仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

喜多方食堂[坂内・小法師](千葉県千葉市)

2015年02月23日 | 関東圏

坂内食堂@喜多方市が全国展開している「喜多方ラーメン 坂内・小法師」なるチェーン店が有りまして、東京だけでも30店舗以上店舗を持ちそれなりに固定ファンを得ている模様。

本場喜多方ラーメンの老舗|喜多方ラーメン 坂内・小法師|お取り寄せ[通販]もございます

ちなみに東北には岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)に支店があります。仙台ラーメン国技場にも開幕当初1年くらい?参戦されてましたっけ。ラーメン国技場懐かしい…。

 

今回は千葉市の国道357号線沿い「喜多方食堂」(現店名「坂内 蘇我店」)に当時行った時のもの。

喜多方ラーメン」580円(写真上)

豚骨ガラベースに酸味のある醤油ベースを効かせたシンプルな味わい。香味野菜もしっかりベースに感じます。麺も喜多方らしく手もみ風で乱切りっぽい強い縮れの平打ち太麺。加水率も高めでもちっと食感のもの。普通の基本メニューなのにチャーシューが5枚も乗っかってお得感も十分です。

これは訴求力ありそう。時折食べたくなるタイプな仕上がりで全国展開も納得の一杯。

ただ喜多方市の本店の「支那そば(中華そば)」とはいろいろと相違点が有りますね。そもそもこちらは醤油味ですし、チェーン店のものは「喜多方ラーメンってこんなんだっけね?」的な思いを凝縮したようなザ・スタンダードな中華そばっていう印象です。

 

こちらは夏季メニュー「和風冷やしラーメン」680円

カツオだしの冷たいスープでさっぱりと。喜多方市も夏暑いエリアですから夏は冷たいメニューが食べたくなりますよね。

って事で本家「坂内食堂」の「冷やしそば」のチェーン店版メニュー。しっかり福島~山形のラーメン文化を踏襲してます。

写真撮り忘れましたがチャーシュー5枚が別皿で付いていて食べ応えも相違に有り。こちら麺の美味しさもありスルスルと頂けます。

 

「坂内食堂@喜多方市」と「喜多方ラーメン 坂内・小法師」チェーン店って同じメニューかと思いきや少し相違点が有るのが面白い。

それはそうと「坂内食堂」が入ってた「仙台ラーメン国技場」懐かしいな。入店した店舗全部行きましたっけ。閉館が残念過ぎます。08年の某交通事故が無かったら存続してたんですかね?

もう国内サイトではググっても出ない記事。閉館のお知らせが出たのは丁度あの交通事故の後でしたっけね。

話それました。タイムマシンが有ったらまた仙台ラーメン国技場に行きたいな。今度こそ50ポイントためてオリジナルラーメン作ってもらうんだい(笑)<無理(汗) あれ50P集めた人っていたんですかね?(^^;

(09/03/20)
喜多方食堂(現店名「坂内 蘇我店」)/千葉県千葉市中央区稲荷町3-1-10

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂内食堂(福島県喜多方市) | トップ | 老麺まるや(福島県喜多方市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL