーメンの人気店をいくつか回ってみましたが、横浜市「家系総本山 吉村家」をはじめ直系「杉田家 千葉店」、元直系「石川家 大宮店」「ラーメン環2家」「王道家」あるいは東京最濃家系と言われる「桂家」などまだ数店舗ですが実食し比較してみての感想ですが、

やはり直系・元直系のスープが一段高いレベルにあるという事。そしてコストパフォーマンスはともかく味の面では「横横家」が一番好きだなという事。正直「横横家」の味に慣れてしまうと他の店の味では代替にならないような魅力が有りますね。まさに唯一無二の一杯。

(16/10/05)
横横家 仙台店/仙台市若林区新寺1-4-31

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんこつ屋 えにし | トップ | 中国料理 季津(きしん) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL